足汗が気になるのは、汗腺の多い場所が足に多いから?

足汗がすごいのは私だけ・・・?足が冷たく感じるほど汗が・・・と足からの汗に悩んでいる人も少なくありません。汗が出てくる汗腺の場所って、身体のどこに多いのだろう?そもそも汗腺って何?などの疑問を解決していきます。足美人を目指して、足汗対策もバッチリしていきましょう。

足の匂いに気をつけていますか?

足汗をかきすぎた経験がある人も多いでしょう。

の裏って汗をかきやすい場所なんです。

足汗が多いと、ストッキングや靴下まで冷たく感じたりもします。

そのうち、足に寒気を感じたりもして、早くストッキングや靴下を脱ぎたくなります。

足の匂いもだんだん気になり始めて、足汗からの悩みは尽きません。

足汗で悩んでいる人は、あなただけではありません。結構います。しかし、汗や匂いに関する話は、恥じらいや羞恥心があり、なかなか友達に相談できずにいる人も多くいます。

例えば、友達の汗の匂いや足の匂いが気になったとします。あなたは、その友達に何か言えますか?

もちろん、友達との関係の度合いにもよるでしょうが、どれだけ親密な友達であってもなかなか言い出しにくいものです。

足の汗や匂いがする友達や友人に、直接、足汗すごいですね、匂いも気になりますね・・・なんて言える人はそういないと思います。

足の匂いもそうですが、口臭もその1つですね。

最近こんな話を聞きました。ある人は、マツエクに行きました。そのとき、マツエクをつけてくれるお姉さんの口臭が気になったようです。

そして、そのお姉さんはマスクをしておらず、気になって気になって仕方なかったようです。

想像してみてください。話しをしながらお姉さんの息がダイレクトに顔にかかってくるわけですから、大変不愉快な思いをすることでしょう。

「マスクをしてください」と言おうか言わまいか長い間、迷った結果、言えなかったそうです・・・。

このように、他人の匂いに関しては言い出しにくいのが現実です・・・。なので、自分で気がつくことが大切です。

足汗がひどい・・・気持ち悪い・・・足が冷たい・・・など悩みを自覚している人は、すぐに何かしらの対策をしていきましょう。後ほど対策についても見ていきましょう。

もしかしたら、周りの人が言えずに我慢している状況かもしれません。

さて、足に汗をかきやすいのはなぜでしょうか?

それは、足の裏は汗腺が多い場所だからです!

えっ、汗腺って何?

汗腺とは

まず汗腺について説明します。汗腺とは、汗を分泌する皮膚腺の1つです。

大きく分けて、アポクリン汗腺とエクリン汗腺があります。

アポクリン汗腺は、私たち人間の場合は、ワキ、外陰部などの部分的な場所に限られて存在します。

汗腺の大部分を占めているのは、エクリン汗腺です。エクリン汗腺は、場所を限らず全身の皮膚に存在し、発汗により体温調節しています。

足の裏は汗腺が多い場所!

足の裏は、ワキの下と同じように、汗をかきやすいことで知られています。足はとっても汗をかきやすい場所なんです。

足は汗腺がもともと少ない場所だったら、どれだけ良いのかと思いますね。

汗をかきやすい、大きな原因は足裏には、汗の出口となる汗腺が多い場所だからです。汗腺が多い場所は、自然と発汗量も多くなります。

私たちの身体には、平均して約400万個もの汗腺​があると言われています。

その中でも、頭やワキ、お腹など体毛が生えている場所や手のひら、足の裏には、汗腺が密集している場所になります。

そして汗腺​が集まっている場所は、少しの温度の変化や緊張などの精神状態によっても汗をかきやすくなります。

足の裏から、1日約コップ1杯の汗をかくとも言われているほどです。足汗が気になるのも当然かもしれません・・・。

靴やヒールで蒸れやすく、匂いやすい・・・

ワキと同じように足の裏にも汗腺が集まっている、汗腺が密集している場所だと聞くと、ワキガのような匂いがするのかな?と心配になる人もいるでしょう。

ご安心ください。汗腺が集まっている場所ですが、ワキと足の裏は、汗腺の種類が違います。

ワキの汗腺は、アポクリン汗腺!

アポクリン汗腺の主な汗の成分は、たんぱく質や脂質、アンモニア、鉄分などの成分が多く含まれています。

また皮膚の上に存在する常在菌のエサにもなりやすいために、匂いが発生しやすい場所になります。

さらに、ワキは通気性も良くない場所のために、熱もこもりやすく、より匂いやすい場所と言えるでしょう。

足の裏の汗腺は、エクリン汗腺!

エクリン汗腺の主な汗の成分は、約99%が水分となり、残りの約1%に塩分や尿素、アンモニアなどが含まれています。

約99%が水分のために、匂いはあまり気になりません。

エクリン汗腺の場所も全身のために、通気性もよく、熱もこもりにくいために、匂いもそう気になりません。

でもでも!私は、足の匂いが気になる!という人も多いでしょう。

これは、靴やヒールが蒸れやすく、熱もこもりやすく、通気性が悪いために、参加した汗が、足の角質の雑菌と結びついて匂いが発生していることが多いのです。

ブーツを長時間履いて脱いだ後など、匂いが気になる経験をしたことがある人も多いでしょう。足は、靴を履く場所ですので、蒸れやすいという特徴があります。

足汗が気持ち悪い・・・

足汗って、なんだか気持ち悪いですよね。多いと足が蒸れているかんじがしますし、汗でだんだん足が冷たく感じたりもします。

ストッキングや靴下をそのまま履いているのが、嫌になってきたりもするでしょう。

足汗から、不快な匂いや水虫になったりもします。また水虫などは、治りが遅くなったりして、とにかく厄介です。

理想の足を、いつもすべすべサラサラの快適な場所に保ちたいものですね。

足汗対策をして、足美人を目指そう!

足は汗腺が多い場所なので、汗が多くて当たり前なのですが・・・

足の汗が気になる人も多いのです。足の匂いが気になる人は、まずは、清潔に保つことを心がけましょう。

靴下の重ね履きは有名ですね。重ねるのは、シルクや綿の靴下にしましょう。

通気性の良い足にとって、心地よい素材のものを選んでください。

2枚、4枚、6枚、10枚と何枚も重ねて履くことで、冷えも改善できますし、足汗対策にもなります。

私は、2枚、4枚の靴下の重ね履きをしていたとき、全ての靴下が汗で湿っていたことがありました。

そのときは、もう気持ち悪くて気持ち悪くて、休憩のたびに、靴下を交換していました。

靴下を交換するときの爽快感はたまりませんでした。匂いはあまり気にならなかったので助かりましたが、重曹の足湯が良いと知って何度か試していました。

足湯はやっぱり良いですね。リラックス効果もありますし、身体も温まって一石二鳥です。

他にも靴に防水スプレーをするのもありです。汗が靴に染み込んでしまい、匂いが発生していることもあります。

あらかじめ防水スプレーを振っておいて予防しておきましょう。こまめに靴下を交換するのも忘れないようにしましょう。

あとは、足は汗腺が多い場所だと分かっていますので、靴選びも重要です。なるべく通気性の良い靴を選びましょう。

さらに、じゃぶじゃぶと水洗いできる靴であれば、なおさら、清潔を保てるので良いです。

仕事で毎日履く場合も、同じ靴を2足用意しておいて、1日おきに靴を乾燥させて休めましょう。

ときには、靴を洗って清潔度をアップさせることも忘れないようにしましょうね。

こちらの記事もご覧下さい!

汗腺を鍛えるには、サウナや毎日の入浴が効果的!

体調不良が続いていませんか?自律神経の乱れを整える市販の薬!