足のむくみ解消には、毎日のマッサージが大切!

足のむくみを解消したい人は、毎日のマッサージが大切です。人にしてもらうマッサージは寝転がっているだけで良いので楽チンですけど、毎日ともなると厳しいですね。特にその日の足のむくみは、次の日に持ち越したくありません。私は自分でマッサージして、その日に解消するように心がけています。

足のむくみはツライ・・・

足のむくみはツライですね。

でもどうして、足にむくみが出来るのだろう?

立ち仕事をしているから?

いやいや座っていても足のむくみが出てきます。

動かないから?

いやいや、動いていても足のむくみが出てきます。

立ちっぱなし、座りっぱなし、動かない、動いている・・・不思議ですが、どのパターンでも足にむくみを感じた経験があります。

いろいろ調べてみると、足のむくみは身体の血液やリンパの循環が良くないことが大きな原因となるそうです。

そう言われても、今の生活に何を取り入れれば、むくみを解消出来るのだろう?

そう思いませんか。立ち仕事の人は、勤務中に座ることは出来ませんし、勤務時間中にデスクワークの人は動き回ることが難しいのです。

そして、帰宅する頃には足のむくみが気になります。早ければ夕方頃には、むくみが気になります。

むくみに加えて、疲労もあり、足は棒のように感じる時もしょっちゅうありました。

足のむくみは家に帰ってからのマッサージが重要です。

帰宅する前に、マッサージサロンに寄るって案もありますが、毎日は厳しいですね。

足のむくみは翌日には持ち越したくありません!

足のむくみは翌日に持ち越したくない!

のむくみは翌日には持ち越したくありません!

その日に解消したいものです。

足のむくみを次の日に持ち越すと、大変なことになります。

私の場合は、夜寝付けない日もあります。

痛いのではなく、痒いのでもなく何と言うのでしょうか・・・

ふくらはぎ部分あたりが、ソワソワする、もごもごするような不愉快な感覚があります。

最終的には痛い感じに近くなります。

そのためには、帰宅してから自分でマッサージすることにしています。

自己流でもマッサージをして、足の下に溜まった疲労物質や血液・リンパを心臓の方に戻すように心がけましょう。

足のむくみのマッサージの基本は、下から上に、外側から心臓方向に!です。

これさえ、守ればあとの細かいことは気にせず、自己流でマッサージしても良いのではないでしょうか。

帰宅してからも夕飯の準備などで忙しいかもれませんが、ホッとゆっくする時間はあるはずです。

マッサージはお風呂の中や、寝る前に布団の上でも出来ます。

私は、湯船の中でマッサージしています。

毎日マッサージするようにしているのですが、忘れる時もあります。

そんな日は、布団の上でマッサージします。

湯船でのマッサージを忘れても、あのソワソワ感・もごもご感をふくらはぎに感じます。

身体はなんとも正直だな〜と思います。

マッサージで血流を良くしましょう!

マッサージで血流を良くすることが、むくみ解消には重要です。

私たちは二足歩行で、起きている間は、足はほとんど心臓より下にあります。

そのため、どうしても足に疲労物質や血液・リンパなどが溜まりやすくなっています。

私は病院や介護現場で働いた経験があります。

車椅子や電動車椅子を使用されている方もいます。

病気が原因でむくみやすい人もいますが、足がむくんでいる人が多いこと多いこと。

そのためマッサージのサービスを受けている人も多いのです。

その方々が喜んで受けているサービスが、マッサージと足浴です。

マッサージは、身体の緊張もほぐしてもらえますし、何と言っても気持ち良い。

足浴も、リラックス効果を得られ、足の清潔を保つことが出来ます。

もし、近くで足のむくみが気になる人がいれば、マッサージと足浴をおすすめしてみてください。

足にむくみを感じない人は、ラッキーです。血液循環が良いとも言えますし、もともと、むくみ体質ではないのでしょう。

しかし、むくみやすい人、むくみ体質の人もいます。

自分がむくみ体質だと思う人は、毎日、3分でも5分でも足をマッサージする時間を作りましょう。

寝転がって、足を高く上げるだけでも、むくみ解消になります。

変な表現になりますが、昆虫がひっくり返って、足をバタバタしているようなイメージでしょうか。

足をバタバタしてみたり、くるぶしを回したりして血液の循環を良くしてあげましょう。

これ、結構むくみ解消や足の疲労解消に効果あると個人的に思います。

自分でマッサージしても、むくみが解消しない場合は、マッサージサロンに行ってみましょう。

やはりプロにしてもらうマッサージと、自己流マッサージは違います。

時間や場所を考慮して、マッサージをなるべく多くの回数受けられるようにしましょう。

週に2回くらいがベストのようですが、週2回は通うのが難しいものです。

月1回くらいだと、予定も組みやすいのでしょうが。

しかし月1回だと、マッサージの効果はそれほど感じないと思います。それでも、リラクゼーション目的にマッサージを受けるのもありです。

毎日のマッサージでむくみを解消!

足のむくみに悩んでる人は、足のむくみは1日では解消しません・・・。

なぜなら、むくみやすい体質になっているからです。

むくみを放っておくと、太ってしまうこともあります・・・。

毎日のマッサージもむくみ解消に重要ですが、それに加えて、むくみ対策も行っていきましょう。

むくみ解消には、むくみの原因となっているものをなるべく避けるようにしましょう。

むくみは、身体の中の細胞組織に含まれる水分と血液のバランスが崩れることによって起きています。

細胞組織に水分が溜まり、腫れてしまう症状になります。

むくみの原因は

  • 水分や塩分の摂り過ぎ
  • 水分の不足
  • 運動不足
  • 睡眠の不足
  • 病気や薬の副作用

など様々です。

むくみ解消の向けての対策

むくみ解消にむけての対策としては、

  • 毎日、足のマッサージをする
  • 水分をこまめにとること
  • 塩分を摂りすぎない
  • 湯船につかる
  • アルコールを控える
  • タバコを吸わない
  • 適度な運動する
  • 着圧ストッキングや靴下の着用
  • 足浴を行う
  • 十分な休養をとる

などがあります。

むくみにそれほど困っていなくても、むくみやすいと感じている人は、むくみ解消に向けて何かしら対策をとっておくことをおすすめします。

何もしないとむくみはひどくなる一方です。疲労も重なると、足はパンパンになり棒のように感じるようになります。

足のむくみを次の日に持ちこさないように、即効性のあるセルフケアを生活に取り入れましょう。

それと同時にむくまない生活習慣を心がて、むくみを解消していきましょう。

毎日の入浴時間は、むくみ解消に大変効果的です。

お風呂はむくみの解消に必須とも言われているほどです。

シャワーで済ましている人は、今日から湯船に入りましょう。

むくみの解消には、半身浴も効果的です。

お風呂が退屈な人は、好きな本や雑誌、防水のタブレットなどを持ち込んで、入浴時間を楽しみましょう。

お風呂上がりは、水分補給を忘れずにして、自己流マッサージをサッサッとしましょう。

短時間でも、マッサージで足を刺激することで血行を促進出来ます。また不要な水分や老廃物の排出も促すことが出来ます。

入浴+マッサージを毎日続けて、パンパン足とお別れしましょう。

むくみの解消には入浴(足浴)+マッサージでの血行促進です!!

こちらの記事もご覧下さい!

ふくらはぎの自己流マッサージのやり方、2つ!超簡単!