靴下の重ね履きで足の冷えを改善!外からも内からも温めよう!

足の冷えって困りますね。ジンジンゾクゾク寒い、冷える、冷たい足の冷え。靴下の重ね履きはしていますか?そのやり方合っていますか?間違ったやり方をしてしまうと、さらに冷え症状は悪化してしまいます。足のやさしい正しいやり方で外からも内からも温めましょう!

足の冷え

こんにちは!看護師兼よもぎ蒸しアドバイザーの市子(@Ichiko07399260)です。

冬になると、体も足も冷えます。最近は、

一年中、足が冷えている人も多いとか。

冬も夏も足が冷えている人は、今すぐに対策しましょう!

冷えは万病の元とも言われています。

足の冷えが招く症状もありますので、気をつけましょう。

大きな病気にならなくても、ストレスや頭痛、腹痛、下痢、吐き気など冷えからくる症状は人によって、さまざまあります。

現代社会はエアコンや、暖房と大変便利になりましたが、私たちの体はどうでしょうか。

自然の変化への適応能力が低下してしまっているのではないでしょうか。

便利な社会になりつつ、私たちのからだ、免疫力もアップさせたいですね。

足も体もポカポカ、毎日温かく健康に暮らしましょう!

足の冷えは、血液の循環障害の1つと言われています。つまり血行障害ですね。

血液の流れが良くないがために、足に冷えを感じてしまいます。

足は心臓から遠くにあり、血液を運ぶ優先度が低くなっています。

私たちの体は、ます生きていくのに大切な内臓周囲にあたたかい血液を運ぼうとしています。

足は後回しって、なんだか悲しいけど、体の構造上、仕方なさそうですね。

だからと言って足の冷えを放っておくのは良くありません。

足に十分な血液が回るように、できることから取り組みましょう。

私の足の冷え

私は中学生の頃から、足の冷え、手の冷え、体の冷えと、冷え性体質でした。

部活動で運動しているとき、湯船に浸かっているときは、温かく感じますが、すぐに足も体も冷えてしまうような学生でした。

冷えのおかげで、腹痛や下痢、吐き気、頭痛など、いろいろ経験しました。

家に帰ると、すぐにストーブの近く、こたつに入っていました。

かれこれ、冷え性体質と感じていながらも、何もしない時期もありました。

ところが社会人になり、足の冷え、体の冷えのおかげで、仕事にも支障が出てくるようになってしまいました。

ようやく真剣にいろいろネットで調べ始めたのも、そこからでした。

予防は大切ってよく言いますけど、、、

いざ、自分のこととなると、面倒臭がりのせいか、よっぽどツライ経験をしないと、人ってなかなか真剣に取り組まないんだなあと、思いました。

私だけかもしれませんが、、、。例えば、歯医者なんかどうでしょう。

私の場合、少し歯に痛みがあったとしても、歯磨きを頑張ってみて、痛みがないときの方が多いから、まだ行かなくていいやとなります。

でも、なんか歯が痛い時間が多いや、ちょっとズキズキしてきたとなると、さあ、歯医者に行こうってなります。

こうなってから行くと、大抵、歯医者さんは、「あ〜虫歯になってますね。」と言って、何度かの治療が始まります。

そして思います。もっと早い段階で、言っておけば良かったなあと。

話はズレましたが、足の冷えも同じだと思います。

放っておくと、血液のめぐりは、だんだん悪くなり、頭痛や、吐き気、腹痛、倦怠感など、そのとき弱っている場所に症状として出てきます。

こうなると、体が危険サインが出していると考えてください。こうならないためにも、予防が大切です。

足の冷えを改善するには、足の外からと内からのアプローチが大切だと考えています。

靴下の重ね履き

靴下の重ね履きや冷えとりの靴下ってよく聞きますね。

聞いた話によると、4枚、5枚、6枚それ以上の重ね履きをされている方もいらっしゃると。これはすごいですね!

靴下の重ね履きは、外からのアプローチになります。外側から、足を保温して、温めましょう。

靴下を重ね履きすると、体の調子が良くないところの足の反射区のあたりから、汗を通して、老廃物が排出されてデトックスになったりもするそうです。

靴下の重ね履き効果ってスゴイです!

こう考えると、靴下の重ね履きは、外から、内からの両方のアプローチとも言えますね。

靴下の重ね履き、冷えとり靴下は大きく分けて、絹(きぬ)の靴下、天然素材の靴下、5本指の靴下の3種類を使います。

  1. 絹の靴下
  2. 天然素材の靴下
  3. 5本指の靴下

それぞれ役割が違います。この3つを組み合わせて履くことで、デトックス効果をより高めることができます。

詳しくはこちらの記事に書いていますので、ご覧下さい!

足先が冷たい末端冷え性のあなた!靴下にこだわっていますか?

靴下の重ね履きにも、履く順序があります。正しく行うと、効果も高く出ます。

間違ったやり方をしてしまうと、何枚も重ね履きされた靴下によって、足は窮屈に感じてしまい、余計に血液の流れを悪くさせてしまったり、、、悪循環になってしまいます。

皆さん、靴下の重ね履きは足にやさしい正しいやり方で行いましょう。

少しでも不快感や締め付けらけている感じがある場合は、今のやり方を見直してみましょう。間違ったやり方の可能性があります。

私は4枚も試しましたが、実際3枚の重ね履きが限界でした。

それは、動きずらかったからです。

今まで、靴下は1枚しか履いていませんでした。ネットで調べると4枚が良さそうに思いましたが、私には4枚は合っていなかったように思います。

靴下を重ねて履くということは、靴選びにも気を付けましょう。足を締め付けるのは良くありません。

外から保温して、足の血液の流れを良くしてあげましょう。できるなら仕事時に、履く靴も少し余裕にあるものにしましょう。

はじめは、正しい靴下の重ね履きの方法を読んで、その通りにすることをオススメします。

慣れてきたら、あなたなりにいろいろアレンジができると思います。

人はそれぞれ仕事や生活スタイルが違いますから、あなたができる日常生活に差し障りのない靴下の重ねばきを見つけましょう。

仕事上、足の余裕のある靴を履けない方もいると思います。そういう方は、仕事以外の時間で靴下の重ね履きを楽しみましょう。

そして、靴下の重ね履きをすると、洗濯物が増えてます。靴下専用のピンチハンガーを買ったりするのも良いでしょう。

私も買いましたが、これはあると便利です。

洗濯物って干すときに、ごちゃごちゃに干してしまうと、「あの靴下を履きたい」って思ったときに、探すの大変ですから。

なので、靴下の重ね履きをされる方は、靴下が増えることは間違いありません。

靴下はこのピンチハンガーに干すと、靴下の場所を決めてあげると、あとあとの靴下の管理も含めて、楽になります。

こんな経験ないですか?

洗濯後、

「この靴下のもう一足の方はどこ?ない?」、「靴下、両方洗濯機に入れたはずなのに、、、。あれっ?消えた?あれ?」なんて探すのは、疲れますからね。

内からもアプローチ!

足の冷えに、靴下の重ね履きだけでも効果があります。

しかし、靴下の重ね履きをしているときは、足があたたかい、でも、その靴下を脱ぐと足が冷え始める、、、では、根本的には改善されませんね。

靴下の重ね履きで保温力は高まりますが、足や体が本来持っている内から血液の流れを良くしようという働きは少ないです。

そのため、足の冷えを根本的に改善したい場合は、靴下の重ね履きと一緒に、運動することをオススメします。

足への血液の流れを増やすためには、運動が一番効率が良いでしょう。

ウォーキングを30分と続けてしてみてください。

その後は、足裏も足先も含めて、体全体が温まっていると思います。

全体的にみて、体の血液のめぐりが良くなると、足への血液のめぐりも増えます。

靴下の重ね履きも行いながら、あなた自身も、運動して、足への血液循環量を増やしていきましょう!

こちらの記事もご覧ください!

あなたの腹痛や下痢、もしかしたら足の冷えが原因かも?