足の冷え、オフィス対策どうしてますか?お手軽グッズはこれ!

冬って足元が特に冷えますね。家にいるときなら、対策いろいろ出来ます。靴下の重ね履き、足湯、こたつに入ったりなど。でも、オフィスにいるときはどうでしょう。オフィスでは、足の冷え対策って限られてきます。オフィスでの足の冷えをなんとかしたいあなたに、おすすめグッズを紹介します。

足の冷えはどこから?

こんにちは!看護師兼よもぎ蒸しアドバイザーの市子(@Ichiko07399260)です。

足の冷えは、血液が十分に足まで運ばれていないことから起きています。いわゆる冷え性です。足の冷えは困りますね。

足の冷えは、十分な血液が運ばれない他に、肝臓も関係していると言われています。

この肝臓の働きが悪くなっていると、血液のめぐりも悪くなってしまい、足の冷えが起きてきます。

どうですか?肝臓を大事にしていますか?アルコールなど、ほどほどにしてましょう。

その他にも、腎臓を冷やさないようにすることが、冷え対策に挙げられています。

肝臓、腎臓ともに大切な臓器ですので、冷え性の方は早速、ホッカイロや腹巻きを使って、温めましょう。

オフィスでの足の冷え対策!

ホッカイロや腹巻きで、肝臓、腎臓を温めることは、オフィスでも、すぐに出来そうですね。

最近は、あたたかい薄手の腹巻きもたくさんあります。

オフィスでの足の冷えはどうでしょう。

人それぞれ、オフィスでの服装の決まりや環境、見栄えなどがあり、家とは違います。

運動靴やズボンを履いて仕事する人は、ズボンの下にタイツを履いたり、靴下を重ね履きしたり、足の冷え対策も出来ますね。

しかし、ストッキングやヒール、スカートを履かなきゃいけない人もいるでしょう。足の冷えで悩んでいる人には、つらい現実です。

家にいるときなら、靴下を重ね履きしたり、足湯をしたり、こたつに入ったりできますが、オフィスで仕事中ってこれができません。

さあ、どうしましょう?

実際に私がそうでした。足の冷えで悩みました。

オフィス職場ではタイツを履くことが出来ませんでした。決まりがあって、ストッキングでした。

なんで!?ストッキングしか履けないの〜???って、ずっと思ってました。

男性の方が筋肉量が多くて、女性より冷えにくい体質なのに、男性は、ズボンに靴下、靴という足の冷え対策をしやすい服装でした。

女性は男性より冷えやすい体質なのに、なんで、靴下ではなく、ストッキング?え〜逆じゃん!!って思ってました。

ズボンもありましたが、靴はヒールでしたので、靴下などは履けませんでした。

案の定、もう足は氷のように冷たかったです。ジンジンと寒かったです。

そして、私のオフィスに合う足の冷え対策を考えました。すると、意外といろいろ対策グッズって見つかるもんです。

大丈夫です、安心してください。

きっと、あなたのオフィスに合う足の冷え、対策グッズみつかりますよ!

オフィスでの足の冷え対策グッズ!

今回のオフィスでの足の冷え対策グッズは、先ほどの「ストッキングやヒール、スカートをオフィスで履かなきゃいけない人」向けに紹介します。

私が足の冷えで悩み、靴下も履けない、どうしよう、どうしようと悩み、そのとき知ったのが、足の裏に貼るカイロでした。

カイロを足裏に貼るって発想をした人に感謝します。

試しに使ってみると、これがとても温かかった〜。

私が求めていた足の冷え対策のグッズはこれだ〜って思いました。

大量買いして使っていました。ストッキングでも、怖くなかったです。

それからはオフィスでの、足の冷えの症状も和らぎました。

私の場合、足の冷えのおかげで、

  • オフィスでも、おしっこが近くトイレに行く回数が多い
  • 寒くて仕事に集中できない
  • からだ全体が寒く感じる
  • 足の冷えが気になる
  • 指先がしもやけみたいに赤くなる

など、いろいろ悩んでいました。

ずっと、何か対策グッズ、私でも出来るグッズはないのかなと考えていました。

さらに、足の冷えって、足だけでは終わりません。

オフィスにいるときは、足の冷えが、くるぶし、ふくらはぎ、ひざ、ふともも、おしり、腰と上がってくるように感じていました。ゾクゾク、、、。

足裏に貼るカイロは、このグッズは、私の悩みを解消してくれました!

私と同じ状況で足の冷えに困っている人は是非、使ってみてください。

きっと気にいると思います。

足の冷え対策に王道グッズ!

足の裏に貼るカイロの他に、まだまだ対策グッズあります。

王道グッズですが、ブランケット!

オフィスで足の冷えに困っている方、持っていますか?

ブランケットなら、椅子から立ち上がったりする動きが多い人でも、手軽にさっと使えます。

便利です!

持っていなければ、1つ買いましょう。

赤、ピンク、黒、その他、可愛いキャラクターなど、種類もかなり豊富にあります。

素材は軽くて、暖かい、触り心地ちが良いのがオススメです。

大きさは、オフィスの状況、仕事内容によると思います。

可能であれば、大きなブランケットで、腰あたりから、体にグルっと巻きつけてみましょう。

これが難しい状況の人は、膝あたりにかけて使いましょう。この使い方が無難ですね。

もちろん、椅子から立ち上げる時は、その前に素早く、取りましょう。ブランケットを体に巻きつけた状態でオフィスを歩くのは、よろしくありません。

これだけでも、足の冷えは大きく改善されます。

膝あたりが温かくなって、その温かさが、ふくらはぎ、足首、足先へと降りてくるのが分かります。

そして、足の下側が温まると、自然と足の上、ふとももやおしりも温かくなってきます。

オフィスでの足の冷え対策グッズ!

足裏カイロ、ブランケットの他にもオフィスでの足の冷え対策グッズ、まだまだあります。

  • 足元サイズの電気ミニマット
  • 足元の電気あんか
  • 足用のホットヒーター
  • 電気ストーブ
  • もこもこスリッパ
  • ムートンブーツ
  • UGGブーツ

など、オフィスの環境が大丈夫なら、あなたのオフィスに合う対策グッズを使ってみましょう。

電気ミニマットやあんか、ヒーターなどは電気を使います。

スペースもいりますが、その場から動きたくないと思うくらい温かくなります。

これが出来ると、足の冷えは一気に解消されるでしょう。さすが、電気の力です。

もっと、手軽にしたい人は、オフィスで、もこもこスリッパやムートンブーツ、UGGブーツを履くのが良いです。

デザインも派手なものではなく、黒系、茶系などあなたのオフィスに適したものを選ぶと自然でいいと思います。

昔、職場の北海道出身の上司が教えてくれたことがあります。

それは、「ズボン履いて、ムートンブーツ履くのが一番、温かいよ!北海道の寒さでもこれで乗り切っていけるよ。」でした。

私もやってみましたが、この服装は、最高に温かいです。足先、足首など、冷えやすい箇所をうまく温めてくれています。

私は子供のころ、雪を見たことなく育ったので、温かい服装の仕方が甘かったです。

働くようになって、いろいろな県の出身の人と知り合いました。

そして、北海道や東北地方など寒い地域で育った人の冬の服装を見ると、やっぱり違いがありました。

その当時は靴下の重ね履きは今ほど流行っていませんでいしたが、されていたりしました。

他にも、肌着の重ね着、ニット素材の重ね着など、重ねられるものは上手く、重ねて着て、体を温めているように感じました。

あなたのお友達に、北海道や東北地方など寒い地域の人がいれば、一度聞いてみるのも良いと思います。

彼らは、寒さの中での暮らしの知恵をたくさん持っているます。

いろいろと対策を雪対策や防寒対策を教えてくれると思います。

オフィスで足の冷えで困っている人は、あなたのオフィスに合った対策グッズで温まりましょう。

こちらの記事もご覧ください!

布団に入っても足先がつめたい方に!末端冷え性の対策グッズ!