冷たい足の冷えに効く!手にあるツボにお灸してみませんか?

冷たい足の冷えに困っていませんか?足ってどうしてこうも冷えやすいのだろう。最近は冬だけでなく1年中、冷えている人も増えてきています。手にある冷えに効くツボにお灸してみませんか?続けることによって血行もよくなり、足の冷えにも効果的です。お灸の効果ってステキ!

つら〜い足の冷え

こんにちは!看護師兼よもぎ蒸しアドバイザーの市子(@Ichiko07399260)です。

足の冷えって、つらいですよね。ジンジン寒い、、、。

靴下履いてるのに。

足の冷えを含め冷え性は結構障害の1つとも言われています。十分な血液がうまく回っていない状態です。

体は優先的に大切な内臓を温めようと働きます。そのため、手先た足先は後回しになってしまいます。

さらに極端に言えば、足や手が冷えていても人間は生きていくことができます。しかし、内臓が冷えきってしまい、その状態が続くと体温はどんどん下り、人間は生きていくことが出来なくなります。

手や足が寒く、何もしないで放っておくと、その寒さが体全体に伝わっていくような感じにもなっていきます。

どこかで対策をしましょう。温めましょう。

これは私個人的な意見ですが、足の冷えって手に比べて頑固だと思いませんか?

座っているときや動かず、じっとしているときは、足は手に比べて活動量が少ないです。

手に寒さを感じると、息をハーと手のひらに当てて温めたり、手のひらをこすり合わせたりして、摩擦で温めたりしたことあると思います。

簡単な自分での短いマッサージ?といったところでしょうか。

でも足は、靴下や靴を履いていますが、動かさないと、何も刺激は与えられず、冷えたまま。

手のひらのように力を入れて、足の裏をこすり合わせるのって意外と難しいです。

家にいるときなら、どんな体勢にもなれますが、人前や外にいるときは難しいと思います。

是非、試してみてください。

私流、足うら温めマッサージ

私はかなりの冷え性でした。末端冷え性もありました。

手の冷え、足の冷えに悩んでいました。

そこで思ったのです。

手をこすり合わせると最低でもそのときは温まるように、足もこすり合わせると温まるのでは?と。

やり方は簡単!

  1. 椅子に座って行うのが楽だと思います。素足でも靴下を履いたままでも構いません。
  2. 足の裏を自分でこすり合わせるだけ。椅子から転ばないように気を付けましょう。
  3. 少しやってみて、慣れてきたら試しに思いっきり力を入れて30秒、1分とこすり合わせてみてください。

どうでしたか?

足裏、足全体が温まっていると思います。運動不足の人は少し息切れになっているのではないでしょうか。

私は、はじめの頃、20秒すつ3回くらいから始めました。

足裏マッサージなど行って、人にしてもらうのはとっても気持ちいですね。たまに、痛いときもありますが、、、。

このマッサージは自分で行うので、太ももの裏側、表側が疲れていると思います。

ちょっとした筋力トレーニングにもなります。

足も体も温まって、筋トレにもなって、一石二鳥です!

1分とやっていると、腹筋や背筋も使っているとわかると思います。

腰痛がある人は、様子を見ながらにしてください。

お灸って、何?

お灸って聞いたことあると思います。

お灸の経験がある人も多いのではないでしょうか。

お灸の原料となっているのは「もぐさ」になります。

もぐさとは、よもぎの葉っぱの裏にある白い綿毛のところを精製したものです。

よもぎはヨーロッパでは「ハーブの女王」と言われるほど、さまざまな嬉しい効果のある薬草です。

食物繊維、クロロフィル、ミネラルが豊富にふくまれており、浄血や増血作用があります。ほかにも止血作用もある万能薬です。

そう言われれば、昔ころんで怪我したときにおばあちゃんが、「そこ水で洗ってよもぎの葉っぱの汁、つけときなさい。」って言われたことありました。

よもぎって、すごいですね!怪我したときの消毒薬の代用にもなるんですね!
さて、その「もぐさ」に火をつけて、体を温めてツボを刺激するのがお灸になります。

冷えに効く手のツボ!

手のツボ刺激は、人間が本来持っている自然治癒力を高めるために効果的と言われています。

足の冷え、手の冷え、体の冷えと冷えに対応している手のツボを紹介します。冷えのほかに、のぼせにも対応しています。

冷え・のぼせに対応している手のツボ、陽池(ようち)になります。

場所は、手の甲側にあります。

手首を反らしたときにできる横ジワの中央のくぼみにあります。

少しくぼんでいるので見つけやすいと思います。

このツボの押し方は、反対側の親指でゆっくり押すのが簡単です。

基本は、朝晩、もしくは思い出したときに適宜、ゆっくり20回くらいずつが良いです。

陽池のツボへの刺激は、自律神経のバランスが調整されます。

また、手足の末梢血管の血液の流れを促す効果もあります。

ツボ刺激は、血液の流れを良くしてくれるので、冷えに効果的と呼ばれています。

手のツボは手軽にどこでも押しやすいので、立ち仕事中でも押せますね。

ここで読んでいても、忘れてしまうことが多いと思います。

足の冷え、手の冷え、体の冷えを感じたときに是非、思い出して、押してみてください。

お灸の効果!

お灸の効果って知っていましたか?

  1. 血行がよくなり免疫力が高まる
  2. 体のさまざまな症状を改善してくれる
  3. 鎮痛、リラックス効果

お灸って、さまざまな症状を改善してくれる優れものですね!

血行がよくなり免疫力が高まる

お灸により、体の表面から温熱刺激を与えることで、皮膚の下にある筋肉や血管が刺激されます。

すると、細胞が活性化されます。

それによって、免疫作用が高まります。

ほかにもリンパの流れが良くなりますから、むくみの解消にもつながります。

さらにお灸は、温熱効果によって血管が収縮・拡張され、局所の充血や貧血を調整し、炎症をやわらげる効果もあります。

免疫力を高めるために、体を温めるって大事であると分かりますね。お灸はその1つになります。

体のさまざまな症状を改善してくれる

少し、東洋医学のお話しになります。

人間の体には「経絡(けいらく)」というエネルギーの通路が、全身をめぐっているとされています。

東洋医学でいうエネルギーは、人間の生命活動に必要な「気・血・水」のことを指します。

この「気・血・水」が不足していたり、その流れが滞ると体が不調をきたすと考えられています。

この経絡の上にあって、「気・血・水」が弱ったときに反応がでる箇所が「経穴(けいけつ)」、いわゆる「ツボ」と言われています。

ツボにはそれぞれに作用、効果があります。

そのため、そのツボを刺激することによって、冷え症や肩こり、腰痛、目の疲れ、、頭痛、むくみ、ストレス、不眠など体のさまざまな症状の改善が期待できます。

そのツボにお灸をすると、効果も倍増ですね1

鎮痛、リラックス効果

もぐさの有効成分として注目されているのがシネオールという精油成分です。

お灸をすることによって、この成分が皮膚の表面から内部に浸透していきますから、痛みを和らげるなどの効果が期待できます。

ちなみにこの成分は、もぐさを燃やした際にでる煙にも含まれており、またもぐさの匂いにはリラックス効果もあります。

お灸をしてリラックス♪

お灸の効果を高めるためには煙も大切な要素となっています。

手のツボ、陽池にお灸でさらに効果アップ!

手のツボの陽池が、血行を良くしてくれて、足の冷え、手の冷え、冷えに効果があり、体のさまざまな症状を改善してくれることが分かりました。

お灸もツボと同じように、血行を良くしてくれて、足の冷え、手の冷え、冷えに効果があり、体のさまざまな症状を改善してくれることが分かりました。

のツボへの刺激に加えて、家にいるときは、そのツボにお灸をしてみましょう。

ツボとお灸で、相乗効果が期待できますね。

ツボにお灸で、からだのさまざまな症状を改善させましょう!

ツボにお灸で、足の冷え、手の冷え、体の冷えを改善させましょう!

もっともっと免疫力を高めて健康的になりましょう!

こちらの記事もご覧ください!

体を温める手のツボ!血行を促進し、冷え性改善に効果的!