汗かきは、自律神経の乱れが原因かもしれない

特に、負荷がかかる運動もしていないのに、汗が出てくことが多くなったという経験はありませんか?もしくは、初対面の人に会う時、人前で話さなければないないといった緊張時に、脇や額からジワジワと汗が出てきたりすることも。このような汗は、自律神経の乱れが原因になっている可能性があります。自律神経と汗の関係を見ていきましょう。

汗、汗、汗

は、体温調節の役割があります。

汗は、汗腺から分泌される液体のことで、その99%が水分になります。

暑い日の汗、緊張した時の汗、運動後の汗、お風呂上りの汗、寝ている時の汗などと汗にもいろいろあります。

暑い日の汗や、運動後の汗、お風呂上りの汗などは、そう気になりませんが、特に負荷がかかることも何もしていないのに、汗がドバドバと出てきたりすると気になります。

それが、人前であればあるほど気になってしまうでしょう。

人前でスピーチしなくてはいけない時、初対面の人と会う時など、緊張すると脇や額、顔から汗が出てきたりした経験はあると思います。

本人が気にならないようであれば、良いのですが、本人が汗を気にしてしまうと、汗の量がもっと多くなったり、ドキドキ緊張もするし、汗も多くなるしで人前で話すことが嫌になったりします。

常に、顔が汗で湿っていたり、緊張した時にしたたり落ちるほどの汗をかく場合は、顔面多汗症が疑われる場合もあります。

他にも、緊張時に汗をかくということから、自律神経の交感神経が優位になりすぎているために起きていると考えられます。

自律神経とは

自律神経とは、交感神経と副交感神経から成り立っています。

自律神経は、朝も昼も夜も、生きている間ずっと働いています。

私たちが生きていくために重要な心臓の動き、食べ物の消化や吸収、汗や体温、瞳孔などの調整を24時間365日につかさどっています。

自律神経は、シーソーのような関係にあり、一方が活発に働いていると、もう一方は休んでいる状態になります。

自律神経は、文字通り、私たちの意識とは無関係に、勝手に動いてくれている優秀な神経になります。

交感神経とは

交感神経とは、活動神経とも呼ばれています。

交感神経は、

  • 活動しているとき
  • 興奮しているとき
  • 緊張しているとき
  • ストレスを感じているとき

などに働いています。

交感神経は、主に活動しているときや緊張しているときに優位に働いているのですが、感情面であるストレスを強く感じている時にも働きが活発になります。

ストレスが多い社会、ストレス社会に暮らしている私たちは交感神経が優位になりがちです。

緊張時やストレス時に汗をかくのは、交感神経が優位になっている証拠です。

副交感神経とは

副交感神経とは、リラックス神経とも呼ばれています。

副交感神経は、

  • 休息しているとき
  • 回復しているとき
  • 睡眠中
  • リラックスを感じているとき

などに優位に働いています。

副交感神経は、主に休息しているときや睡眠中などに働くほか、リラックスしているときにも活発に働いています。

ストレス過多で、交感神経が優位になっている人は、リラックスタイムを多く作って、副交感神経を優位にして、自律神経のバランスを整えるようにしましょう。

緊張時やストレス時に、汗が出てくる人も、リラックス神経の副交感神経が優位になるようにしましょう。

自律神経のバランスの乱れ

自律神経のバランスの乱れは、日常のささいなことから起きます。

例えば、

  • 仕事が長時間になる、残業
  • 仕事の締め切りに悩んでいる、焦っている
  • 食事の時間が不規則
  • 食事を食べないときもある
  • 決まった時間に眠れない
  • 考え事をしているせいか眠りが浅い

乱れから出てくる症状も、人それぞれです。

  • 急に大量の汗が出てくる
  • 胃が痛い
  • 呼吸の乱れ
  • 腹痛や下痢
  • 眠れない

など、このような症状は、自律神経の乱れが原因かもしれません。

他にも、眠れない、イライラする、頭痛、頭重感、動悸、胸部圧迫感、めまい、たちくらみ、のぼせ、冷え、血圧の変動、息苦しい、息の詰まり感、息切れ、食道のつかえ感、吐き気、顔汗、額や脇から汗が多く出る、腹部膨満感、胃の不快感、便秘、ガスがたまる、下痢、手のしびれ、手が冷えるなど。

このような症状は、程度が軽ければ、病院に行くまでもなく様子をみようかな?とも思います。

風邪やインフルエンザなどのように高熱が出たり、頭痛がひどかったり、咳や鼻水が止まらなかったりすると、病院に行こうと真っ先に思うでしょうが。

しかし、上記のような症状であっても、本人は万全ではない体調に不快感を感じていることが多いのです。

このような状態は、現代人にとっては、まれなことではありません。

しかし、このような状態は、常に交感神経が優位になってします。自律神経のバランスが乱れています。

この状態が長く続けば、いつかは身体やココロに不調が現れ始めます。

自律神経の乱れは、原因が分からないことが多く、ほとんどがストレスではないかと言われています。

身体の不調は、「自律神経の乱れを正常に戻してほしい」という証拠です。このサインを見逃さないようにしましょう。

それでも、身体に無理な生活を続けると、バタンと倒れたり、高熱が出たり、緊急入院になったりします。

自律神経の乱れは、生活を見直す良い機会です。

自律神経の乱れが正常に戻るように、リラックスできる環境を整えましょう。

ストレスや生活習慣の乱れなど、理由はいろいろありますが、自律神経の乱れが原因で身体やココロに何らかの不調が現れることを「自律神経失調症」と呼びます。

自律神経失調症で汗?

自律神経の乱れから、汗がたくさん出ることも多くあります。

緊張時の場面では、どんな人でも汗を経験します。汗の他にも、心臓がドキドキしたり、呼吸の乱れがあったりします。

人前で話した後、背中や脇にびっしょりの汗をかいていたこともあるでしょう。

緊張して、汗をかいたことがない人に出会うのも難しいくらいです。

緊張が汗を招くことは、ごくごく自然なことではあります。しかし、「汗をびっしょりかいている姿を人に見られたくない」、「汗をかきたくない」、「緊張するのが嫌だ」などと考えていると、汗がさらに緊張を呼び、もっと汗をかくことがあります。

ここは、もう開き直るのが良いでしょう。スピーチの前や発表会などの場面では、緊張すれば、人間誰しも汗をかきます。

しかし、注意が必要なのは、自分自身でストレスを自覚していないにもかかわらず、汗を代表とした緊張状態を経験するときです。

このようなときには、自律神経失調症を疑わなければなりません。

常に汗をかく、身体がこわばる感じがする、ドキドキがなかなか治まらないといった場面に遭遇するようになったら、一度、病院を受診しましょう。

過度な汗が、病的ではないと診断を受けたら

過度と感じる汗を心配して、病院を受診しても、病的と呼ばれるほどではなかったのであれば、生活習慣をを見直すことになります。医師からも、アドバイスをもらえると思います。

汗の量を気にしているのは、本人だけで、実際はそんなに多い汗ではなかったということもあります。

そこで念のため医師の診断を受けてみても、病的と呼ぶほどではないとされたのであれば、自分自身の生活を見直すこととなります。もちろんお医者様もアドバイスをくださるはずです。

例えば、

  • 規則正しい生活を心がける
  • 食事時間を一定にする
  • 十分な睡眠時間を確保する
  • 適度な運動をする
  • 趣味を見つける
  • 趣味の時間を多く設ける
  • ゆっくり湯船につかる
  • リラックスタイムを多くする
  • 考え込まない

など、このように基本的なところから、今の日常生活を振り返ってみましょう。

おそらく、「これが、乱れているな」、「乱れているのは分かっているけど、、、」など思い当たることがいくつか出てくると思います。

今、何かが乱れていても大丈夫です。全てが完璧な人はいません。

重要なのは、乱れているものを自覚し、それが良い方向を向くように、これから行動することです。

今日からでも、何か始めてみましょう。簡単なのは、入浴時間を5分、10分長くすることです。

お風呂でのリラックスは、心地よい睡眠への鍵となります。入浴することで身体もきれいになり、毛穴も開、汗も出て、気分もリフレッシュできます。

今の生活を振り返ってみる事で、自律神経の乱れを自覚することが出来ます。自律神経失調症の一歩手前の状況を上手く回避する方法が見つかるかもしれません。

こちらの記事もご覧下さい!

自律神経が乱れる原因は何?簡単な7つのオススメ対策!