自律神経を整えるために精油を生活に取り入れてみませんか?

お花やフルーツの良い香り、森などの自然の香り。心地よい匂いに癒されましょう。自律神経を整えるために、あなたの生活に精油を取り入れてみませんか?イライラした気持ち、悲しい気持ち、不甲斐ない気持ち、疲れた気持ちなども、精油の香りで、一気にリラックス&リフレッシュしましょう!

精油とは

精油とは、エッセンシャルオイルのことを言います。

精油って、アロマと同じでしょ?と思う人も多いです。

アロマテラピーが有名ですね。

精油とアロマは似ているようで、違います。

まず、エッセンシャルオイルと呼ばれる精油は、100%天然素材のもののみに許されます。

そのため、商品裏のラベルに「精油」や「エッセンシャルオイル」と書かれてあるものは100%天然ということになります。

その一方で、アロマオイルはそうではないもの、ということになります。

アロマオイルは、100%天然のエッセンシャルオイル、精油を複数ブレンドしたもの、他の化合物を配合したりしたものが該当しています。

幅広い、くくりとしてはアロマオイルの方が大きく、その一部にエッセンシャルオイルである精油が存在しているという形になります。

そのため、精油は値段も非常に高いことが多いです。

一方のアロマオイルの価格には、かなり差があります。それは、高価な精油を多くブレンドしたものもあれば、合成香料などを適当なオイルに混ぜたものというものもあるからです。

精油は100%天然。アロマは、その精油が混ざっているものになります。

精油とアロマ、どちらが良いとか悪いとかいう話ではありません。

それぞれの使い方に注意しましょう!

基本的に、エッセンシャルオイルと呼ばれる精油は肌につけることができます。

コスメやアロマバスなどに使うことができるのは精油です。その点は、100%天然のものは、安心ですね。

その一方で、アロマオイルは肌につけることは想定されていません。

そのために雑貨という扱いになります。用途としては「芳香浴(香りを楽しむ)」ということになります。

また、合成香料+オイルのアロマオイルを肌に塗ったりすると人によっては、肌に赤みが出てきたり痒みを感じたりと肌荒れなどの原因となる可能性もありますので注意が必要です。

肌荒れをしない方は、精油入りのアロマを肌につけて色々とケアに使用しても良いでしょう。しかし、一度肌荒れが合った人は気を付けましょう。

このことを考慮した上でアロマオイルや精油を購入しましょう。

使用するときも、その商品が「アロマオイル」なのか「精油(エッセンシャルオイル)」なのかをしっかりと把握した上で利用するようにしましょう。

精油もアロマもメリットがたくさんあります。用途に沿って、あなたの肌に生活に合うものを使いましょう。

精油もアロマも乱れた自律神経を整えるために効果的です。

自律神経とは

自律神経とは、交感神経と副交感神経から成り立っています。

自律神経は、とても重要な働きをしていて、朝も昼も夜も、生きている間ずっと働いています。

私たちが生きていくために重要な心臓の動き、食べ物の消化や吸収、汗や体温、瞳孔などの調整を24時間365日につかさどっています。

そして、自律神経は、シーソーのような関係に例えられています。一方が働いていると、もう一方は休んでいる状態になります。

交感神経とは

交感神経とは、活動神経とも呼ばれています。

交感神経は、

  • 活動しているとき
  • 興奮しているとき
  • 緊張しているとき
  • ストレスを感じているとき

などに働いています。

交感神経は、主に活動しているときや緊張しているときに優位に働いているのですが、感情面であるストレスを強く感じている時にも働きが活発になります。

前述したように、ストレス社会に暮らしている私たちは、多くの人が交感神経が優位になりがちです。

自律神経の乱れ、交感神経が優位になりすぎから、体調を崩している人も多くいます。

副交感神経とは

副交感神経とは、リラックス神経とも呼ばれています。

副交感神経は、

  • 休息しているとき
  • 回復しているとき
  • 睡眠中
  • リラックスを感じているとき

などに優位に働いています。

副交感神経は、主に休息しているときや睡眠中などに働くほか、リラックスしているときにも活発に働いています。

ストレス過多や疲労が原因で、体調不良を感じている人は、リラックスタイムを多く作るように意識しましょう。

副交感神経を優位にすることで、徐々に、乱れた自律神経のバランスを整えることが出来ます。

自律神経を整えるためにも精油は効果的!

自律神経の乱れが原因となっている「自律神経失調症」は、現代病とも言われるほど最近、自律神経が乱れている人が多いと言われています。

この乱れた自律神経を整えるために効果的なのが精油になります。

人は、良い香りをかぐと気分もリラックスし落ち着きます。不快な匂いをかぐと気分も下がります。

さらに、現代はストレス社会とも言われています。私たちは、毎日さまざまなストレスに囲まれながら生活していることになります。

毎日、ストレスに囲まれるのではなく、良い香りに囲まれたいですね。

ストレスを全くのゼロにするのは現実的に難しいので、ストレスとはうまく付き合い、良い香りに囲まれて自律神経を整えるようにしましょう!

ストレスをゼロにするために仕事や家事、育児などを今日から辞めますとは、言えませんけど、精油の良い香りを生活に取り入れましょう、なら出来そうですね。

自律神経を整えるオススメの精油!

自律神経を整えるための精油は、症状や体質によって違ってきますが、私のオススメは「ラベンダー」です。

ラベンダーは、

  • なかなか眠れない
  • 喉がいたい
  • イライラ
  • ソワソワ
  • 肩こりや背中のコリ
  • 生理痛や冷え性

など、幅広く多くの症状に効果が期待できます。

主な作用に、

  1. 鎮静作用があり、リラックスさせる。
  2. 皮膚の炎症や痒みなどに使用。
  3. 殺菌・抗ウイルス作用があり、美容に役たつ。
  4. 鎮静作用により、筋肉痛、火傷の痛みを緩和する。
  5. 防臭、免疫力向上、感染症の予防。
  6. 自律神経のバランスを整える。

などがあります。

6にあるように、自律神経を整えるために、精油を、初めて購入する方や使用する方にもラベンダーはオススメです。

ラベンダーをワセリンと一緒に使用して、手荒れが治ったという人もいます。肌にも優しいので安心して利用できます。

精油やアロマを色々調べると、たくさんの種類のものがあり悩んでしまいそうです。そんなときは、ラベンダーを選んでみましょう。大きな失敗はないでしょう。

自律神経を整える〜精油の使用方法〜

自律神経が乱れている人は、「なかなか眠れない」、「夜中に目がさめる」、「熟睡感がない」などといった睡眠に関してのトラブルがある人が多いのです。

毎日、ぐっすり眠れて寝つきも良く寝起きも気分が良い!という人で、自律神経が乱れている人は少ないでしょう。

精油は良い香りのため、精油の良い香りが嫌い、苦手という人も少ないと思いますが、誰でも出来る簡単な使用方法があります。

それは、寝る前にティッシュに精油を1滴たらして枕に挟むという方法です。

枕に挟むことを面倒に感じたり、抵抗感がある人は、そっと枕元に置くだけでも効果的です。

私は病院で看護師として働いていた時は、夜眠れない患者さんの枕にラベンダーの精油を垂らしてものを挟むなどの睡眠対策もしていました。

眠りにつける患者さんもいれば、他のアプローチが必要な患者さんもいますが、睡眠のトラブル改善にもラベンダー精油は効果的だと思います。

自律神経を整えるために、精油を生活に取り入れて、心地よい香りに囲まれながら眠りましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

自律神経を整える呼吸法!横隔膜呼吸を意識してみよう!