自律神経を整える生活について〜ストレス対策出来ていますか?

日常の生活を楽しんでいますか?仕事、買い物、家事に育児など忙しさで1日1日が過ぎていってしまうのは、もったいないです。イライラやストレスがあったりすると、生活を楽しむどころか生活が辛くなってしまいそうです。自律神経も乱れてしまいます。自律神経を整える生活とは、どんな生活をであるのか見ていきましょう!

自律神経を整える生活とは?

自律神経が乱れていると、身体にいろいろな不調が出てきます。生活もだんだん乱れます。

イライラ、喉がつかえる、吐き気、食欲不振、腹痛、頭痛、肩こり、腰痛、生理不順など、人によって症状が違います。

私って、自律神経が乱れているの?

と思う人も多いでしょう。

自律神経が乱れることによって生じる病気を自律神経失調症と言います。自律神経失調症は、現代病とも呼ばれています。

なんだかやる気が出ない、寝付けない、寝ている感じがしない、朝起きても身体が疲れているなどの症状も長く続くと、注意が必要です。

心配な人は、病院を受診してみましょう。何科か迷うときは、近くの内科に行って相談してみましょう。

自律神経とは

自律神経とは、交感神経と副交感神経から成り立っています。

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによって起こります。

自律神経は、とても重要な働きをしています。朝も昼も夜も、生きている間ずっと働いています。

私たちが生きていくために重要な心臓の動き、食べ物の消化や吸収、汗や体温、瞳孔などの調整を24時間365日につかさどっています。

自律神経は、シーソーのような関係に例えられていて、一方が働いているときは、もう一方は休んでいる状態になります。

交感神経とは

交感神経とは、活動神経とも呼ばれています。

交感神経は、

  • 活動しているとき
  • 興奮しているとき
  • 緊張しているとき
  • ストレスを感じているとき

などに働いています。

交感神経は、主に活動しているときや緊張しているときに優位に働いているのですが、感情面であるストレスを強く感じている時にも働きが活発になります。

副交感神経とは

副交感神経とは、リラックス神経とも呼ばれています。

副交感神経は、

  • 休息しているとき
  • 回復しているとき
  • 睡眠中
  • リラックスを感じているとき

などに優位に働いています。

副交感神経は、主に休息しているときや睡眠中などに働くほか、リラックスしているときにも活発に働いています。

自律神経を整えるために、交感神経と副交感神経のバランスを1:1に保つ生活を心がけましょう。

どのような生活をすれば良いの?

自律神経を整えるために、どのような生活をすれば良いのでしょうか?

  • 太陽の登り降りに合わせた生活を送る。
  • 生活の全体を整える。

太陽の登り降りに合わせた生活

まず、太陽の登り降りに合わせた生活ですが、あなたは出来ていますか?

極端ですが、日の出とともに目覚めて活動し始め、日の入りとともに休息・睡眠するという生活です。

これは、かなり極端ですが、このような生活が私たちの自律神経に良いと言われています。

例えば、100年前を考えてみましょう。その当時、携帯電話やノートパソコン、コンビニなどと言った便利なものはありませんでした。

各家庭にテレビや洗濯機、掃除機、電子レンジなどもなかったのではないでしょうか。お風呂もなかった家庭も多いと聞いています。

当時は夜になると、戦争の影響もあり、電気も明明と夜遅くまで付けることはなかったでしょう。太陽が沈むと自然と家に帰り、身体を休めていました。

今は、夜遅くまで電気を付けてもよい時代ですし、インターネットの普及によってさまざまな情報を得ることが出来ますから、夜の時間の過ごし方が変わってきています。

現代は、夜に小腹が空いてたらコンビニに行くと、すぐにお腹を満たすことが出来ます。コンビ二だけでなく、生活全てにおいて、大変便利になっています。

これは、メリットでもあるのですが、自律神経を整えるという観点から考えると、デメリットになります。

日中は、仕事や通勤、家事などで身体も心もフルに活動し、交感神経が活発になっているので日の入り、夕方以降は家でゆっくりとリラックスをして副交感神経を活発にさせましょう。

自律神経が乱れていると感じている人は、出来る限り、夜勤などは避けるようにして、太陽の登り降りに沿った生活を心がけましょう!

生活の全体を整える

自律神経を整えるには、生活全体を整えることが重要になります。

生活全体を整えるとは、大きく言うと衣食住を整えることになります。

昔の人は、「衣食住が大事」とよく言ったと聞きます。

衣は、着るもの。食は、食べ物。住は、住まいですね。

これらは自律神経を整えるためにも、生活を整えるためにも大切です。

他にも、

  • 栄養バランスを整える。
  • 睡眠を整える(時間や質)。
  • 照明や温度などの環境を整える。
  • 排泄を整える。
  • 仕事と家庭のバランスを整える。
  • 金銭面を整える。
  • 身体や髪の毛を清潔に整える。
  • ストレス対策を整える。

など、生活を整えることは、身の回りのすべてのことを整えることになり、広い定義となります。

乱れているところを見つけ、それを整えるようにしましょう。その繰り返しで、生活全体が整っていき、自律神経も整えることが出来ます。

ストレス対策していますか?

生活の中で整っていないところがあると、それがストレスになっていることが多いです。

分かりやすい例で言うと、「金銭面を整える」が出来ていないとします。

支出と比較して収入が少なかったり、急な出費があったり、借金があったり、人によって金額や種類は異なりますが、お金の心配は大きな悩み、ストレスとなるでしょう。

金銭的なことが原因で、離婚した、もしくは離婚出来ないなどという悲しい現実もあります。

これは、「金銭面を整える」ことについてですが、他にも生活のどこかが乱れていて、整える必要がある人がたくさんいます。

生活の乱れが、自律神経の乱れを引き起こし、身体にさまざまな症状が出ています。

誰しも、余計な心配やストレスは抱えたくありません。幸せに暮らしていきたいと願っています。

現代はストレス社会と言われるほどです。私たちは多くのストレスに囲まれながら生活しています。

ストレス対策のチョコレートも販売されています。

あなたは、ストレス対策していますか?出来ていないようであれば、今すぐ、ストレス対策に取り組みましょう。

毎日、幸せで、ストレスもあまり感じないし、自律神経の乱れは気にならないという人はスルーしてください。

しかし、少しでもストレスを感じていて、それが自律神経の乱れを引き起こしていたり、身体に不調を感じている人は、一度、生活の見直しをしましょう。

今あるストレスをゼロにすることは、難しいので、ストレスとうまく付き合っていくようにしましょう。

生活を見直し、乱れているところを整えるようにしていきましょう。

具体例として参考にしてみて下さい!

栄養バランスを整える

野菜や果物を毎日、多く食べるようにする。好き嫌いをしない。

睡眠を整える(時間や質)

12時までに布団に入る。就寝前は、スマホをさわらない、もしくは時間を少なくする。

照明や温度などの環境を整える

お風呂上がりや寝る前は、間接照明やロウソクを使用してみる。寝室の温度を季節によって調節する。

排泄を整える

便秘傾向の人は、食物繊維を多く取る。水分を多く取る。下痢傾向の人は、脂っこいものは控える。

仕事と家庭のバランスを整える

仕事の時間を見直してみる。フルタイムの方が良いのか、パートの方が良いのか。仕事にあてる時間と家庭にあてる時間を考えてみる。

金銭面を整える

収入と支出の関係を見直してみる。

身体や髪の毛を清潔に整える

毎日、入浴する、整髪する。

ストレス対策を整える

ストレスの原因を考えてみる。気分転換の方法や、リラックスタイムを多く取る。

など、いろいろな具体例が出てきます。人によって、整えることが違えば、対策も違ってきますが、自分にあった対策を見つけましょう。

1度きりの人生です。生活を楽しめるようにしましょう!

生活を整えることが、自律神経を整えることに繋がりますので、1つ1つ出来ることから整えていきましょう!

こちらの記事もご覧下さい!

自律神経を整える薬ってどんなのがあるの?自律神経を整えるには

自律神経を整える呼吸法!横隔膜呼吸を意識してみよう!