乱れている自律神経を整えるために、朝日を浴びてみよう!

朝起きてからの時間帯は貴重です。あっという間に過ぎてしまう朝。出勤前や通学前のなにかと忙しい朝。自律神経を整えるには、朝の時間帯が最適と言われているのをご存知ですか?それは朝日が関係しています。理由とともに、自律神経を整える朝の過ごし方についても見ていきましょう。

自律神経を整えるには、朝の過ごし方が大切!

自律神経を整えるには、朝の過ごし方が大切です。

朝をどのように過ごしていますか?

目覚まし時計の音で起きる、スヌーズ機能を使ってもう一度寝る、出勤に間に合うギリギリの時間帯まで布団で寝ていたい気持ちは分かります。

でも、そうすると、布団を出てからが大忙し、洗顔して、歯磨きして、身支度をバタバタと整えて、バタバタと家を出ることになりかねません。

それが、リズムで、身体に不調がない人は、それでも良いのかもしれません。でも、身体に不調があり、自律神経が乱れていると感じている人は、朝の過ごし方を少し変えてみませんか?

朝の過ごし方を変えることで、身体の不調がとれることも多いのです。

自律神経とは

自律神経とは、交感神経と副交感神経から成り立っています。文字通り「自律」している神経になります。

自律の意味は、「他からの支配や制約を受けずに、自分自身で建てた規範に従って行動すること」となっています。

あなたが何も意識しなくても勝手に動いてくれている優秀な神経です。

自律神経は、朝も昼も夜も、生きている間はずっと勝手に動いています。心臓の動き、食べ物の消化や吸収、瞳や汗、体温などの調整をするために、24時間働き続けています。

自律神経は、シーソーのような関係にあり、一方が働いていると、もう一方は休んでいる状態になります。

交感神経とは

交感神経とは、朝や昼に活動しているときに優位に働いています。

「活動神経」や「闘争と逃走の神経」とも呼ばれています。

交感神経は、

  • 活動しているとき
  • 緊張しているとき
  • ストレスを感じているとき

などに働いています。

活動しているときや緊張しているときだけなら良いのですが、交感神経は感情面であるストレスも大きく関係しています。

副交感神経とは

副交感神経とは、夜、休息しているときに優位に働いています。

「リラックス神経」とも呼ばれています。

私たちがのんびり休憩しているとき、休んでいるときに優位に働いています。

副交感神経は、

  • 休息しているとき
  • 回復しているとき
  • 睡眠中
  • リラックスを感じているとき

などに優位に働いています。

休息しているときや睡眠中などに働くほか、リラックスしているときという感情面、精神面も大きく関係しています。

自律神経を整えるには?

自律神経を整えるには、交感神経と副交感神経のバランスを1:1に整えるのが理想的と言われています。

シーソーに例えると、どちらにも傾いていない状態をイメージできます。

ストレスとは、人間関係や親戚関係、仕事、通勤、生活費や養育費、ローンなどの金銭問題、引越し、近所付き合いなど人によって違います。

現代はストレス社会とも言われるほど、ストレスは私たちの生活に身近な存在になっています。

そのためストレス過多と感じている人は注意です。仕事でも家庭でもストレスがある人は、交感神経が優位になりやすい状態にあり、要注意です。

ストレス過多の人は、副交感神経を優位にするために、リラックスタイムを多く取るようにしましょう。

平日8時間、仕事をしているなら、同じ8時間、リラックスタイムを過ごすのが理想的になりますが、現実はそうもいかないでしょう。

平日、仕事でバタバタと1日が過ぎていってしまう人は、朝の過ごし方、週末の過ごし方を考えてみましょう。

週末にゆっくりリラックス出来ていますか?

朝に、朝日を浴びる時間の余裕はありますか?

〜私のファーム生活〜

私はオーストラリアのブリズベンの近くの苺ファームで5か月間、働いたことがあります。

その時の生活を少し紹介させていただきます。

季節によりますが、朝の4時から5時には起床して、軽食を済ませ、苺を摘みはじめます。朝から、しっかりと朝日を浴びます。こんな生活、初めてしました。

9時から10時くらいに朝の休憩タイムがあります。

朝の11時から12時くらいに早めの昼食を食べます。日中の気温が35度を超えるので、気温が下がり始める3時くらいまでは屋内での仕事をします。

それから、夕方5時もしくは6時くらいまで、また外で、苺を積みます。

その後、夕食や入浴を済ませ、夜8時には寝ていました。早いときには7時半には寝ていました。

翌日、朝4時に起きなければならないと思うと、自然と早めの就寝になります。Wifiはありましたが、携帯を夜中まで触っていることはありませんでした。

そして、朝早くから日中にと身体を動かしているので、心地いい疲労感もあり、眠りにつくのも早かったです。

苺摘みの仕事は、本当に朝、太陽が昇るとともに起きて活動し、太陽が沈むとともに休息に入る生活でした。もう、こういう生活をすることはないと思います。

このような生活が始まり、はじめの1週間は朝の早起きに慣れるのに精一杯でした。さらに筋肉痛もありました。

しかし、身体は慣れるもので、1週間、2週間と過ぎると朝の早起きもそう苦になりませんでした。

1か月経つと、休みの日でも朝の4時、5時に勝手に目覚めていました。6時まで寝たらよく寝たな〜という感じでした。

このような、朝の早起き、朝日を浴びながらの苺摘み(運動)の生活をしていると、身体に変化が出てきたのです。

これは、私だけではなく、他の方も同じようなことを言っていました。

それは、

  • 肌がきれいになった
  • あまり悩まなくなった
  • 便通がよくなった
  • 食事がおいしく感じるようになった
  • よく眠れるようになった

などです。

現代人は、電気、ガス、水道、携帯、パソコン、インターネットなど色々な便利なものに囲まれて生活しています。

これは、大きな利点でもありますが、ストレスや運動不足などを招く大きな欠点でもあります。

5か月間でしたが、苺ファームで朝日を浴びて、太陽の動きともに生活したおかげで、乱れていた自律神経を整えることができました。

極端な言い方になりますが、自律神経を整えるには、電気などが普及されていない大昔のような生活をすることが良いと感じています。

自律神経を整えるために、朝日を浴びよう!

自律神経が乱れていると、

  • 気分がゆううつ
  • 寝付けない
  • 熟睡感がない
  • イライラする
  • いつも疲労感がある
  • 食欲がない

などの症状が出てきます。病院に行っても、原因が分からなかったりします。そんなときは自律神経が乱れている可能性が高いのです。

自律神経を整えるオススメの方法が、朝日を浴びることです。

朝の光は、自然のお薬ではないでしょうか。

私たちの身体は太陽の光を浴びることで体内時計が整う仕組みがあります。

苺ファームの生活までしなても、朝30分早めに起きて、10分でも15分でも構いませので、朝日を浴びながらウォーキングをしてみましょう。

脳も活性化されていて気分の良く1日を過ごせると思います。

朝の光、朝の風、朝の雰囲気、朝の匂いを感じられるようになってくるようになるでしょう。朝パワーはすごいです。頭も冴えてきますし、集中力もアップします。

朝日を浴びながら身体を動かすと、自然と自律神経を整えることが出来るのです。

さらに、朝日を浴びながら5分以上歩くことで、精神面を安定させる働きのある脳内ホルモンと呼ばれている「セロトニン」 が分泌されます。

セロトニンには交感神経を抑える働きもありますので、やはり早朝の朝日を浴びることは自律神経を整えるためにも効果的です。

そもそも、自律神経が乱れている人は、夜更かしの生活や朝に弱かったりという人が多いでしょう。

しかし考えてみてください。そもそも夜寝るのが遅いこと自体、自律神経を乱す生活になっています。

慣れるまでの1日〜3日、1〜3週間、1か月〜3か月は、大変でしょうが、朝30分でも20分でも亜役起きて、朝日を浴びることを習慣にしてみましょう。

また、なるべく同じ朝の時間帯に朝日を浴びること、より一層、体内時計を整えることができます。

平日あまりに忙しく、そんな時間がない、1分でも寝ていたいという気持ちは分かりますが、「早起きは三文の得」とも言われているくらい早起きから受ける恩恵が大きいのです。

朝日を浴びる時間の余裕、気持ちの余裕を作れるように、の過ごし方を見直してみましょう!

こちらの記事もご覧下さい!

簡単な運動、ウォーキングで自律神経を整えることが出来ます!