乱れた自律神経を整えるために、整体が良い3つの理由!

現代人は、自律神経が乱れている人が多くいます。なかなか眠れない、イライラや食欲不振、頭痛、便秘などの症状も、もしかしたら自律神経の乱れから起こっているのかもしれません。自律神経を整えるのに、簡単な方法、それは、整体に通うことです!整体に通うと、なぜ自律神経を整えることができるのか、その理由を見ていきましょう!

自律神経を整えるには

自律神経を整えるには、交感神経と副交感神経のバランスを整えることが必要になります。

このバランスを1:1に整えるようにしていきましょう。

自律神経を整えるには、様々な生活のバランスを整えることが重要です。

食事や睡眠、運動、ストレスなどのバランスを整えましょう。夜は、ぐっすり眠れていますか?眠れているようであれば、問題ありません。

しかし、「なかなか寝付けない」、「夜中に何度か目を覚ます」、「朝起きても疲れている感じがする」、「もともと寝る時間が少ない、忙しい」などといったことがあると睡眠に関してのバランスが乱れていることになります。

睡眠のバランスを整えることが必要になります。

睡眠を整えることを、具体的に言うと

  • 寝る時間を一定にする、整える。
  • 起きる時間を一定にする、整える。
  • 睡眠時のパジャマを整える。
  • 寝室の照明を整える。
  • 寝室の温度を整える。

など、整えることはたくさんあります。

温度や照明を整えることは快適な睡眠につながります。パジャマも、心地よいと感じるものを着ていますか?

快適な睡眠のためには、パジャマの大切な要素になります。シルクや綿、麻など、こだわりがあっても良いと思います。

着ていて、肌が気持ちい良い、心地よいものに身にまとって、布団にはいりましょう。

睡眠に限らず、生活習慣に関して整えるというと

例えば、

  • 食事時間を整える。
  • 栄養バランスを整える。
  • 運動習慣を一定にする、整える。
  • 入浴時間を一定にする、整える。
  • 清潔を保つために、部屋を掃除する、整える。
  • 清潔を保つために、整髪をする、整える。
  • 排泄時間を整える。
  • 仕事と家事のバランスを整える。
  • 仕事と家庭のバランスを整える。
  • 人間関係を整える。
  • 感情をコントロールする、整える。
  • ストレスとうまく付き合う。

など、たくさん整えることはあります。

老年期の方々の中には、「人生を整える」という人もいます。

他にも、もっとあるでしょう。人によっては、姿勢を整えることも生活を整えることになります。

デスクワークをしているときに、猫背になっていたり、姿勢が悪いと、ホスピタリティー的にも良い印象ではありません。

姿勢を整えると、外からの印象がガラリと変わることもあります。

自律神経とは

自律神経とは、交感神経と副交感神経から成り立っています。

自律神経は、朝も昼も夜も、生きている間ずっと働いています。

私たちが生きていくために重要な心臓の動き、食べ物の消化や吸収、汗や体温、瞳孔などの調整を24時間365日につかさどっています。

そして、自律神経は、シーソーのような関係にあり、一方が働いていると、もう一方は休んでいる状態になります。

自律神経は、文字通り、私たちの意識とは無関係に、勝手に動いてくれている優秀な神経になります。

交感神経とは

交感神経とは、活動神経とも呼ばれています。

交感神経は、

  • 活動しているとき
  • 興奮しているとき
  • 緊張しているとき
  • ストレスを感じているとき

などに働いています。

交感神経は、主に活動しているときや緊張しているときに優位に働いているのですが、感情面であるストレスを強く感じている時にも働きが活発になります。

ストレスが多い社会、ストレス社会に暮らしている私たちは交感神経が優位になりがちです。

副交感神経とは

副交感神経とは、リラックス神経とも呼ばれています。

副交感神経は、

  • 休息しているとき
  • 回復しているとき
  • 睡眠中
  • リラックスを感じているとき

などに優位に働いています。

副交感神経は、主に休息しているときや睡眠中などに働くほか、リラックスしているときにも活発に働いています。

ストレス過多で、交感神経が優位になっている人は、リラックスタイムを多く作って、副交感神経を優位にして、自律神経のバランスを整えるようにしましょう。

整体が自律神経に良い!?

ストレスが原因で交感神経が優位になり、自律神経が乱れている人に簡単でオススメな方法は、「整体に通う」ことです。

えっ!?整体?

整体に通うだけで良いの?と思う人もいるでしょう。私も最初はそう思いました。

私も、ある時期、仕事や家族関係、友達関係などの様々なストレスから自律神経が乱れていた時期があります。

腰痛や肩こり、下痢や便秘、めまいなどの症状に悩んでいました。そして、たまたま買い物帰りに通った家の近くの整体を見つけました。

そのとき、肩こりがひどくて、マッサージを受けたい感覚で、整体に行きました。運良く、予約なしで、すぐに施術を受けることが出来ました。

初めの問診のような時から、先生に、「自律神経が乱れていますね。」とか、「仕事のしすぎもあると思いますよ。」など言われました。

その時は正直、「なんでも良いから、この肩の痛みをなんとかしてほしい」という気持ちが強かったです。

30分の施術を受け、肩のコリも取れて、胃に何かつかえていたような感覚もなくなりました。

初回割引きもあり、値段も手頃で助かりました。

整体は自律神経を整えるために、効果的なのでしょうか?

自律神経の乱れを整えるために、身体の症状や悩みを和らげるために、生活習慣を見直す人もいるでしょう。

  • 食生活を整える人
  • 仕事の時間や量を整える人
  • 運動を始める人
  • 睡眠時間を増やす人
  • 整体に通う人
  • はりに通う人

など、いろいろな人がいます。

このように、整体に通うことも、立派な自律神経を整える方法の1つになります。

そこで、自律神経を整えるために、なぜ整体が良いかについてお伝えします。

自律神経を整えるために整体が良い3つの理由!

自律神経を整えるために、整体が良い理由は、

  1. リラックスできる。
  2. 自分が動かなくても良い。
  3. 筋肉がほぐれる。

の3つになります。

1、リラックスできる

整体に行くと、きつくない動きやすい洋服になり、横になって寝ることができます。

心地よい音楽も流れていて、照明や温度も調節されていて、心身ともにリラックスできます。

施術を受けている間に、あまりに気持ち良くて、そして睡魔もあり、ウトウト眠ってしまう人もいます。

リラックスすることで、副交感神経を優位にすることができます。眠くなるのは、副交感神経に切り替わった証拠です。

整体を受けることで、リラックス状態になり、副交感神経に切り替えることが出来ます。

2、自分が動かなくて良い

整体は、ジムと違って、歩いたり走ったり泳いだりと自分が動かなくても良いのです。

ただ、横になって寝ているだけで良いのです。なんて、極楽なのでしょう。

さらに、施術を受ける時も、筋トレのように筋肉に力を入れるのではなく、筋肉の力を抜くように言われ、スタッフの方が、身体を動かしてくれます。

自律神経を整えるためにも、健康的な生活に関しても、運動することは大切ということは皆さん、知っていると思います。しかし、元から運動嫌いな人や苦手な人もいます。

そんな方々も、整体なら続けられるのではないでしょうか。

3、筋肉がほぐれる

身体の不調を抱えている人の共通点は、筋肉がかたく緊張していることです。

その原因もさまざまな ストレスと言われています。

通勤ラッシュや多忙な仕事、運動不足、睡眠不足、不規則な食生活といった身体的なストレス。

仕事のプレッシャー、家族や友達などの人間関係、育児の悩みといった精神的なストレス。

これらのストレスが多い毎日は、交感神経ばかりを活性化させて、慢性的に筋肉を緊張させてしまいます。

そして、身体の回復が追いつかずに不調を感じるようになります。

ストレスが根本的な原因だと分かっていても、人間関係や仕事、育児などといったストレスをゼロにすることは難しいです。

そこで効果を発揮するのが整体になります。整体は、ストレスで固くなった筋肉をほぐすことが出来ます。身体も回復モードに切り変わります。

回復モードになることは、副交感神経を優位にさせることが出来ます。

整体は、副交感神経を優位にして、自律神経のバランスを整えることが出来るのです。

整体に通う!

そして、自律神経を整えるための最大のポイントは、整体に「通う」ことです。

1回、整体にいっても、どうでしょう?確かに一時的に自律神経は整うでしょうが、身体はすぐに元に戻ろうとします。

自律神経を整えるには、週に2回、3回と整体に通うことが大切になります。

例えば、野球がうまくなりたい、英語を話せるようになりたい、などと思ったとしましょう。

月1回や2回のレッスンに通ったところで、上達の速度はどうでしょう?

遅いですね。なんでも、続けることが大切です。

自律神経を整えるために、できる限り整体に通って、副交感神経が優位になる時間が長くなるように生活を整えていきましょう!

又、時間的に、経済的になど、整体に通うことがストレスとなってしまった場合は、他の方法に切り替えましょう!

こちらの記事もご覧下さい!

自律神経を整える呼吸法!横隔膜呼吸を意識してみよう!