お灸でリラックスたいむを楽しもう!自律神経を整える時間!

自律神経を整えるためには、リラックタイムが必要です。お灸をしながら、ホッと一息つきましょう。ゆっくり休憩しましょう。お灸をしたこと、ありますか?お灸は、匂いも良くて、とても心地よい気分になります。自律神経を整える作用もあります。最近は、お灸カフェまであるそうです!

自律神経を整えるには

最近、自律神経が乱れている人が多いと言われています。

自律神経が乱れると、イライラしたり、不眠、肩こり、吐き気や頭痛、便秘や下痢などの症状が現れます。

これらの症状が慢性的に続きます。

ストレス社会と言われるほど、私たちの周りにはストレスとなる要素がたくさんあります。

そんな環境の中で生活している私たちは、自律神経を乱しやすい環境にいます。自律神経が乱れても、おかしくないのです。

体調が悪くて、病院に行っても、これといった原因も見つからなかった、自律神経失調症と言われた人も多いのではないでしょうか?

自律神経失調症は、今や、現代病と言われています。

自律神経が乱れる原因は主に、

  1. 生活習慣の乱れ
  2. ストレス

となります。

では、乱れた自律神経を整えるには、

  1. 生活習慣の乱れを整える
  2. ストレスとうまく付き合う

この2点が重要になってきます。この2点を上手にあなたの生活に取り入れて実践していくことで、徐々に自律神経を整えることが出来ます。

具体的に、どうしたら良いのかというと、まず、生活習慣の乱れを整えるから見ていきましょう。

1、生活習慣の乱れを整える

自律神経を整えるには、生活習慣の乱れを整えることが重要になります。

生活と聞くと、衣・食・住が思い浮かびますね。あと、動くこと、食べること、休みこともそうですし、経済的にお金もそうですね。

生活習慣を整えることは、これら全てのバランスを整えることになります。

生活習慣を整えるには、

  • 時間帯や場所、季節を考慮したものを着る
  • 食事の時間や栄養などのバランスを整える
  • 住むところを確保する
  • 運動のバランスを整える
  • 入浴の時間を整える
  • 仕事と家庭のバランスを整える
  • 寝る時間を整える
  • 起きる時間を整える
  • 食べる時間帯を整える
  • 金銭面に余裕をもつ
  • 心のバランスを整える

など、さまざまなものを整えることになります。

どれか1つでも、整っていないと、身体や心に不調が出てきたりします。

よくよく見ると、仕事や金銭面は除きますが、これらは、幼稚園や保育園のときから、聞いている言葉ではないでしょうか?

幼い頃や小学生のときは夏休み前、冬休み前に、休みの間でも

  • 早寝早起きをしましょう
  • 好き嫌いせず、何でもたべましょう
  • 食べるときはよく噛んで食べましょう
  • 外で(身体を動かして)遊びましょう
  • 家のお手伝いをしましょう

などと先生から、言われなかったでしょうか?

誰も、「夜遅くまで、ゲームをしましょう。」や「お菓子をたくさん食べましょう」なんて子供に言わないと思います。

このように、私たちは幼児期からすでに、生活習慣を整える基本教育を受けているのです。

2、ストレスとうまく付き合う

自律神経を整えるには、ストレスとうまく付き合うことも重要になります。

生活習慣は、意識すると、ある程度、整えることが出来ると思いますが、このストレスばかりは、どうしようもならないときがあります。

ストレスの内容も人によって違ってきます。

例えば、仕事、通勤、家事、育児、買い物、上司、同僚、取引先、ママ友付き合いなどの人間関係などです。

仕事がストレスの原因だと分かっているから、それでは明日から仕事を辞めようとは言えない人が多いのではないでしょうか?

ストレスとなっている人が分かっていても、その人を避けて生活することは難しいのが現実です。

そのため、ストレス対策をして、ストレスとうまく付き合っていくことが最も良い方法になります。

何かストレス対策していることがありますか?

  • 運動
  • 友達とご飯
  • とにかく寝る
  • 映画を観る
  • 音楽を聞く
  • カラオケに行く
  • お風呂にゆっくり入る
  • お茶をのむ

など、いろいろあると思います。

ストレス対策は、どれもイライラした気持ちや悩みや心配事を考えないようにしたりするためであったり、気分をリフレッシュ・リラックスさせることが重要です。

私のストレス対策は、◯◯です!と言える人は、うまくストレスと付き合っていると思います。

私のストレス対策は、、、えっ〜っと、何だろうと思ってる人も大丈夫です。これから少しずつ、自分に合ったストレス対策を見つけていけば良いのです。

赤ちゃんの頃は、ストレスのような自分にとって何か嫌なことがあれば、泣き叫びます。でも、成長するにつれて、その場で泣き叫ぶことはなくなりますね。

この例は極端ですが、ストレス対策は、年齢や性別、場所によっても変わっていきますので、ゆっくり探していきましょう。

大人になってから、オススメなストレス対策は、お灸になります。

えっ!?お灸?お灸って、火をつけて使うもの?

そうです。それが、お灸です。

お灸は、経験したことがあるひとは、ピンとくると思いますが、経験したことがないひとにとっては、聞いたことあるけど、どんな感じだろう?と思いますね。

お灸とは、

最近は、お灸カフェというカフェもあるほど、お灸が私たちの生活に身近なものになってきています。

お灸の原料となっているのは「もぐさ」になります。

もぐさとは、よもぎの葉っぱの裏にある白い綿毛のところを精製したものです。

よもぎはヨーロッパでは「ハーブの女王」と言われるほど、さまざまな嬉しい効果のある薬草です。

食物繊維、クロロフィル、ミネラルが豊富にふくまれており、浄血や増血作用があります。ほかにも止血作用もある万能薬です。

その「もぐさ」に火をつけて、体を温めてツボを刺激するのがお灸になります。

お灸の効果!

お灸の効果は、いろいろあります。

  1. 血行がよくなり免疫力が高まる
  2. 体のさまざまな症状を改善してくれる
  3. リラックス効果

お灸って、さまざまな症状を改善してくれる優れものです。

自律神経を整えるためのストレス対策で考えると、3のリラックス効果が期待できます。

3、リラックス効果

もぐさの有効成分として注目されているのがシネオールという精油成分になります。

お灸をすることによって、この成分が皮膚の表面から内部に浸透していきますから、痛みを和らげるなどの効果が期待できます。

ちなみにこの成分は、もぐさを燃やした際にでる煙にも含まれており、またもぐさの匂いにはリラックス効果もあります。

良い匂いをかぐと、リラックス出来たりしますね。歯医者などの受付で、アロマディヒューザーを使っているところもあります。

歯医者って、行くのに勇気がいったりしますね。ですが、良い匂いには、歯医者いやだな〜とか、どんな治療するのだろう?痛いかな?など、あれこれ考えていた不安や緊張を和らげてくれる作用があるのです。

お灸の匂いに癒されながら、リラックスしましょう。

リラックス状態は副交感神経を優位にさせますから、自律神経を整えることができます。

仕事で忙しくても、帰宅後にお灸をしてリラックスできます。

お灸をしてリラックス♪

お灸で、リラックス〜そして、肝心なのがお灸をする場所です。

個人的には、足の内庭のツボがオススメです。

この内庭のツボは、胃腸の調子を改善してくれる効果もあります。

場所→足の第二指と三指の間にあります。

試しに手で押してみてください。少し響くような感じがあると思います。右と左で比べてみましょう。

陰陽の世界では、女性は左、男性は右を治療すると効果が出やすいとされているそうですが、あまり気にせず痛い方から先に始めてみましょう。

お灸は、時間も場所も取らず、自宅でできるので、とても簡単です。

お灸をして、自律神経を整えるリラックスたいむを楽しみましょう!

今回では、説明していないお灸の効果

  1. 血行が良くなり免疫力が高める
  2. 体のさまざまな症状を改善してくれる

に加えて、冷え性に効くツボなども

こちらで→冷たい足の冷えに効く!手にあるツボにお灸してみませんか?紹介しています。

ストレスに関して→ストレスと上手く付き合うには、副交感神経を優位にしよう!