自律神経を整えるには、あきらめるのも1つの選択になります!

自律神経を整える方法は、たくさんあります。食事、運動、睡眠、ストレス、生活スタイルなど、自律神経を整えるには、生活を総合的に整えることが重要になってきます。いろいろ取り組んでいるけど、なかなか良くならない症状があったりしませんか?そんなときは、一度あきらめてみましょう。あきらめることも大切なのです。

自律神経とは

自律神経とは、交感神経と副交感神経から成り立っています。

生きていく上で、自律神経を整えることはとても大切です。

自律神経は心臓の動きや食べたものの消化吸収、呼吸などの調節を行っています。

また、自律神経はシーソーのような関係にあり、一方が働いていているときは、もう一方は休んでいます。

最近は、この自律神経が乱れている人が多くいます。自律神経が乱れることで、身体や心にさまざまな不調が起こってきます。

自律神経失調症という診断名を聞いたことをある人、知っている人も多いと思います。

交感神経とは

交感神経とは、活動神経とも呼ばれています。

交感神経は、

  • 活動しているとき
  • 緊張しているとき
  • 興奮しているとき
  • ストレスを感じているとき

などに、優位に働いています。

交感神経は、ストレスを感じると優位に働きますので、仕事や付き合い、生活にストレスがある人は、交感神経が優位になりがちだと言えます。

副交感神経とは

副交感神経とは、休息神経とも呼ばれています。

副交感神経は、

  • 休息しているとき
  • 回復しているとき
  • 睡眠中
  • リラックスを感じているとき

などに、優位に働いています。

副交感神経は、リラックス状態のときに優位に働きますので、主に夜間に働いています。

自律神経と言われる交感神経と副交感神経はバランスが大切なのです。どちらが優位になりすぎていても、それぞれ身体の不調が現れてきてしまいます。

〜自律神経を整える方法〜

最近はストレス社会とも言われるようになっています。

私たちはいろいろなストレスに囲まれて生活していることになり、自律神経が乱れやすい環境、時代に生きていることになります。

自律神経失調症の人もだんだんと増えてきています。病院で診断を受けていなくても、自律神経の乱れからくる身体の不調に悩んでいる人はたくさんいます。

自律神経を整えるには、どうすれば良いのだろう?

自律神経を整える方法は、食事、運動、睡眠、ストレス、生活スタイルなど、いろいろあると言われています。

まず、自律神経を整えるには、普段の生活を総合的に整えることが重要になってきます。

例えば、食事だけ整えることが出来ても、他が整っていないと不調は続くでしょう。

私たち人間は、食べて(食事)、動いて(運動、活動)、休んで(休息、睡眠)、出して(排泄活動)、楽しんで(笑って)と全てのバランスを整えることが健康につながります。

そして自律神経を整えるには、太陽の昇降とともに生活することが効果的になります。

例えば、夜勤ばかりの生活は、自律神経を整えるためには不適切になります。

自律神経を整えるには、朝起きて、活動して、夜に寝るという生活スタイルが良いと言われています。

私の友達の中でも、夜勤はしないという人もいました。その方たちは、それぞれに理由(妊活・生理サイクルを整える・自律神経を整えるなど)があってのことでした。

担当の医師から、夜勤はしないほうが良いと言われた人もいました。

私たちの身体は、大昔から太陽とともに生活する仕組みが出来ています。しかし、今は、電気などの普及によって、自律神経が乱れやすい環境にいるのです。

食事、運動、睡眠、ストレス、笑いなど、さまざまな角度から、いろいろ取り組んでいるけど、いっこうに症状が良くならない、逆に症状が増えた、ひどくなった気がするという人もいるでしょう。

病院でもらった薬を飲んでいるのに、なかなか症状が良くならない、、、。

こうなると、もうどうしたら良いのか分からないといった状況になります。

そんなときに、おススメなのが、一度「あきらめる」ということです。

えっ!?あきらめるの?今まで色々やってきたのに、頑張ってきたのに!?

言いたいことは分かるのですが、状況によっては、あきらめることも大切なのです。

あきらめる効果!

「あきらめる」という言葉を聞くと、なんだか後ろ向きな感じやイメージをする人もいると思います。

自律神経を整えるというのは、健康に関してですが、あきらめると言ってもいろいろありますね。

例えば、

  • ダイエットをあきらめる
  • 片思いをあきらめる
  • 結婚をあきらめる
  • 妊娠をあきらめる
  • 離婚をあきらめる
  • 試験勉強をあきらめる
  • 受験をあきらめる
  • 貯金をあきらめる
  • 旅行をあきらめる
  • 留学をあきらめる
  • 親を説得するのをあきらめる
  • 家での介護をあきらめる

など、色々なあきらめるがあります。もっともっとあると思います。

試験勉強をあきらめるやダイエットをあきらめるみたいに、努力が必要なことなのに、それを途中であきらめるという状況であれば、ネガティブに使われることが多いです。

でも、「あきらめる」にも「良いあきらめる」と「悪いあきらめる」があると思いませんか?

上手くいかない理由をはっきりあり、自分自身が納得した上で、断念する。これが「良いあきらめる」になります。

逆に、きちんとした理由もなく、納得もしないままあきらめるのは「悪いあきらめ」になります。

そして、悪いあきらめるを選択した場合、後々引きづってしまうことにもつながります。

片思いなどの経験、好きな人をあきらめるなどで恋愛で考えると、具体的に分かるかと思います。

さて、自律神経を整えるに戻ります。

自律神経を整えるには、あきらめるという選択もあり!?

今まで、食事や運動、ストレス対策などいろいろ試してみた。仕事がストレスになっていると思って転職や休職、退職までしたけど、身体の不調は続く、、、。

このように、休息の時間も作って、周囲の環境もある程度変えたのに、症状が良くならないという人は、一度、頑張っていること、思っていることをあきらめることをしてみましょう。

いろいろ考えて、実行していることが逆にストレスになっているときもあるのです。

「あきらめる」と急に体調が良くなったりする人もいます。

あきらめると言っても、良いあきらめるという方になります。あきらめることによって、結果的に、身体にも心にも良い影響をもたらしてくれるのです。

どうしたらいいのか分からないと言ったじょうきょうのときは、「良いあきらめる」を味方につけましょう。

今まで、うまくいかなかったことが改善する可能性も大きくあります。

人生、心に思ったこと全てを現実的に達成することは、非常に難しいことが多いです。

特に他人の気持ちや、周囲の環境や状況、これは自分だけでコントロールできるものではありません。

自分がどれだけ思っても変わらない状況もありますね。

あきらめるときは、「良いあきらめる」を選択しましょう。

そして、まだまだ試せることがあるときは、いろいろ試してみましょう。そのときは、まだ、良いあきらめるに至っていないことが多いのです。

また、自分にとって何が大切なのかをしっかり考えて、見きわめることがたいせつになります。

あきらめるということは、ときには勇気のいることになります。

でも、あきらめることが出来れば、今まで抱えていた余分な過剰な力が抜けます。

自律神経を整えるには、あきらめるのも1つの選択になります。

自律神経はストレスやリラックス状態という感情面も関係しています。ときには、あきらめることも視野に入れて、気長に向き合っていきましょう。

こちらの記事もご覧ください!

金スマ!自律神経を整える方法!日常のストレス軽減について