どうして汗をかくのだろう?さっぱり汗で自律神経を整える方法!

汗ってそもそも、どうしてかくのだろう。汗をかくには3つの理由があります。私たちは主に、暑いときや緊張しているときに汗をかいています。自律神経が乱れているときにも汗をかきます。手にかく汗、足のかく汗などは気持ち悪いですね。自律神経を整える方法と汗の関係を見ていきましょう。

汗のイメージ

をかくのは、夏をイメージしますね。

暑さで、だらだらかく汗。

緊張してかく手の汗。な

ぜか分からないけど足にかく汗。

他にも季節を問わず、温泉やお風呂、サウナに入ったりすると顔から汗が吹き出るように出てきたりしますね。

夏場でもお化け屋敷から出てきたら汗をかいていた。大切な宿題や課題、提出物を忘れて「やばい!」と焦り始めるとかく汗。

汗をかく場面でもさまざまです。汗の種類もいろいろですね。

なんだか気持ちの良い汗もあったり、なんだか嫌〜な汗のときもある。

汗の臭いも気になるときもあれば気にならないときもある。そもそも汗って、どうしてかくのだろう?

私たち人間は、どうして汗をかくの?

私たち人間が、汗をかく理由は3つあると言われています。

  1. 温熱性による汗
  2. 味覚性による汗
  3. 精神性による汗

それでは、1つずつ見ていきましょう!

1、温熱性による汗

1 つ目は、温熱性による汗になります。気温の上昇や運動による発熱で体温を調節するために汗を分泌して、その気化熱によって体温を下げる機能のことを言います。

主に体温調整ための汗になります。

汗が出てくるところを汗腺と言います。汗腺は、自律神経によってコントロールされています。脳の視床下部が、私たちの体温を常に、約 37℃に保つようにと指令を出しています。

もしも、温熱性の発汗が行われないと、夏場によく注意しましょうと言われている熱中症になってしまいます。

日本は春夏秋冬という四季があります。夏は汗をかいて汗を出す汗腺を増やします。逆に冬は汗腺を休ませてと1年の中でも体温を調整して生活していることになります。

2、味覚性による汗

2つ目は、味覚性による汗になります。

カレーやキムチ、チリなどの辛い食べ物を食べると、おでこや鼻に汗をかきますよね?

この味覚性による汗は、温度の低い場所で食べるより、高い場所で食べる方が発汗作用が高まります。

3、精神性による汗

3つ目は、精神性による汗になります。

体温調整や食べ物からだけではなくストレスや緊張、不安といった精神的不安からも発汗が起こります。

例えばこのような人に多く見られます。

  • ストレスを受けやすい人
  • 優しすぎる人
  • 几帳面な人
  • 気を遣いすぎる人
  • 緊張しやすい人

などの人は、精神性による汗が出やすいと言われています。

汗が出る場所も、

  • 脇のした
  • 手のひら
  • 足の裏

などの場所に出やすく、症状がひどくなると、手掌多汗症や足掌多汗症を発症する人もいます。

また、汗は体全身の汗腺から、まんべんなく出るのが良いと言われています。

そのため、局所的に汗をかいていると、「また汗が出てきてしまった」と余計に心配になり、汗の量がもっと多くなる、心配するといった悪循環に陥ってしまうのではないでしょうか。

このように精神的な動揺などでも発汗が促進されるときもあります。

汗の悩みがある人は、

  • 人の家におじゃまするときに、スリッパを履かない方がいいな・・・
  • 帰宅してブーツを脱いだら、不愉快な臭いが・・・
  • 飲み会などで、靴やブーツを脱ぐことになったら嫌だな・・・

など、些細なことではありますが、日常生活の中で汗に関する心配事があると思います。このような悩みがある人は、いろいろな方法で対策していると思います。

汗の悩みがある人は、心配しすぎや気にしすぎであることが、ストレスになり、自律神経が乱れている人が多いと言われています。

自律神経とは

自律神経とは、交感神経と副交感神経から成り立っています。

自律神経は、心臓の動きや食べ物の消化や吸収、呼吸など生きていくために重要な活動を調整するために、24時間働き続けている神経になります。

自律神経はシーソーのような関係にあり、一方が優位に働いていると、もう一方は休んでいる状態になります。

交感神経とは

交感神経は、活動神経とも言われています。

交感神経は、

  • 活動しているとき
  • 緊張しているとき
  • 興奮しているとき
  • ストレスを感じているとき

などに、交感神経は優位に働いています。

交感神経はストレスに対しても活発に働くため、自律神経を整えるにはストレス対処やストレスコントロールも大切になってきます。

精神性による汗が多い人は、一時的であっても、身体が緊張や興奮状態になり交感神経が優位になっています。

副交感神経とは

副交感神経は、休息神経とも言われています。

副交感神経は、

  • 休息しているとき
  • 安静にしているとき
  • 回復しているとき
  • 睡眠中
  • リラックスしているとき

などに、副交感神経は優位に働いています。

考えてみると、ゆっくりリラックスしているときに、だらだらと汗は出てこないですよね。

自律神経を整える方法!〜汗が気になっている方〜

これから精神性による汗でお困りの方に、自律神経を整えるオススメの方法を紹介します。

自律神経を整える方法はたくさんあります。

〜自律神経を整える方法の一例〜

  • 規則正しい生活をする
  • 食事のバランスを整える(時間帯や栄養など)
  • 運動の習慣をつける
  • 睡眠のバランスを整える(時間、質など)
  • ストレス対策をする
  • リラックスタイムを多く取る
  • 仕事と家庭のバランスを整える

などいろいろな方法があります。主に生活習慣を整えることが、自律神経を整えるために大切になってきます。

その中でも汗に関して言いますと、オススメの方法が「運動」です。

なぜなら、運動によって汗が分泌される汗腺に刺激を与えることが出来るからです。

運動不足に人って、汗の臭いが不快だったりしませんか?

夏場、毎日エアコンの入った部屋で過ごし汗をかくことがない人は要注意です。

エアコンは体温管理、健康管理に非常に便利ですが、使い方を誤ると、汗をかく機会を逃してしまい、自律神経を整える機会をなくしてしまうのです。

同じように慢性的な運動不足の人は、身体が温度調節する機会がなく、自律神経が乱れやすいのです。

運動は、自律神経を整える方法にも、汗の調節をするにも最適です。

運動のメリット!

運動のメリットとしては

  • 身体が体温調節をする機会を意図的につくることが出来る!
  • 汗腺を刺激することができる!
  • ストレスを発散することができる!
  • 骨を強くすることができる!
  • 細胞の老化を防ぐことができる!
  • 便通を整えることができる!
  • 質の良い睡眠を得ることができる!

など、みなさんご存知の通り運動によって得られるメリットはたくさんあります。

その中でも、汗の悩みがある人は「汗腺を刺激することができる」これが大きなメリットになります。

運動不足だと、汗腺を刺激する機会もなく、汗腺がなまけてしまします。働かなくて良い状態が長く続くと、「働かなくてはならない」といった状況の時に、通常の働き方を忘れてしまい、異常なほど汗をかいてしまったりします。

このような状況を避けるためにも、運動習慣をつけましょう。運動によって、汗腺を刺激して働き方を思い出すことから始め、通常の働き方、汗をかく方法を覚えさせましょう。

汗をかくことは、身体によいことです。デトックスの方法とも言えます。

座るだけで良い?汗をかく方法!

汗をかくには、汗腺に刺激を与えるには、運動が良いことは分かりました。

さあ、どんな運動をしましょう。

走るのが好きな人にとっては運動はそう苦になりませんが、「私、運動苦手なんですよね」、「その時間が取れないんです」「簡単な方法はないでしょうか」という声も上がってくるでしょう。

日常生活の中で、今日からでもできることが、入浴や半身浴です。お風呂は汗をかくための絶好の機会と言えます。シャワーだけで済ましてしまうのは、もったいないです。

5分でも湯船につかりましょう。1日の疲れも取れて、良い眠りにつくことも出来ます。汗をかく練習の機会にもなります。

入浴も汗をかく良い方法ですが、他にもよもぎ蒸しも汗をかく方法の1つです。

毎日の入浴でも汗をかき、週末や仕事かえりによもぎ蒸しサロンに行くのもオススメの方法です。

よもぎ蒸しでかく汗は、経験ある人はお分かりだと思いますが入浴や運動の汗とは、また違います。

よもぎやいろんな漢方の効果もあります。汗もびっしょり、座っている座布団が汗でしたたっているほどです。

しかも、座っているだけでいいんです。夏でも冬でも、雨の日でも汗をかくことが出来ます。こんな楽な方法で、さっぱりした汗をかく方法があるでしょうか?

びっしょり大量に汗をかきますが、本当にさっぱりしている汗なのです。

汗をかく方法もたくさんあります。楽しみながら続けられる方法であり、あなたのライフスタイルに合った自律神経を整える方法を見つけていきましょう!

こちらの記事もご覧ください!

不安なときは音楽を聞いてリラックス!自律神経を整える方法!