瞼のたるみを筋トレで解消できる!?

瞼のたるみって、ふとした時に気になったりします。瞼のたるみを改善するために簡単な目の周りの筋肉の筋トレがあります。ジムで行うような負荷をかける筋トレではありません。普段あまり動かさない目の周りの筋肉を意識的に大きく動かすことが、眼輪筋の筋トレになります。入浴時やメイク落とし、洗顔時などが忘れずに行えそうです。

瞼のたるみ、気になりますか?

瞼のたるみ、気にしたことありますか?

私は時々、気にします。

そもそも瞼って、何かトラブルとかがない限りあまり気にしないのでは?

瞼のトラブルは、良いことありません。

痛かったり、ゴロゴロして気になったり、見た目的にも赤く腫れてしまい、1日も早く治ってほしいと思います。

瞼のトラブルで有名なのは、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)ですね。よく「ものもらい」と言われています。

地域によっては、めいぼ・めばち・めっぱちなど様々な呼び方があるようです。

経験したことがある方も多いでしょう。

私も経験あります。なんだか痒いな〜と思い、瞼をゴシゴシしてしまったりすると、瞼が腫れてしまい鏡を見て驚きます。

すぐに眼科に行き、抗生物質の入った点眼薬の処方を受けました。もし、瞼が腫れたり痛痒いと思った時は、むやみにこすったりせず、眼科に行くのが先決でしょう。

麦粒腫の他に、瞼が気になる時は、ちょっとしたたるみです。

瞼のたるみって、奥二重の人や一重瞼の人が気になるようです。

ちなみに私は奥二重です。中学生の頃は、パッチリ二重瞼に憧れました。

一生懸命、アイプチをして二重瞼にしようと頑張っていました。

その結果、二重瞼になったかというと・・・違います。

アイプチで瞼の皮膚を無理やり引っ張ったせいか、たるみが出来てしまったのです。

ショックでしたね。それ以降、アイプチもしなくなりました。

瞼のたるみは、皮膚の老化によっても起きてきます。

40代、50代になり気になる瞼のたるみは、おそらく皮膚の老化が関係していることでしょう。

美容意識の高い方々は、30代になるとアイクリームをしっかり使っているようです。

目元にたるみがあると、老けて見えてしまいますから、やはり目元も口元も、たるみの予防が重要になってきます。

でも、どうやって瞼のたるみを予防すれば良いのでしょうね。

たるみ予防や改善のために、アンチエイジング用のアイクリームを使うのも大変効果的です。

瞼のたるみには、眼輪筋の筋トレが効果的!

加齢によって引き起こされる、瞼のたるみには筋トレが効果的です。

誰しも歳を重ねるにつれて、筋肉が衰え始め、ハリや弾力が失われていきます。

太ももやお尻や腕の筋肉の筋トレは大きく負荷をかける筋トレになりますね。

しかし瞼のたるみに関しては、筋トレといっても、ジムでダンベルを使ったりするような負荷トレーニングではありません。

眼輪筋の簡単な筋トレといったところです。

そもそも眼輪筋って?

眼輪筋とは、文字通りに「眼のまわりの筋肉」になります。

上瞼、下瞼のしたにある筋肉になります。

この筋肉が衰えると、瞼にたるみが生じてきます。

よく言われる下瞼あたりが黒っぽくなるクマも出来やすくなるそうです。

簡単な眼輪筋の筋トレ2つ!

瞼のたるみ予防や改善のための筋トレは、自宅で出来ます。

ジムに置く必要はありません。というよりも、自宅で一人でこっそり行った方が良いでしょう。

それは眼輪筋の筋トレを行うと、変顔になりやすいからです。誰かに見られると恥ずかしいですね。

眼輪筋は、日常生活の中では意識しないと大きく動くことはそうありません。

皆さん、瞼は閉じたり開けたり、意識的にも出来ますし。無意識にもしています。

誰も瞼の開閉中に「筋トレをしている!」なんて思ってはいませんね。

このようにの筋肉は、意識しないと何の筋トレにもならず、筋肉は刺激を受けるがありません。

そのために、意識的に眼輪筋の筋トレを行い、刺激を多く与えることが必要になってきます。

簡単に出来る筋トレを2つご紹介します。

眼輪筋の筋トレ1:目を開いて閉じる

やり方

  1. 目をギュッと閉じる
  2. 5秒間そのままキープする
  3. その後、思いっきり目を見開き正面を見る
  4. これを上下左右と行う

正面+上下左右を1セットとすると合計5回、眼の見開き筋トレを行えます。

所要時間も1分足らずで済みます。

この筋トレをすると、瞼のたるみにも効きそうと分かりますし、視界がクリアになったように感じるでしょう。

そして、なんだか気分もスッキリして気持ちが良いです。

眼輪筋の筋トレ2:グルグル8の字を描く

やり方

  1. 目を大きく見開く
  2. 5回八の字を描く
  3. 反対周りも5回行う

所要時間はこちらも1分足らずです。

この筋トレも、視界がクリアになりスッキリ感を得られ気持ち良いです。

いかに目の筋肉を普段動かしていないことが分かります。

筋トレで瞼のたるみを予防・改善!!

やっぱり老け顔に見られるのは嫌ですね。

できれば若々しく見られたいと思うでしょう。

筋トレというと、好き嫌いがありますが、瞼の筋トレは簡単で2分もあれば終わっていまします。

1日1回くらいは瞼の筋トレを行ってみましょう。

これが、瞼のたるみ予防や改善につながります。

ついつい忘れてしまいますので、入浴時や洗顔時、メイク落としの時にちゃっちゃっと行うことを習慣にすると良いでしょう。

また瞼の筋トレは、コンタクトレンズをしている方は、外した際に行う方が良いです。

コンタクトレンズ装着中は、無理に目を開閉したり強い刺激は与えないように気をつけましょう。

1日1回の瞼の筋トレはメリットが多くあります。

  • たるみ予防や改善になる
  • 視界がクリアになる
  • 目の疲れが取れる

など。

目にも休養を!

瞼のたるみも気になりますが、現代人はスマホやパソコン作業など目を酷使する生活にありますので、目の疲れにも十分気をつけたいところです。

たるみ予防や改善には、眼輪筋を動かす筋トレも効果的ですが、目を休ませることも同時に行っていくようにしましょう。

目にも休養が必要です。目を酷使し続けると、頭痛がはじまったり、視界がぼやけてきたりします。目の他にも症状が出てきてしまいます。

まずは、目に休養時間を与えましょう。

  • アイマスクを当てるのも良し
  • スマホやパソコン作業を1時間少なくするのも良し
  • 目薬を使うのも良し

お風呂で眼輪筋の筋トレを行った後、湯舟の中で目を閉じてリラックスすると心身ともにリラックス出来ます。

お風呂は日本人にとって極楽ですから、入浴時間を心身のリラックス・リフレッシュに大いに活用しましょう。

なんと、最近は日本猿も温泉でストレスを解消しているという調査結果もあるそうです。

さらにその調査結果から、猿は冬に温泉に入ることが多く、群れの中でも序列が高いメスほどその時間も長いことが分かったそうです。

確かに、序列が高いほど、いろいろな争いに巻きこまれることが多いのも事実ですね。

私たちは猿社会ではなく、人間社会ですが、日々さまざまなストレスにさらされながら生活しています。

ストレス社会とも言われている世の中ですので、自分に合ったストレス対策をした方が無難です。

ストレス解消の1つに入浴の仕方を一度見直してみましょう。

身体を温めることで、リラックス状態になることが出来ます。

瞼のたるみは主に皮膚の老化と言われています。

入浴時間を活用して、瞼の筋トレを行いつつ、心身ともリラックス出来る状態を作っていきましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

瞼のたるみは、老け顔や老化に見えてしまう!?