発汗の健康効果!デトックスには汗をかくことが大切!

いまや汗をかく健康法がたくさん出回っています。汗をかく、発汗することで色々な健康効果が期待されています。子供の頃は不思議と汗をかいていたのに、大人になると汗をかく機会もだんだん少なくなっていく人が多いのです。デトックスという意味でも、生活の中に発汗する機会を作ってみてはいかがでしょうか。

発汗、汗をかく健康法!

汗をかくことは、1つの健康法ともなっています。

最近、発汗していますか?汗をかきましたか?

運動したりして体を動かすと自然と汗が出てきますね。

暑い夏の日など、よく発汗します。基本的には、発汗は体温調節のために行われています。

そのために、運動して体温が上がったり、お風呂に入ったり、風邪をひいて高熱が出たときなどに発汗して、体は体温を下げようとしています。

そのほかにも、発汗には効果があります。発汗には、知っているようで知らないような健康効果があるのです。

それでは、発汗による健康効果を見ていきましょう!

発汗、汗をかくことにより得られる健康効果!

私たちが発汗することは、健康に良いこととして知られています。健康に良い、これは多くの人は知っていると思います。

それでは、何が健康に良いのか、その健康効果をみていきましょう。この効果を知っているだけでも、運動や発汗に対しての意識が変わってくるでしょう。

〜発汗による健康効果〜

  1. デトックス効果!
  2. 免疫力が高まる!
  3. 睡眠効果が高まる!

発汗による健康効果は、大きく分けて上記の2つになります。

1、デトックス効果!

最近、デトックス、デトックスという言葉をよく聞いたり言ったりしませんか?

デトックス、女性は好きな言葉だと思います。でもデトックスってよく聞くけれど、デトックスの意味って何だろう?

デトックスの言葉の意味は、

  • 主に解毒
  • 毒出し

になります。

体内に溜まった、不要物を外へ出すという意味があります。その不要物とは、主に老廃物を指すことが多いです。

デトックスとは、体内の不要物を体の外に出して、体内をキレイにする、体の調子を整えるための大切な機能になります。

発汗から得られるデトックスは、大きな健康効果であり、私たちの体には、デトックス機能が、生まれ持って備わっています。

デトックス、その割合としては、

  • 排便・・・約75%
  • 排尿・・・約20%
  • 発汗・・・約3%
  • 爪、毛髪など・・・約2%

となっています。

排便や排尿は、意識しなくても普段行っていますので、自然とデトックスされて、健康効果は高まっています。

発汗を含め、排便や排尿は、普段デトックスなどと呼ばれています。

発汗によるデトックス効果は、約3%ですが、この3%を甘くみてはいけません。

発汗することで、代謝機能が高まり、血流がよくなります。デトックス効果の大半を占めている排便や排尿効果を高めてくれるのです。

そのために、意識して普段から発汗することが健康効果に重要になっているのです。

発汗は、デトックス効果のほかに美肌効果もあるので女性は要チェックですね!発汗することは、健康にも美容にも効果ありとなります。

2、免疫力が高まる!

発汗することで、免疫力が高まる健康効果を得られます。ストレスや病気などに対する抵抗力がつき、免疫力が高まります。

最近、どうでしょうか、少し油断すると風邪を引いたり、仕事でミスをしたり、職場や学校、家庭での人間環境がうまくいかなかったり・・・。

私たちは、ストレス社会に生きていると言われている時代なので、日々の生活にストレスを感じている人が多いのです。

過剰なストレスにさらされると、緊張で汗をかいたりしますね。これは健康に良くない発汗となりますが・・・。

健康に良い発汗は、心身ともにリラックスした状態での発汗であったり、運動後の発汗のように爽快感があるような発汗になります。

汗をかくことは、体調を整えることにつながります。健康でいるためには、体調が整った状態を保ち続けることが大切です。

体調が整った状態、健康な状態を維持することから、ストレスや病気に対する抵抗力が自然と身につき、免疫力が高まります。

私たちの体温は1℃上がると、基礎代謝は10%以上高まると言われています。その結果として免疫力が高まり健康効果を得られます。

冷えや冷え性体質が良くないと言われているのも、この理由が当てはまります。

さらに、この健康効果を得られると、病気にかかりにくい健康的な身体になり、精神面にも強くなれるでしょう。

運動習慣がない人や運動が苦手な人は、健康的な身体になるために、適度に汗をかけることを探してみましょう。

汗をかくことは運動だけではありません。入浴や半身浴、足浴、温泉、スパ、サウナ、岩盤浴、よもぎ蒸し、ホットヨガなどいろいろあります。

3、睡眠効果が高まる!

発汗することから得られる健康効果に、睡眠効果が高まることもあります。

よく運動と一緒に取り上げられる話題になります。運動といっても疲労回復を促す運動を指します。

うっすらとスベスベとした気持ち良い汗をかくことは、心地よい良い疲労となり、夜の寝つきが良くなります。

毎日、ランニングをしたりジムに行くことが難しくても、入浴などの発汗からもこの効果は得られます。

汗をかくことでスッキリとした爽快感を感じることはありませんか?

気持ちの良い汗をかくことで、副交感神経がリラックスするように働きかけてくれます。

副交感神経が活発に働くと、自律神経のバランスが良くなり、効果の高い睡眠につながります。

お風呂などで、じっくりと汗をかくことは、発汗のためもありますが、自律神経のバランスを整えるためにも重要になります。

とは言ってもお風呂の温度には気を付けましょう。熱めのお湯は、逆に神経を高ぶらせてしまうので要注意です。38〜40℃のぬるめのお湯にしましょう。

シャワーですませず、お風呂に入って1日の疲れを取りましょうと言うのは、この健康効果に当てはまっています。

お風呂もそうですが、サウナの健康効果には驚きますね。

例えば、

  • デトックス効果
  • 美肌効果
  • 安眠効果
  • 冷え性の改善
  • 前向きな思考

など、さまざまな健康効果があります。近くにサウナがある人は、行ってみるのもいいですね。

最近は、物を揃えれば、簡単に自宅ででもできる健康法があります。

よもぎ蒸しですね。初めての人は、近くのよもぎ蒸しサロンを探して行ってみるのをおすすめします。

よもぎ蒸しにも

  • デトックス効果
  • 美肌効果
  • 冷え性の改善
  • 安眠効果
  • 爽快感を得られる

などの健康効果があります。

サウナにもよもぎ蒸しにも行く時間がない人や、遠くて行くことが難しい人は、お風呂を楽しみましょう。

毎日いろいろ忙しいと、湯船につからずサッとシャワーで済ます人もいます。また夏の暑い日などもシャワーで済ます人が多いようです。

夏は、エアコンの影響もあり、体温調節が難しい状況になります。

夏場でも、ぬるめのお湯に浸かって疲れを取るように心がけましょう。夏バテの原因は湯船に浸かっていないことだった・・・という話もよく聞きます。

しかし、ちょっと最近疲れてるな〜と疲労を感じたときは、ゆっくりと湯船に浸かってじんわりと汗をかきましょう。

身体を芯までじんわりと温めることによって、リラックスした状態となり自律神経のバランスが整います。

また、入浴後は身体の深部体温が徐々に下がるため寝つきもスムーズになって睡眠効果が高まります。

近くに温泉や健康ランドなどがある人はラッキーです。週末など時間のあるときに、是非利用してみましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

発汗は肌環境の維持に効果あり!毛穴からきれいになろう!