疲れを取るための、1人で出来る簡単マッサージのやり方!

毎日、忙しいと疲れが溜まってきます。思っている以上に身体やココロが疲れているものです。疲れを取るには、規則正しい生活や、食事、運動、休養、旅行など様々な方法があります。ここで忘れてはならないのが、マッサージやストレッチです。マッサージは、至福の時間ですね。疲れを取るマッサージで身体もココロもリラックスさせましょう。

疲れを取るには

疲れを取るために、どのようなことをしていますか?

または、毎日の疲れを、どのように癒していますか?

ほんの少しのマッサージを行うだけで、身体もココロもリラックスさせることが出来ます。

猫は、リラックスの天才だと、勝手ながらに感じています。

怒っている猫を見るときもありますが、たいていは、の〜んびりリラックスしています。

ゴロゴロしていたり、猫のポーズをとってストレッチ?をしていたり、身体を労わっているように見えます。

私たち現代人は、猫のような生活を続けることは難しいですが、日々の疲れを取る、疲れを溜めないという点では、是非ともお手本にしたいところです。

日々の疲れを取るには、休養はもちろんのこと、生活習慣の改善や運動、食事、入浴、旅行、ストレッチ、マッサージなど、様々な方法があります。

中でもマッサージは、身体のコリが気になり、疲れを感じている人に、ピッタリの方法です。疲れを取るには、マッサージ!です。

マッサージに行ったのはいつですか?

ところで、最近マッサージに行ったのはいつですか?先週、今週と答えた人は、行きつけのマッサージ店、お気に入りのマッサージサロンを見つけていると思います。

最近、マッサージに行っていないという人は、近くのマッサージ店に行ってみましょう。

お試しの初回マッサージは、時間も長く、財布に優しい価格となっているところが多いです。

マッサージには、身体のコリをほぐしてくれるので、疲れを取るには最適です。そして、寝ているだけでいいので、極楽気分になれます。

しかし、マッサージも種類や強さによっては、身体に合っていないものもあります。

例えば、マッサージを受けた後ですが、「疲れが取れた〜」、「気持ちよかった〜」という人もいれば、「なんだか痛かった」、「グイグイ押されて余計に疲れた」など、個人差があります。

マッサージを不快に感じる人は、マッサージをしてくれている施術者に、力が強すぎる、弱すぎる、そこは強く押さないでほしい、どのようにしてほしいなど、希望があれば、伝えましょう。

伝えたけれど、変わりがなかった・・・場合は、そのお店のマッサージは、あなたに合っていないとも考えられるので、次は別のマッサージ店に行ってみましょう。

いろいろマッサージのお店に行っていると、マッサージ仕方や時間、雰囲気、価格なども踏まえて、あなたの好みのマッサージサロンを見つけることが出来ます。

見つかったら、そこのマッサージ店に定期的に通うことをオススメします。

疲れを感じてから、マッサージを受けるという人が多いでしょうが、これでは、すでに疲労回復に時間がかかってしまいます。

疲れを取るのが目的であっても、疲れを感じる前にマッサージを受けましょう。そうすると、疲れ知らずの身体になれます。

私は日本に居たころ、週に1回、もしくは2回のペースでマッサージに通っていたときがあります。

病院で夜勤の仕事をしていたのですが、ときには病棟の患者さんのオムツ交換を1時間から1時間半くらいかけて行います。

それが終わると身体はぐったり、ヘトヘトでした。ベッドの高さや室温などのさまざまな環境を考えると看護者の身体に優しい状況ではなかったと思います。

そして元から、腰痛もあり、肩もこりやすかったというのもあるのですが。

夜勤が終わると、そのままマッサージのお店に行って、全身を気持ちよくマッサージして疲れをとってから、家に帰っていました。疲れを取るには、マッサージが最高!

また、マッサージは疲れを取るだけではなく、多くの健康効果があります。

〜マッサージの健康効果〜

  • 血行をよくする
  • リンパの流れを良くする
  • 疲れを取る
  • 精神的な疲れを取る
  • 自律神経のバランスを整える
  • 免疫力を高める
  • 冷えの改善
  • リラックス効果
  • 不眠症の改善

など、多くの健康効果があるとされています。

まずは、筋肉がほぐれることから肉体的な疲れを取ることが出来ます。マッサージ中に眠ってしまう人も多いといい、リラックス効果も期待できます。

マッサージ師の先生から教わったこと!

私はよくマッサージに通っていたので、先生とも仲良くなり、いろいろ質問したり、教えてもらっていました。その先生は、気功の先生でもあり、昔はテレビにも出演していたそうです。

その先生に教わった、印象深かったことを2つご紹介します。

疲れを取るために、役立つと思います。

  1. マッサージは全体的にする!
  2. 水分をこまめに取る!

になります。

1、マッサージは全体的にする!

私はそのとき、肩こりに悩んでいたので、自分で肩ばかりマッサージしていました。

しかし、先生は、「その場所だけマッサージしたくなるのは分かるけれど、それは逆効果。全体的にマッサージするようにしてください。」と。

理由は、コリは局所的にあるように感じますが、全身の血行を良くするほうが、コリを取ることにつながるそうです。

マッサージと一緒に、軽い運動やストレッチを組み合わせると血行が良くなり疲れを取る、疲労回復効果が高まります。

それからは、肩が痛いと肩中心に、腰が痛いと腰中心に、足が痛いと足中心にマッサージしたくなりますが、同じ場所ばかりマッサージせず、全体的にマッサージするようにしています。

お店に行ってマッサージするときは、15分や20分の短時間コースのマッサージも便利ですが、ゆっくりリラックスして、疲れを取るには、60分〜90分、もしくは120分のコースがおすすめです。

2、水分をこまめに取る!

水分補給で、疲れを取ることが出来るのは、体内の水分量を適切に保持することで、血液の循環が良くなるからです。

先生は、よく水分の話もしてくれました。水分をこまめに取ることで、血液の流れも良くなりますし、老廃物の除去を促すことも出来ます。

それにより、活動するためにエネルギーが作りやすい環境になり、元気な状態をキープすることが出来ます。

そして、疲れを取るためには、疲れてからの水分補給ではなく、疲れを感じる前からの水分補給が重要です。

疲れを感じやすい人は、時間を決めて、疲れる前、喉が乾く前に定期的にこまめに水分補給をしましょう。

1人で出来る簡単マッサージ!

今回は、疲れを取るための、1人で出来るマッサージをご紹介していきます。

いくら疲れを取るために、マッサージが良いと分かっていても、そう毎週、毎日、お店に通えるものでもありません。

やはり、自分の疲れは、自分で取ることが出来る!のが一番です。

そこで、マッサージの先生に教えてもらった簡単で1人で出来るストレッチを含めたマッサージをご紹介します。

ポイントは、全身をマッサージすること!です。

やり方は、

  1. 全身の血液が勢い良く循環していることをイメージする。
  2. 手首をゆっくり左右に5回ずつ大きく回す。
  3. 首をゆっくり左右に5回ずつ大きく回す。
  4. 肩をゆっくり左右に5回ずつ大きく回す。
  5. 腰をゆっくり左右に5回ずつ大きく回す。
  6. 膝をゆっくり左右に5回ずつ大きく回す。
  7. 足首をゆっくり左右に5回ずつ大きく回す。

ここまで、立ったままで行います。身体がほぐれていると思います。出来る人は、手や足の指も同様に左右に回してみましょう。

足首を回した後、痛いなと感じる箇所を、自分で優しくマッサージ、さらにその周囲の筋肉を動かすようにマッサージをします。

マッサージの力加減は優しく、時間は5分ほどで良いそうです。

やり過ぎ、強すぎは、NGです。これを毎日でも週2回でも3回でも行うと、体がほぐれます。

もし、始める前から痛みが強すぎたり、疲れがひどくて自分でマッサージする気になれないときは、お店に行ってマッサージを受けましょう。

自分マッサージで疲れが取れやすくなったら、疲れを取るより、疲れにくい身体をつくっていきましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

疲れを取るには、食事も重要!疲労回復に効果的な食材!