身体を温める効果バツグン、生姜料理のオススメいろいろ!

冷えは「万病の元」と言われたり、「老化の元」とも言われています。最近、男女問わず、身体の冷えに悩む人が増えてきています。温活や冷えとりブームはまだまだ続いています。身体を温める効果バツグンの食材、それは生姜!今回は、生姜を使った料理をご紹介します。料理を楽しみながら、美味しく頂いて、身体もポカポカになりましょう!

身体を温めるには、生姜!

身体を温める食材といえば、生姜ですね!

冷えとりや温活している人は、すぐに答える食材でしょう。

漢方の世界でも生姜は身体を温める作用があることで有名です。見てください、この生姜!

見るだけでも、なんだか生命力が湧いてくるように感じませんか?

ところで最近、生姜食べましたか?

生姜を意識的に食べている・食べていないに関わらず、まずは生姜の効果を見ていきましょう。

生姜の効果!

生姜は、身体を温める、ぽかぽかにする効果があることで知られています。

そして生姜が健康に良い・身体を温める効果があるということは広く知られていますが、実は生姜を生で摂るのと、乾燥させた生姜を摂るのとでは違いが出てきます。

その違いを見ていきますと、

生生姜の効果

生の生姜には、ジンゲロールという辛味成分が多く含まれています。

ジンゲロールは加熱や酸化によって変質してしまうため、効果を期待したい場合は、生姜を生のままで食べることが効果的です。

生の生姜を食べることで期待できる効果としては、代表的なものに殺菌効果があります。

お寿司屋さんや回転寿しに行くと、ガリが付いてきますね。生の生姜には、雑菌や寄生虫を抑制する働きがあります。

お刺身などの薬味としてガリこと、生の生姜を添えることは、食中毒の防止に役立っています。

他にも吐き気を改善する効果などもあります。

乾燥させた生姜の効果

生姜を加熱したり、乾燥させたりするとジンゲロールの多くが、ショウガオールという別の成分に変化していきます。

このショウガオールは、生の生姜にはあまり含まれていないため、ショウガオールの効果を得たい場合は、乾燥させたショウガを摂ることが効果的です。

乾燥させた生姜から得られる効果の代表的なものに、「身体を温める」があります。

生姜に多く含まれるショウガオールには、血液の流れを良くして熱を生み出す働きが効果としてあります。

また、乾燥させた生姜の温め効果には、持続性があり、食べたあと数時間にわたって身体を温めてくれるのが特徴です。

そのため、冷え体質改善しておる人には、乾燥させた生姜がオススメされています。血液サラサラを目指しましょう!

生姜を乾燥させる方法!

  1. 生姜を薄くスライスする
  2. 100度くらいに熱したオーブンでパリパリになるまで焼く
  3. 粉末状にしたい人は、フードプロセッサーなどを使って、粉末状にする
  4. 瓶などの容器に入れて冷蔵庫で保管する(1か月は保存可能です。)
  5. 出来上がり!

粉末にしない人は、オーブンでパリパリになるまで焼いたら、出来上がりです。

他のオーブン料理を作るときにまとめて一緒に作ってしまうと、時間も短縮できて楽チンです。

私はオーブン料理のたびに、生姜を乾燥させています。

生姜の効果についてもっと詳しく書いていますので、ご覧下さい!

ぽかぽか温活ライフ!冷えによく効く、生姜の効果・効能!

生姜料理はいろいろ!

生姜を使った料理はいろいろあります。例えば、

  • 生姜焼き
  • 生姜のスープ
  • 生姜のタレ
  • 生姜を使った煮物
  • 生姜のジャムやシロップ
  • 生姜の飲み物

など料理の種類は多くあります。

生姜は肉料理と相性がとても合います。魚の煮付け料理にもよく合います。おいしいですよ〜。

お料理が得意な人は、生姜を使っての、いろんな味のバリエーションが広がるでしょう。

生姜は薬味にもなって、身体も温めてくれるので、普段の料理にどんどん使っていきましょう。

生姜を使ったオススメ料理!

オススメ料理は、「豆腐と野菜のあんかけ」です。所要時間は、20分くらい。

材料(2人分)

  • もめん豆腐・・・1丁
  • にんじん・・・20g
  • 玉ねぎ・・・1/4
  • しめじ・・・50g
  • オリーブオイル・・・大さじ4

タレ

  • 麺つゆ(2倍もしくは3倍濃縮)・・・60ml
  • 乾燥生姜・・・小さじ1もしくは2(生生姜の場合は15gくらい)
  • 水・・・100mlくらい
  • バルサミコ酢・・・大さじ1
  • 黒砂糖・・・大さじ1
  • 片栗粉・・・小さじ2

になります。

作り方は、

  1. もめん豆腐をキッチンペパーで包んで水切りして7ミリくらいの暑さに薄くきる。
  2. 他の野菜を食べやすい小さめの大きさに切る
  3. フライパンにオイルを入れて、豆腐の表面がパリパリになるまで焼いて、お皿に盛り付ける
  4. 同じフライパンで野菜を炒める
  5. タレを入れて、ひと煮立ちさせて、とろみが付いたら豆腐の上にかける
  6. 出来上がり!

生姜を使った簡単な料理になります。味も美味しくご飯も進むでしょう。

料理の苦手な私でも作ることが出来、美味しいのでかなりの頻度で作っています。

甘酸っぱいようなあんと豆腐のパリッと感の相性はバツグンのお豆腐料理になります。

一度、お試しくださいませ。

ちょっぴり料理!

どちらかと言うと料理は苦手という人、基本的に料理はしない人もいるでしょう。

そんな人には、ちょっぴり料理をご紹介します。

ちょっぴり料理に大活躍するのは、チューブ入りの生姜です。

ちょっぴり料理1:生姜入りインスタント味噌汁

材料

  • インスタントの味噌汁
  • チューブ入り生姜

作り方

  1. インスタントの味噌汁を作って、チューブ入り生姜をお好みで混ぜるだけ。

料理?と言えるのか分からないくらい簡単、しかも美味しいです。

ちょっぴり料理2:生姜醤油

これは料理と呼べないと思いますが、お刺身を食べるときの醤油に、チューブ入り生姜をお好みで混ぜてみましょう。

えええ・・・美味しいの?これが、案外いける味になります。

生姜の辛さが気に入っている人には間違いないでしょう。

ちょっぴり料理3:生姜ジャム

これは料理と呼べるでしょう。

材料

  • 生姜・・・100g
  • 黒砂糖・・・80g
  • レモン汁・・・大さじ1
  • オリーブオイル・・・25ml

作り方

  1. 生姜をよく洗って、皮ごとフードプロセッサーかミキサーにかける
  2. 1に黒砂糖を混ぜる。水分が出るまでしばらく置いておく
  3. お鍋に2とレモン汁を入れて弱火で30分ほど煮込む
  4. 少しとろみがついてきたらオリーブオイルを入れてよく混ぜ合わせる
  5. 出来上がり

きれいな瓶に入れて、冷蔵庫保管しておきましょう。私の経験上、2〜3週間保存でき、美味しく食べることができています。

ジャム料理は煮詰めるだけなので、結構簡単です。パンに塗ったり、ヨーグルトに入れてみたり、紅茶に溶かして飲んだり出来ます。

このジャム料理は一度作っておくと、肉料理と非常に相性が良いので、使い勝手が良いです。

材料は少なめにしています。もう少し作り置きしたい人は、2倍量で作ってみましょう。

どうしても料理は・・・という方は飲み物に!

料理・・・ちょっと・・・という人は、生姜湯や生姜紅茶、日本酒などの飲み物に入れて試してみましょう。

どうしても辛味が苦手という人は、市販の生姜クッキーやキャンデーもあります。

お砂糖の甘さと生姜の辛さがミックスされて、美味しいです。

特に料理をしなくても、生姜を食べることは出来ます。実際、寮生活をしていたときは、毎日、自由に料理できる環境ではありませんでした。

他にも、普段の料理以外に料理したくないという時は、こだわらなくても大丈夫です。

風邪の予防にも生姜は大きな効果を発揮します。市販ののものを上手く活用して気軽にポカポカ生活・生姜の効果を楽しみましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

体を温める食べ物で免疫力アップ!風邪を予防しよう!