冬だけじゃない!夏も腹巻で、お腹を温めて温活!

温活は、冬だけではありません。ぽかぽか体質を目指すには、冬も夏も関係なし。夏も温活ライフを続けましょう。最近は夏でも寒いと感じる人もいます。温活のマストアイテムの1つである腹巻。腹巻は一度着用すると、手放せないくらい温かく気にいることでしょう。腹巻でお腹を温めると冷えにも強くなり、お腹の調子も良くなります。

温活は冬だけじゃない!

温活ブームはまだまだ続いています。

なぜ、これほど温活、温活と言われているのでしょう?

それは、あまりにも冷えを感じている人が多いから。寒がりの人がおおくなってしまったのでしょう。

エアコンの普及は私たちに涼しさを与えてくれましたが、同時に寒がりな体質にもしてくれています。

私たちの体は、だんだん体温を調節する機能が衰えていってしまっているように感じます。だからといって、エアコンなしの生活は出来ていないのですが・・・

温活を真剣にしている人や本気で体質改善している人などは、エアコンは思い切って捨てた!なんて人もいます。すごい!!

これには、驚きましたが、温活や健康にとっては良い暮らしだと言えます。

冬に一生懸命に温活していた人も、夏になると温活はしていないという人もいます。このケースの人が多いのではないでしょうか。

冬は気温が下がり、誰しも体を温めようと温活しています。冬が終わり、春が過ぎ夏が来るとどうでしょう?

夏は薄着で過ごすことが多い

夏になると、自然と気温もあがり、薄着で過ごすことが多くなります。

Tシャツ、半ズボン、短パン、ノースリーブや水着もそうですね。

夏らしくて、涼しさも感じられるのですが、この格好のまま、エアコンの効いた環境に長時間いたりすると、身体の体温は奪われていき寒さを感じ始めます。

薄着で過ごすことが増えると、冷え体質の人は、自然と身体も冷えやすくなっていきます。

身体が冷えると何が問題になってくるかと言うと、人それぞれですが、さまざまな症状が出てきます。

例えば、冷えが気になる、手足が冷たい、頭痛、腹痛、胃痛、眠れない、頭がぼーっとする、やる気が出ないなど。

最近は、エコのために、クールビズなども行われており、エアコンの温度も比較的高めに調整されているところも多いと聞きます。

クールビズは、温活している人にとって大変メリットになっています。

オーストラリアに来て驚いたこと!

オーストラリアに来て驚いたことがあります。それは、薄着の人が多いことです。夏は特に。

民族や人種が違うと体温感覚も異なってくるのでしょうが、夏も冬も薄着の人が多いです。

日本人や韓国人、オーストラリア人、アメリカ人、他の国の方も一緒に働いている事務所は、おかしな光景になっています。

夏、オーストラリア人やアメリカ人は暑がりの人が多く、エアコンをガンガンかけます。彼らは、暑いと言います。

日本人や韓国人などのアジア人は、寒いと言って、上着を羽織っています。彼らは寒い〜と言っています。

会社だけではなく、私の通っている語学学校でも同じようなことが起きています。

夏は、当たり前のように、エアコンをかけます。そして、なぜか、冬も寒いのに、エアコンが付いています。

寒い限界に近づくと、ある生徒がようやく先生や他の生徒に、「エアコンを消しても良いですか?」と聞きます。

何人かは、「ありがとう。私も寒かった・・・」という生徒もいる中、先生は、「寒いなら良いよ」と言ってくれます。

他の生徒はというと、「良いよ」と言ってくれる人もいれば、「え〜私は暑いのに」、「なぜ、寒いの?」など人によって違います。

ほかにも、田舎やビーチの近くのスーパーマーケットでは、水着のまま入っていく人もいます。足は裸足です・・・。

スーパーマーケットは、夏でも、食べ物の鮮度を保つために気温が低く設定されています。それなのに、夏でも水着のまま、裸足?え〜寒くないの?と思いました。

さらには、妊婦さんも見かけたことがあり大変、驚きました。

温活のマストアイテム、腹巻!

いろいろ人種によって体感温度は違うと言っても、日本人は寒がりの人が多いのです。

これだけ温活が流行っているのもよく分かります。

冷えから、いろいろな病気が引き起こされるとも言われていますし、寒さを感じている人は、身体を温かくした方が健康にも美容にも精神的にも良いのです。

温活しなくても身体が温かさを感じられるくらいの体温をキープすることが出来るのが理想的です。

最近は、温活グッズはいくつもあります。

その中でも腹巻は必須アイテムでしょう。

腹巻は、お腹につけるだけなので、簡単です。私が腹巻を初めてつけたときは5歳くらいだったと思います。

自分から腹巻をつけたのではなく、母親がつけてくれました。その当時、寝る前には布団をかぶっているのに、朝起きたら布団がベッドの下に落ちていることがよくありました。

夜中に暑さか、寝相の悪さから布団がベッドの下に落ちてしまうのです。その結果、お腹が冷えてしまい、腹痛を感じていました。

そこで母が考えてくれたのが、腹巻をして寝ることでした。この腹巻の効果はすぐにありました。

夜中にお腹が冷えることがなくなったので、腹痛を感じなくなりました。

他の腹巻効果もまとめてみました。

腹巻の効果

  1. 身体が温まる
  2. ダイエット効果が期待できる
  3. 便秘を予防できる
  4. 生理痛を緩和できる
  5. 風邪を引きにくくなる

など腹巻をつけるだけ、寒がりさんは多くのメリットを得ることが出来ます。

効果1、身体が温まる

腹巻でお腹を温めることが出来ます。お腹が温まると全身の血流も良くなり、冷えが改善されます。

寒がりの人は、薄着で過ごすことが多くなる夏でも腹巻をしてお腹を常に温めてあげましょう。

特にエアコン環境で仕事している人は、夏も腹巻をして温活しましょう。

効果2、ダイエット効果が期待できる

腹巻でお腹を温めることによって、臓器の働きも活発になります。そして基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がると、エネルギーの消費量も増え、脂肪燃焼もスムーズに行われるようになります。

その結果、結果太りにくい体を作ることができ、ダイエット効果も期待できます。

むくみが気になる人も腹巻をして腎臓を温めましょう。尿の排出機能が活発になり、むくみの改善にもつながります。

効果3、便秘を予防できる

便秘の人は、お腹を温めると良いと聞きませんか?

お腹を温めることで、血流が良くなり、リンパの流れも改善されて、尿や便などの老廃物を出しやすい環境になります。

冷え体質で便秘の人も、腹巻をつけてお腹を温めてあげましょう。

効果4、生理痛を緩和できる

身体が冷えていると、生理痛がより辛くなったり、生理不順が起こってしまうことがあります。

腹巻で子宮周りを温めることで、ホルモンバランスが整いやすくなります。

生理痛がつらい人は、薬を飲むだけに頼るのではなく、腹巻でお腹全体を温めてみましょう。

効果5、風邪を引きにくくなる

基礎体温が低いと、風邪やインフルエンザなどにウイルスへの抵抗力が下がってしまいます。

さらに、がん細胞にとって居心地の良い環境までも作ってしまいます。

体温を1度上げることで、免疫力5倍ほどアップするそうです。

病気や風邪ウイルスに負けない健康な体を作るためにも、温活しましょう。

温活には冬も夏も関係なし!

冷え体質、寒がりの人、冷えから下痢しやすい人などは、温活生活に励みましょう。

温活に冬も夏も関係ありません。

は油断しないように気をつけましょう!

夏用の腹巻・冬用の腹巻・シルクや綿、ウールの腹巻などお好みの腹巻を揃えて、1年中付けておくつもりでいましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

ぽかぽか温活ライフ!冷えによく効く、生姜の効果・効能!