温活すると、便秘が改善した!下痢になるほど効果あり!

女性は冷えやすい上に、便秘になりやすい人が多いのです。私もそうでした・・・。ひどい時は1週間以上も排便がない時もありました。おまけに極度の冷え性でいつも手足は冷たく、顔色も悪く貧血気味で、体調不良まっしぐらでした。あれこれ温活を試しているうちに頑固な便秘を解消できました。腸を温める温活で、便秘を改善させましょう!

温活とは

温活ブームの到来でしょうか。

温活ファンが増えているのは、冷えに悩んでいる人が多いからです。

冷えが気になる人は、温活をして身体を温めましょう。

温活とは、普段から身体を温める活動の総称になります。

温活をすると、自分の身体への意識が高まり、健康になれます。温活を始めると、冷えに始まり、貧血や生理痛、偏頭痛、便秘などの症状が改善する人が多いのです。

私もそのうちの一人です。温活を始める前は、手足の冷え、貧血、顔色が悪い、便秘など体調不良をたくさん抱えながら生活していました。

少しでも体調が悪いと、人間気分もブルーになり落ち込みやすくなります。

冷えから、うつ傾向、うつ病になる人もいます。実際に寒い地域に住んでいる人は暖かい地域に住んでいる人より、うつ病に罹患する割合が高いそうです。

冷え性に、さまざまな体調不調・・・

冷え性・・・これは体質かしら???

体質とも捉えることが出来るし、生活習慣の積み重ねとも言えるでしょう。

どちらにしても冷えやすいのは確かでした。

冷えを放っておくと、良いことありません。その他にも、症状が増えていきます。

私の場合は、

  • 貧血気味になりフラフラ
  • 生理痛がひどくなり診察を受けることに
  • 便秘がひどくなってしまった
  • 顔色が悪いと言われるように
  • 風邪を引きやすい
  • 花粉症の症状が悪化・・・

など、冷えを放っておくと他の症状まで悪化させてしまいます。

健康が一番ですが、皆さんそれぞれ自分の弱点があると思います。

例えば、何かしら強いストレスを感じたとします。

  • 頭痛になりやすい人
  • 腹痛を感じる人
  • 便秘や下痢になる人
  • 夜眠れなくなる人
  • 食欲がなくなる人
  • 食欲が止まらない人
  • 関節が痛くなる人

など、人は自分の弱いところに症状が現れやすくなります。

冷えはその症状を助長させることになるでしょう。

私の症状は、年々悪くなっていきました。

顔色まで悪くなってしまったときは職場の方々にも心配をかけてしまいました。

何か病気かもしれないと思い、健康診断を受けましたが、結果は問題ありませんでした。とりあえずは安心しましたが、そこから、健康に対する意識が強くなったと感じています。

ひどい便秘に苦しかった

特に、便秘には苦しみました。本当に1週間以上出ない時もありました。

しまいには、夜に異常なほどの腹痛に襲われて倒れてしまいました・・・。

救急車で病院に搬送してもらい、レントゲンを撮ったところ、腸に排便がぎっしりと詰まっていました。

幸い、浣腸液や下剤で対処することが出来ましたが、医師もかなりビックリしていました。「危なかったね」と言われた時は、本当に怖かったです。

便秘で死ねるという意味を身を以て理解することが出来ました。

よく、便秘、便秘と言ったり聞いたりしますが、便秘の定義も実は明確には決まっていません。

それは、排便状況には個人差があるからです。

  • 1日に1回
  • 1日に2回、3回
  • 2日に1回
  • 3日に1回
  • それ以上

と、個人差が大きいために明確には定義できないようです。しかし目安として3日排便がない人は、何かしら便秘対策を始めた方が良いでしょう。

「人は、下痢では死ねないけれど、便秘では死ねる」と言われているように、便秘は身体にとっての危険信号と捉えましょう。

本来、排便ででるはずの排泄物をずっと腸の中に溜めることになりますので・・・。

そうひどくない便秘であれば、薬局で整腸剤を試してみましょう。あとは乳酸菌サプリなんかも便秘改善に効果的です。

自分でいろいろ試してもなかなか便秘が改善しない時は、まずは近くの医療機関に相談するのが良いでしょう。便秘の種類にもより、薬も異なってきます。

腸を温めると便秘が改善した!

便秘は、とても苦しいですね。お腹も張ってくるし、気分も悪くなります。

便秘対策をあれこれ試していたところ、たまたま職場の上司が「ホッカイロをお腹に貼ってみれば?いつも寒い寒い言ってるし。お腹から温めればいいんじゃない?」と言いました。

そのとき、ホッカイロを腰に貼ってはいたのですが、お腹には貼っていませんでした。

試しに、次の日、お腹と腰に貼ってみました。その日はお腹まわりがとても温かく感じて、日中に眠気を感じる以外は何もありませんでした。

しかし、その翌日、いつもより排便がスムーズ??と感じたのです。うさぎのコロコロうんちではありませんでした。

「これって、お腹にホッカイロを貼ったから??いや、きっとそうだ。」と自分を疑いました。

便秘対策にあれこれ試してみたものの、効果が感じられなかったのに、温活の1つとして、お腹と腰にホッカイロを貼っただけで、便秘が改善できました。

続けていると、下痢になった日もあったくらいです。便秘で苦しんでいるときは、下痢でもいいから出したいと思っていたので、とても嬉しかったです。

あんまり下痢が続くのも、辛いので、様子を見ながら、貼らない日を作ったり、腰だけ、お腹だけなどにして調整してみました。

お腹や腰にホッカイロを貼ると、長時間連続でじんわり腸を温めることが出来ます。

便秘で苦しんでいる人は一度、お試し下さい。

ただ、こちらのお腹の温活は、デメリットもあります。それは、夏には適していない点です。

冬なら、ホッカイを貼っていても、特に支障はありません。温かくて気持ち良いです。

しかし、夏にホッカイロ・・・暑くて暑くて、これは私は出来ませんでした。

小さなホッカイロに変えたりもしましたが、続きませんでした・・・。夏は夏で、また別の便秘対策を取るのが良いでしょう。

こちらのホッカイロで腸を温める温活は冬限定となりそうです。季節に応じて、温活を変えていくと身体と向き合うことが出来ます。

快眠・快食・快便で健康になろう!

私たちにとっての健康の原点は、快眠・快食・快便ですね。

眠れないと次の日、エネルギー不足・・・

食べれないと、同じくエネルギー不足・・・

出せないと、体調がわるくなる・・・

と眠れなかったり、食べることが出来なかったり、排便がなかったり、どれか1つが欠けると、たちまち体調を崩すことになります。

健康を維持するには、どれも重要です。

排泄については、通常であれば、1日に1回の排便がほしいところです。

朝に腸の大蠕動運動が起きやすいので、温かい朝食を食べましょう。

そして、朝に落ち着いてトイレに座る時間を作れるように、時間にも気持ちにも余裕を持ちましょう。

この朝の排泄のゴールデンタイムを逃さないためにも、早寝早起きや規則正しい生活が重要になってきます。

冷えに便秘、他の症状などで悩んでいる人は、一度、生活習慣の見直しをしてみましょう。どこか改善できるところがあるはずです。

秋〜冬〜春は、是非ともホッカイロで腸を温める温活を取り入れて、排便を促すようにしましょう。

他にも、温かい飲み物を飲んだり、入浴で身体を温める、運動などの温活も一緒に行うとさらに効果が高まります。

お腹の温活は、便秘に大変効果があり、医療現場でも温罨法と呼ばれ、看護のケアの1つでもあります。

こちらの記事もご覧下さい!

温活は、ダイエット効果が期待できる、目指すは代謝アップ!