夏でも温活、ダイエットに成功するためのポイント3つ!

温活といえば、冬?夏?いえいえ、温活に季節は関係ありません。冷え体質の人は、夏冬問わずに、温活を続けて下さい。温活は冬だけ、夏は大丈夫〜といって、温活をしないでいると、夏太りしてしまい、ダイエットにも成功しません。夏でも無理なく温活を続けられる、かつダイエットにも成功するためのポイントを3つまとめてみました。

夏の温活は続かない・・・

秋冬は、気温自体が低いから、温活も続けやすいのです。温活が楽しく感じる季節です。

しかし夏の温活って、実は続かなかったりします。

だって、夏は暑いから。

気温が高い、猛暑の夏、熱帯夜・・・。

せっかく温活していてもあまりの暑さで、気が狂いそうになるときもあるでしょう。

夏の温活に楽しさを感じれなくなる人が多いのです。

暑い夏・・・どこか涼しい場所に避難したいと思う人も少なくありません。実際、温活どころではなくなったりもします。

暑い暑いと言っているうちに、温活していることを忘れてしまうことが多く、夏の温活は続けることが大変難しいのです。

温活とは

もともと温活とは、普段から身体を温める活動を言います。

温活をすることで、自分の身体、健康に対する意識を高めることが出来ます。

温活により、冷えや貧血、生理痛など女性特有の症状を改善することが出来ます。

もし今ある症状が、少しでも楽になれば良いなと思いませんか?

温活を続けていくことで、冷え体質が改善されていくため、今困っている症状の改善も十分期待できます。

温活といえば、冬でしょうか?夏でしょうか?

まず、温活に季節は関係ありません。といっても、はやり秋冬の温活の方が続けやすいことは確かです。秋冬は気温自体が低いので、自然と温活を続けやすいのです。

私は温活を始める前は、冬が苦手でしたけど、今では冬に対する苦手意識もなくなり、少しずつ冬もいいな〜なんて思っています。温活パワーですかね。

冷えやすい人や冷え体質の人は、夏冬と季節を問わずに、温活を続けましょう。

温活は冬だけ、夏は大丈夫〜といって、温活をしないでいると、冬に冷えやすい身体になってしまったりします。自律神経も乱れて、他の症状に悩まされることもあります。

おまけに夏太りしてしまったり、ダイエットにも成功しません。夏の温活やダイエットって楽しさを感じられず、中断する人が多いのです。

夏は代謝も下がりますから、痩せたいと思ってダイエットをしても効果がなかなか得られないのが現状のようですし・・・。

ダイエットに関して言えば、冬の方が効果が出やすいと言われていますしね。

そこで、夏でも無理なく温活を続けられる、かつダイエットにも成功するためのポイントを3つまとめてみました。

夏の温活、ダイエットにも成功するには?

最近は、夏でも寒さを感じている人が増えてきているそうです。

夏の冷え性です。これは大変つらいでしょう。

服装で調節していると、なんだか変・・・病気がちのように見えてしまいます。

夏に温活、ダイエットに成功するにはある程度の知識と準備が必要になります。

だって、夏は、暑い、猛暑・・・そのまま過ごしていると、夏バテしてしまたり体調を崩してしまい、夏が終わってしまうなんてこともありえます。

夏を快適に健康に過ごせるように、夏の温活、ダイエットのポイント3つを押さえておきましょう。

こちらは最低限のポイントになります。温活もダイエットも基本はまず、健康であることが大切です。

夏の冷え性の方は、過ごし方に特に気をつけましょう。温活しているという意識を持つことが重要です。

夏の温活・ダイエットのポイント3つ!

夏はこれでもかっというほど気温が高くなる日がありますね。

そんな日は涼しい環境に身を置くようにしましょう。

何もしなくても夏バテや体調不慮になりやすかったりするのが夏です。

暑さで倒れてしまっては、温活どころではなくなります。もちろんダイエットどころでもありませんね。

夏の温活やダイエットに共通する3つのポイントをまとめました。

ポイント1:水分補給をまめにする!

は、水分補給が大切です。気がつかないうちに脱水状態になっていることもあります。

水分補給は運動するときや喉が渇いたときだけでは十分ではありません。

1日、1.5L〜2.0Lの水分補給は必要と言われています。

何の温活をするかにもよりますが、入浴やサウナ、よもぎ蒸し、運動などを取り入れている人は、水分補給をしっかり行いましょう。

夏はついつい冷たいものを摂取しがちです。温活の基本は常温水です。常温より冷たいものは胃腸を冷やすと言われています。

なるべく口にするものは常温のものにしましょう。

こまめな水分補給でオススメなのが、生活の木の「私は30日茶」のハーブティーは飽きることなく続けることが出来ます。

私の友人は、「BCAA」の粉末状のスポーツドリンクを常温でいつも持ち歩き、朝に最低500mlは飲んでいるそうです。

今日も飲んでいて、ドリンクの色が青かったので、思わず「おいしいの?」と聞きました。

さっぱりしていて飲みやすいそうです。その友人は温活はしていませんが、ダイエットの代謝を上げるために、朝にスポーツドリンクを飲んでいるそうです。

午後は、水やお茶などを飲んで、代謝アップを目指しているそうです。何Kg減のダイエットかは聞いていませんが、成功を願っています。

ポイント2:無理をしない!

温活の飲み物は基本、常温と言いましたが、夏バテや熱中症気味、体調が悪く冷たいものを身体が欲しているときは、冷たいものを飲みましょう。

あんまり無理をしていると、本当に熱中症になってしまったり、脱水傾向になり、頭痛や吐き気に悩まされることにもなりかねませんので・・・。

夏の温活やダイエットは、体調を崩しやすく、続かない原因だったりもします。

夏の温活、ダイエットには、〜〜した方が良い、〜〜してはいけないなど色々ありますが、まずは体調を見ながら行うようにしましょう。

少し体調が悪いなと感じたときは、休養が必要なサインと捉えて、休むようにしましょう。

そして、夏といえば冷房対策ですね。クールビズとはいえ、やはりまだまだオフィスやコンビニ、電車内など冷たく感じる場所があります。

とにかく冷えないようにすることが一番です。冷えてしまうと体調が崩れてしまいますので・・・。

汗をかいたときもすぐに拭き取れるようにしたいものです。なぜなら汗は一気に熱も一緒に奪ってしまい、寒さを感じるようになるからです。

自宅であれば、エアコンの設定温度を自由に調節できますが、外はそうもいきません。

少し荷物にはなりますが、カーディガンやストールなどを持ち歩いて、寒いと感じたら、すぐに着るようにしましょう。

ポイント3:クールダウンも必要!

温活をすると、体重が減ることもしばしばあります。それは温活により身体が温まり代謝が良くなるためです。

ダイエットも代謝を良くすることがポイントになってきます。そのため、寒さも体重も気になっている人にとって温活はダイエットにもなり、ダブルでお得ち言えます。

温活もダイエットも続けることが重要!これは一緒です。今日だけの温活、今日だけのダイエットでは期待する効果を得ることは難しくなります。

そこで一生懸命に続けようとするものの、実際の生活の中ではさまざまなことが起こります。

そんな時は、クールダウンが必要になってきます。

ちょっと疲れたなと思ったり、そろそろ休みたいな、例えば、アイスクリームが食べたいな〜と思った時は、クールダウンの日を作って、休むようにしましょう。

温活にもダイエットにも成功するには、時にはクールダウンが必要です。

そうすることで、温活もダイエットも長続きしやすくなります。

こちらの記事もご覧下さい!

油断できない、温活中の夏パジャマ、どうしていますか?