温活おやつで、身体を温めながら免疫力もアップ!

寒さもピークに感じる真冬・・・冬は温活しやすい良い季節でもあります。身体が冷えると免疫力が下がってしまい、風邪やインフルエンザにもかかりやすくなってしまいます。せっかく温活しているなら、おやつにも気をつけたいところです。温活おやつを美味しく食べて、身体を温め免疫力もアップさせましょう!

温活とは

温活ブームはまだまだ続きます。温活ファン、温活女子会など、温活はどんどん広がっています。

温活とは、普段から身体を温めることで、自分の身体への意識を高めて、冷えや貧血など女性特有の症状に前向きに向き合う活動です。

暑がりさんではなく、寒がりさんの人の方が多い傾向にあります。冷えに悩む人が多くなっているのでしょう。

何より私も極度の冷え性、冷え体質だったので気持ちはよく分かります。

暑いと感じる日もありましたが、夏でも寒かったです。今振り返ると、上手に体温調節が出来ていなかったように思います。

当時は、温活について調べ身体を冷やさないように、温めようとできる限りに温活を行っていました。

最近は、夏でも冷えに悩んでいる人が多いのです。年がら年中、冷えを気にしているとプールや海を楽しむことが出来ません。

夏でも冷えを感じている人は、寒いだけですから無理にプールや海に入らない方が良いでしょう。

それより、夏でも冬でも温かい温泉やサウナなどがオススメです。夏に温泉に入ると、汗びっしょりになりますが、身体がスッキリします。

水分補給をこまめにしながら、温泉やサウナで身体を温めましょう。温泉やサウナに行くと、気分転換にもなりますが、自宅の浴室でも十分、温活出来ます。

ゆっくり半身浴したり、交互浴をしたりして、じんわ〜り身体を温めましょう。自宅の浴室なら、毎日気軽に温活出来ます。

自宅の浴室は、温活に最適の場所です。最大限に温活に活用して、ポカポカ体質を目指しましょう。

冷えにも個人差があるために温活にも、色々あります。

  • とにかく身体全体が冷える人
  • 手や足先だけ冷える人
  • 背中がゾクゾク冷える人
  • お腹が冷える人
  • 太ももが冷える人

など、冷えやすい場所は人によって違います。冷えから、頭痛や貧血、気分不良になったりもします。

温活を始めると、重ね着をしたり、靴下にこだわったり、手袋やマフラー、ホッカイロなどを使って、身体の外から温めようとしていきます。

さらに温活をしていく中で、毎日の食事にも気を遣っていくと思います。

身体を温める作用のある食べ物や飲み物なども、日々の生活に取り入れて身体の中から温まるようにしていきましょう。

冷えは、外からのアプローチも大切ですが、冷えを改善するために血液のめぐりを良くしたいので、身体の中から体質改善していくことが重要になります。

血行不良は、冷えだけではなく肩こりや頭痛、貧血などさまざまな不調を引き起こします。

以前、数学塾でも温活していました。身体を内側から温める飲み物・食べ物などもこちらで、ご紹介しています。

ズボラな私でも、今でも温活を楽しく続けることが出来ています。温活の参考にしてみてください。

身体の不調も改善!温活にオススメの3つの飲み物・食べ物!

温活おやつには、何が良いの?

食事に気をつけていると、そのうち「おやつ」も気になってきます。

一息ついたらおやつ、小腹が空いたらおやつですね。

おやつの時間は子供も大人も大好きです。

おやつといえば、キャンディーやチョコレート、ドーナッツ、アイスクリーム、クッキー、ケーキ、プリン、ヨーグルト、おまんじゅうなどたくさんあります。

温活おやつについて見ていきましょう。

おやつには、ドライフルーツやせんべいなどが良いとされています。

白砂糖やバター、牛乳は身体を冷やす食べ物と言われています。そのため、クッキーやケーキは身体を冷やすおやつと言えます。美味しいのに・・・残念ですね。

一方で、黒砂糖や黒ゴマ、あずき、ドライフルーツは身体を温めるおやつになります。

おやつを食べるときは、ドライフルーツや黒ゴマせんべい、あんこの和菓子などを食べると温活にぴったりです。

高カカオのチョコレートも身体を温める効果が期待されているようですので、チョコレートを食べるときは高カカオにしてみましょう。

私のオススメ2つの温活おやつ!

おやつは、季節や年齢によって好みが変わってきます。

子供のころは、おまんじゅうを美味しいとは思っていませんでした。どちらかと言うとチョコレートやキャラメル、キャンディーなどを好んでよく食べていました。

だからといって食べないのではなく、おまんじゅう食べたい!というなんとも矛盾している子供でした。

温活おやつでオススメなのが、

  1. プルーン
  2. しょうがジャム

になります。

温活おやつ1:プルーン

女性は特におやつにプルーン、食べて欲しいところです。

プルーンは、ミネラルフルーツとも呼ばれるほど、カルシウム・鉄分・カリウム・カロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE・ナイアシン・パントテン酸などの栄養素がバランス良く含まれている優れた食品です。

プルーンは豊富なミネラルや鉄分により、血液の血行を良くし、新陳代謝を活発にしてくれます。

肩こりや低血圧、冷え性を防ぐほか、更年期障害を乗り越えることも出来ると言われています。女性にぴったりのおやつです。

プルーンは、新陳代謝を活発にして、血液の流れをよくすることから、手足が冷えやすい人や血圧が低めの人、貧血気味の人におすすめの温活おやつになります。

温活おやつとして、プルーンをバッグに入れておくと手軽に食べることが出来ます。

温活おやつ2:しょうがジャム

温活、身体を温める食材といえば、「しょうが」です。

しょうが、ジンジャーは身体を温める食材として有名ですが、味に辛味があります。

その辛味成分にポカポカ効果があるのですが、どうしても・・・という人には、しょうがジャムがおすすめです。

しょうがジャムは、しょうがの辛味が抑えられています。ハチミツなども入っており甘みがあり口当たりがよく美味しく食べることが出来ます。

身体を冷やすと言われているパンなどにも、トーストして温めて、しょうがジャムを塗って食べれば、温活おやつに大変身!しかも美味しい!

ほかにもヨーグルトにフルーツソースのようにかけたり、お砂糖のかわりに紅茶やコーヒーに入れることも出来ます。

本来コーヒーは身体を冷やすと言われていますが、温かくしてしょうがを入れれば、温活中もコーヒーを楽しむことが出来ます。ただし、コーヒーは飲みすぎに気をつけましょう。

コーヒーは身体を冷やす作用があると知らなかったときは、1日に6〜8杯くらいコーヒーを飲んでいました。寒い寒いと言いながら、コーヒーをガブガブ飲んでいた状況ですね。

カフェイン中毒にもなっていたせいか、コーヒーを飲まないとソワソワしたり、イライラしてきたりしていました。コーヒーは飲みすぎには気をつけましょう。

美味しい温活おやつでポカポカ体質に!

プルーンやしょうがジャムがいくら温活おやつに良いと知っても、味の好みは人それそれ。

温活は、身体の内側からの体質改善でもありますので、少しづつでも長く続けることがポイントになってきます。

美味しいと感じることが出来ないと継続することが難しくなるので、しょうが入りのクッキーやキャンディーなども上手に取り入れて温活おやつにもバラエティーを持たせるようにしていきましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

毎日お茶を飲むだけで、温活生活を続けることが出来る!