汗の匂いが気になっている方!汗腺を鍛えるには運動が効く!

何となく気になる汗の匂い・・・私だけかな?この匂い、周りにも匂っているのかな?自分の汗の匂いが臭い・・・。汗って、毛穴から出ているように思いますね、でも実は皮膚の下の汗腺と呼ばれるところが関係しています。汗腺を上手に鍛えると汗の匂い対策にもなります。汗腺を鍛えるためにも少しずつ運動してみましょう。

汗腺とは

汗の匂いや量は、ある日突然、気になり出したりします。

この匂いは私だけかな?こんなに出るものなのかな?などなど。

そして汗の話しって少し恥ずかしかったりしませんか?

汗は、毛穴から出ているように思いますが、実は皮膚の下の汗腺と呼ばれるところが関係しています。

えっ、汗腺?汗腺って何だろう?汗腺ってどこにあるのだろう?

汗腺とは、汗を作って、皮表に分泌します。そして、体温調節の作用と小規模的な排泄作用を行っている腺になります。

汗腺は、真皮の深くから皮下組織に埋まっています。

汗腺の数

いったい汗腺の数っていくつあるのだろう?

私たちの身体においての汗腺の総数は、約300〜400万個と言われています。また全ての汗腺が活動しているわけではありません。

発汗機能を表している汗腺の数は、約230万個と言われ、汗腺には、個人差もあります。

汗腺の分布密度は、多い順から言うと、前額・足底・手のひら・手の甲・足の甲となっています。

汗が出るのはどうして?

汗の最も重要な働きは、皆さん実感しているように、体温調節になります。

気温の高い環境にいるときは、体温が高くなりすぎないように、身体中にある汗腺を通して汗を出てきます。そしてその水分の蒸発を利用して、身体の熱を下げようと働きます。

体温調節の他にも、汗は、精神性の発汗や味覚性の発汗があります。

汗腺の種類とは

汗は、大きく分けてエクリン汗腺から出る汗と、アポクリン汗腺から出る汗があります。

エクリン汗腺は、ほぼ全身にあります。匂いがなくサラサラしています。主に、体温調節や運動の後、辛いものや酸っぱいものを食べたときに出ます。成分の約99%は、水であり、残りはナトリウムなどになります。

アポクリン汗腺は、ワキの下・陰部・おへそなど部分的にあります。またベタベタした汗を出しています。成分は、脂肪やアンモニア・ミネラルなどが含まれています。

アポクリン汗腺からの汗が一般的に臭いと言われる理由は、時間が経つにつれて、汗に含まれる成分が雑菌によって分解されるためと言われています。

汗をかいたあとは、すぐに拭き取ったり、洗い流して清潔を保つことが匂い対策になります。

あなたの汗のかき方は大丈夫ですか?

あなたの汗のかき方はどんな感じですか?部分的に集中している、ベタベタしていることはありませんか?

よく、顔や額、背中など、ある部分に集中して汗が出たりしていませんか?

そういう人は、汗腺の1つであるエクリン汗腺が、うまく機能していない可能性があります。

エクリン汗腺は、ほぼ全身に約300万個ほどあると言われていますが、実際に活動している汗腺は半分程度だそうです。

運動不足などにより汗をかく機会が少ないと、活動する汗腺はさらに少なくなってしまいます。汗腺も休むことを覚えてしまうのです。

そのために、汗腺の機能が弱まっていると、限られた汗腺しか活動しないために、部分的に汗が出ることになります。

よくベタベタした汗と言いますが、なぜでしょうか。

汗腺は、血液から赤血球や白血球などを除いたけっしょう成分(液体)を汗としてくみ出しています。

そのけっしょう成分には、私たちの身体に必要な栄養分、特にミネラル成分が多く含まれているので、栄養分を再吸収しなければなりません。

この再吸収がうまくできなかった汗は、様々な成分を含んだベタベタした汗となってしまうのです。

この汗は、サラサラ汗に比べて蒸発しにくいため、メイク崩れを起こしやすいという方は、ベトベト汗が出ているのかもしれません。

ところで、最近、汗をかいていますか?良い汗のかき方をしていますか?

汗がベタベタとべたついたり、嫌〜な匂いがしたりするとなんだか気分まで沈んでしまったりします。

今は冬だから大丈夫と思っていませんか?冬は確かに、厚着していますし、気温も低いために汗をかきにくい環境です。

しかし、春夏はすぐにやってきます。そして春は、新学期・新生活を迎えるために何かと環境が変わり緊張しやすい時期です。

冬の間も汗腺を鍛えることが大切になります。汗をかく習慣がない人は、汗腺に刺激が少ないと言えます。

汗腺を上手に鍛えることは、汗の匂い対策にもなります。ベタッとした汗ではなく、さらっとした汗をかけるように、汗腺を鍛えるようにしましょう。

汗腺のケアは、一年を通して行うようにしましょう。普段から汗腺を鍛えることであなたの汗の悩みも徐々に改善されていくでしょう。

汗腺を鍛える!?

汗腺を鍛えるって、汗腺って鍛えることが出来るの?と思う人も多いでしょう。

最近は、汗腺を鍛えるという意味から、汗腺トレーニングという言葉もあります。

鍛えるいっても、そんなにハードなことはしません。汗腺トレーニングで有名なのは入浴でしょうか。

入浴も汗腺を鍛えるにあたり身近ですが、汗腺を鍛えるためには、運動が効果的です。

運動をして汗腺を鍛える、刺激を与える、目覚めさせるといった具合です。

夏は、気温も高く自然に汗が出やすく汗腺も鍛えることが出来ますが、冬はどうでしょう?

意識的に運動などしないと、なかなか汗をかくことがないために、汗腺を鍛える機会も少なくなります。

冬の間も、意識して運動して汗が出やすい汗腺にしましょう。すると、ベトベトからサラサラ汗にも変化していくでしょう。

汗腺を鍛えるために、運動しよう!

汗腺を鍛えるために、発汗習慣を身につけることが大事です。そのためにも、運動しましょう。

運動に関しては、

  • 運動大好きな人
  • 運動が得意な人
  • 運動が苦手な人
  • 運動がきらいな人

など、いろいろでしょう。

極端な話ですが、ある人は、運動マニア?運動大好き人間で、運動しないといてもたってもいられず、ジムに行ったり、走ったりします。

また、ある人は、運動は大の苦手、運動きらいな人で、できる限り動きたくない人もいます。

ここまで極端でなくとも、運動は身体にも健康にも美容にも良いと分かっているけれど、忙しい・・・時間が取れない・・・

運動したいけれど、仕事後にはもう運動する気分ではない・・・という人が多いのではないでしょうか。

運動というと、しっかり時間をとって、びっしょり汗を流すという考えてしまいますが、そこまでガッツリした運動でなくても汗腺トレーニングは出来ます。

有酸素運動で、じんわり汗をかこう!

よく言われる有酸素運動は、良い汗に変えるために効果的です。有酸素運動には、ウォーキングや、バイク、ヨガ、エアロビクスなどがあります。

どれも、最初の取り掛かりはそうハードなものではありません。取り組みやすい運動です。

身体にあまり負荷もかからず、一定時間ゆっくりと続けることができる運動は、発汗作用があります。

有酸素運動で、ゆっくり運動して体温を上げることで、汗腺を刺激して目覚めさせることが出来ます。

同時に、血行や代謝が良くなるために、汗腺から良い汗が出やすくなります。

運動習慣がない人が運動を毎日行うのは、大変でしょうから、まずは週1回くらいから始める気持ちで取り掛かってみましょう。

ゆっくり運動をして、じんわり汗をかいて、良い汗に変えていきましょう。また、運動は筋力も鍛えることができますし、何よりストレス発散になるので、気分もスッキリします。

運動の後は、しっかり汗ケアを行いましょう。汗成分が分解されて、匂いが気になったりしますので、汗を拭く、シャワーに入るなど、汗ケアもセットに行っていきましょう。

有酸素運動で、良い汗をかく練習・汗腺を鍛えるトレーニングをして、汗腺機能をアップさせましょう!

こちらの記事もご覧下さい!

汗腺を鍛えたい方は、交感神経を促進すると良い??