汗っかきで困っています。汗腺の多い場所はどこ?

汗の量や匂いが気になる・・・。これって私だけ?汗に関しての悩みは個人差はありますが、大なり小なりあるでしょう。よく汗をかきやすい体質は3歳頃までに決まると言われています。汗腺が活発に働くようになると、いわゆる汗かきになります。汗腺の多い場所ってどこだろうと思いませんか?汗腺の多い場所を知って、汗対策に役立てましょう!

汗が気になるのは私だけ?

汗をかくと言えば、夏でしょうか。運動などすれば、別ですが。

夏は、気温も高く体温調節のために自然と汗をかきます。

汗は、汗腺から分泌されているのはご存知ですか?

汗腺については、のちほど述べますが、汗といってもダラダラ、ベトベト、サラサラいろいろな汗があります。

そして、量だけでなく、匂いなども気になってきます。

汗の量や匂いが気になったことありませんか?

少なくとも私は何度もあります。実は幼い頃、剣道を習っていました。

剣道といえば、剣道着や防具、竹刀などですね。習いたての頃は、楽しくやっていたのですが、寒い日も裸足ですし、寒かった・・・。

でも練習が始まるとすぐに運動によって汗腺から汗ダラダラと出てきます。

そして、その汗が剣道着にしみ込みます。剣道着は、練習後に選択することは出来ますが、防具類は練習後、毎回洗うことが出来ませんでした。

そもそも剣道の防具は水洗いなどするのか分かりませんが・・・。

よく晴れの日に、直射日光に当てて乾燥させていました。それでも、汗の匂いは完璧に取れることはありませんでした。

剣道をしながら、なんだか私って臭いな・・・と感じたことがありました。

子供の頃だったので、匂いはあまり気になりませんでした。それよりも練習の厳しさの方が100倍も気になっていたのは事実です。

汗といえば、汗腺から分泌されていると言いましたが、もっと詳しく述べていきます。

汗腺とは

汗腺とは、皮膚にある汗を分泌する腺になります。汗腺は大きく分けて2種類の汗腺があります。

エクリン汗腺とアポクリン汗腺です。

1、エクリン汗腺

エクリン汗腺は、ほぼ全身に存在します。汗腺の多い場所や密集度は異なりますが、体全身にあります。

エクリン汗腺は、私たちの体温を下げるために働いています。

エクリン汗腺は、特に汗をかいたと感じていなくても、1日に約1リットルほど、真夏や運動後などは約2リットル、もしくは運動の時間や強度によっては、それ以上の汗が分泌されています。

2、アポクリン汗腺

アポクリン汗腺は、特定の場所に存在する汗腺になります。

アポクリン汗腺の多い場所は、主に脇の下や乳首、下腹部、外陰部など。

アポクリン汗腺から出る汗も、体温調節としての役割があります。

汗腺の多い場所はどこ?

汗腺の多い場所はどこでしょう。汗っかきの人は特に気になります。

基本的に汗をかきやすい場所=汗腺が多い場所です。

汗腺が多い場所はこちらの順になっています。

  1. 頭・額
  2. 手のひら
  3. 足の裏
  4. 背中
  5. 脇の下

あなたは、どこに汗をかきやすいでしょうか?

1つずつ見ていきましょう!

汗腺が多い場所〜頭・額〜

頭・額は汗腺が多い場所のトップ1になっています。

汗はもともと体温調節のためにかいているので、熱に弱い脳を守ってくれています。

額にじんわり汗をかくことはよくあることです。

代謝が良かったり、香辛料の入ったものを食べると、食事をするだけで、額に汗をかく人もいます。

汗腺が多い場所〜手のひら〜

手のひらも汗腺が多い場所になります。また、手のひらの場合は、単に体温調節ためにだけではなく、精神的な緊張などからも汗をかくことが考えられています。

精神的な汗を場合は、自律神経の乱れなども関係しています。

汗腺が多い場所〜足の裏〜

足の裏も汗腺が多い場所になっています。ストッキングや靴下が汗でベトベトになった経験はありませんか?

足の裏に汗をかくと、大変気持ち悪く感じます。

また、足の場合、靴を履いていますので、靴の中が蒸れてしまい、靴下や靴の匂いが気になる人も多いようです。

汗腺が多い場所〜背中〜

背中は、体表面積が大きいですが、たいてい洋服で吸収される場所になります。そして普段は汗をかいている自覚はあまり感じられないかもしれません。

背中は、汗腺が多い場所であり、体温調節として体温を下げるための汗をかいています。

下着や肌着が汗でびっしょりになってしまう人もいます。私の場合、寝汗で背中が汗でびっしょりになってしまい、急いでパジャマを着替えることもあります。

汗腺が多い場所〜脇の下〜汗をかきやすい部位ランキング

脇の下は、汗をよくかく場所で有名ですね。また脇の下には、アポクリン汗腺というタンパク質や脂質を出す汗腺があります。

脇の下はこのアポクリン汗腺が多い場所となっているために、ワキガなど匂いに悩まされる人も多いのです。

汗対策を万全に!

汗をかきやすいと自覚がある方、汗の匂いや量が気になる方は、汗腺の多い場所は特に汗対策を万全にしておきましょう!

そうすることで、精神的にも安心して過ごすことが出来ます。

〜頭・額の汗対策〜

頭や額から垂れてくる汗は、夏場など気温が高い時期ではほとんどの人にみられます。

しかし、とくに暑くもないのに急に汗が出てくるような場合は、もしかするとホットフラッシュの症状かもしれません。

ホットフラッシュは、更年期の女性に起こりやすい症状の1つです。閉経なども関係しており、女性ホルモンのバランスの変化により起こりやすくなります。

当てはまると思う方は、内科や婦人科を受診してみましょう。

頭や額からの汗対策としてで出来ることは、汗をこまめに拭き取ること・扇子で扇ぐなどが効果的です。

冷たいタオルを額や首に当てると、冷んやりと涼しさを簡単に得ることが出来ます。

〜手のひらの汗対策〜

手のひらの汗対策は、精神的なものも大きく関係していますので、なるべく緊張やストレスを長時間、感じないようにしましょう。

汗が出てきたら、ハンカチやタオルで拭きましょう。あまりに気持ち悪いようであれば、手を洗うのも良いでしょう。

また自宅では、入浴時などを活用して冷たい水と温かいお湯で交互に手浴をすると気持ちもサッパリします。

〜足の裏の汗対策〜

足の裏の汗対策としては、靴下をこまめに交換したり、通気性の良い靴を選ぶようにしましょう。

また手のひらと同様に、自宅では、入浴時などを活用して冷たい水と温かいお湯で交互に足浴をしてしっかりとケアしてあげましょう。

〜背中の汗対策〜

背中の汗対策としても、下着や肌着を着替えることが効果的です。汗で湿ったままでいると、なんだか気持ちもよくないし、寒気を感じてしまいます。

職場に着替えを持って行っておくと、万が一、大量に汗をかいてしまっても安心です。

〜脇の下の汗対策〜

脇の下の汗対策は、グッズがたくさんあります。脇汗パットが有名です。

パット付きの下着や肌着などもありますので、あなたの生活に合ったものを選んで試してみましょう。

また汗をかくことは、代謝が良いから!と思いがちですが、理由はそれだけではありません。

例えば、冷え性によるもの、肥満体質によるもの、更年期障害によるもの、緊張やストレスからくるものなど、さまざまな理由があります。

汗が気になって、日常生活に支障が出ているようであれば、一度近くの医療機関に相談しに行くことをお勧めします。

汗っかきな人は、汗腺が多い場所は特に対策をしっかりして、より快適に過ごせるように準備しておきましょう!

こちらの記事もご覧下さい!

冬でも簡単に汗腺を鍛えるには、岩盤浴が効果的!