水を飲んで、体質改善したいけど、どれくらいの期間が必要なの?

風邪をひきやすい体質、太りやすい体質、痩せやすい体質など、いろいろな体質があります。そして、体質は人によって違ってきます。私は、◯◯な体質だと自分の体質を把握している人が多いのではないでしょうか。水を飲むことは身体に良いと言われています。水を飲んで、体質改善するためには、どれくらいの期間が必要なのか見ていきましょう。

毎日、水を飲む習慣はありますか?

毎日、を飲む習慣はありますか?

水を飲むことは私たちが生きていく上で、必要不可欠です。

水なしで生きていくことは出来ないでしょう。

毎日、どれくらいの水を飲んでいますか?

水を飲むことは、身体に良いと分かっていても、意識しないとなかなか飲めない、もしくは飲む機会がない人も多くいます。

ここでいう水は、純粋に水だけという意味です。紅茶やコーヒー、ジュースなどに含まれる水分の水はカウントしないで考えてみてください。

どうでしょう?1日、ペットボトル500mlを1本の人もいれば、コップ3杯くらい飲んでますという人もいます。

モデルさんなどは、美容のために水を飲むことを日課にしていて、ペットボトルを3本、4本と持ち歩いて、飲んでいる人もいます。

水は多く飲んだ方が健康に良いと言われています。

水と人との関係

私たち人間の身体は、約60%が水で出来ています。

身体の成長過程で体内の水分量は変化していきます。

お腹の中にいる胎児は体重の約90%、赤ちゃんは約75%、子供は約70%、成人では約60%、老人では50%と年齢を重ねるにつれて水分量は減少していきます。

年を重ねるにつれて肌が乾燥しやすくなるのも、体内の水分量が減っていくという自然現象でもあります。

成人が必要とする1日の水分量は、約2000mlです。

2リットルのペットボトル1本分、もしくは500mlのペットボトルを4本分になります。

もちろん、この必要量すべてを飲み水で補う必要はありません。食べ物にも水分は含まれているため、ほとんどの人は食事によって水分補給を行い、必要量を摂取しています。

水を飲む〜健康効果〜

普段、何気なく飲んでいる水。水を飲むことで、身体に良い健康効果が得られます。

  1. デトックス効果
  2. 代謝を上げる
  3. 粘膜に潤いを与える
  4. 髪や肌に潤いを与える
  5. 食欲を抑える
  6. 体質改善できる

など。水を飲むことで血液の流れも良くなり、冷え性の改善にもなります。便秘対策に水を飲んでいる人もいます。

体質改善のためには、水を飲むことを習慣にしよう!

まず、体質改善のためには、水を飲むことを習慣にしましょう。水を飲むといっても、3日坊主では体質改善には至りません。

体質改善で重要とされているデトックスで大切なことは、まず、良質の水を毎日飲むことです。

私たちの身体からは毎日約2000mlもの水分が老廃物や汗、呼吸などと一緒に排出されています。

しかし、身体に入ってくる水分が足りないと十分に排出されないので、体質改善のためには、少なくとも1日に1500mlは飲むようにしたいところです。

水を飲む習慣をつけるには、

  • あらかじめ水を持ち歩く
  • 水を飲む時間帯を決める
  • 水を飲む時間帯にアラームをセットする
  • 水を飲んでから、食事を食べる
  • 帰宅したら、まず水を飲む

など、習慣となるように、決まり事を決めてみましょう。

あなたの生活に無理のないように、水を飲む習慣をつけられるように色々考えてみましょう。

あらかじめ水を持ち歩く

あらかじめ水を持ち歩く、これが一番、簡単な方法になります。

約1500mlの水をバッグに入れておきます。まずは1週間の期間から始めてみましょう。

始めは500mlでも1000mlでも構いません。少し重いですが、水を飲むごとにバッグは軽くなります。帰宅する頃には、水もなくなっているでしょう。

最近は、折りたたみの容器などもあり、携帯も便利になっています。

水を飲む時間帯を決める

水を飲む時間帯を決める、これも、水を飲む目安として決めておくと便利です。

例えば、

  • 起きた後
  • 朝食時
  • 10時頃
  • 昼食時
  • 15時頃
  • 夕食時
  • 入浴前
  • 入浴後
  • 寝る前

などです。他にも、私の友達は、毎回、水を飲む習慣をつけるために、トイレに行った後にも1口、2口分の水を飲むようにしています。

私はそれを聞いて、トイレで、水分をおしっことして出したら、すかさず、水分補給するって確かに、良い考えだと思いました。

しかし、そんなに水を飲んでいたら、しょっちゅうトイレに行きたくなる、仕事上のそんなにトイレに行けない人もいるでしょう。

仕事の最中にトイレに何回も行けないこともありますので、自分の仕事内容や生活スタイルに合わせて、水を飲む量を考えましょう。

そして、体質改善の期間は規則正しい生活を送るようにしましょう。

水を飲む時間帯にアラームをセットする

水を飲む時間を決めたとしても、その時間を忘れてしまっては意味がありません。

その時間を忘れないように、水を飲むことを思い出せるように、アラーム機能を利用しましょう。

これはしっかりと時間を管理できる人にオススメです。

水を飲むすべての時間帯にアラームをセットする必要はありません。あなたが、忘れやすい時間帯にだけセットするのも良いでしょう。

水を飲んでから、食事を食べる

食事の前に、コップ1杯の水を飲む習慣をつけるだけでも、水分摂取量を増やすことが出来ます。

コップ1杯の水を約200mlだとすると、約600mlの水を摂取することが出来ます。

食事中にも、水を飲むように心がけて、食事後にも1口でも2口でも飲むようにすると、食事前、中、後で、約1Lの水を飲むことも出来ます。

特に、水を飲んでから食事をすると、余計な食欲を抑えることが出来、食べ過ぎを予防することが出来ます。

体質改善の期間に、体重が減ったという人が多いのも、食欲をセーブできることが関係しています。

体質改善に必要な期間とは

あなたは、自分の体質に満足していますか?

美容面にも健康面にも、体質改善がポイントになっていたりします。

体調不良や頭痛、腹痛などの症状があっても、私はこういう体質だから、仕方ないとあきらめていませんか?

体質は、環境や行動を変えることによって、時間がかかることもありますが改善することが出来ます。

例えば、

  • 肌荒れしやすい体質を→肌荒れしにくい体質に改善する
  • 太りやすい体質を→痩せやすい体質に改善する
  • 口内炎ができやすい体質を→口内炎ができにくい体質に改善する
  • 口唇ヘルペスが出来やすい体質を→出来にくい体質に改善する
  • イライラしやすい体質を→イライラしにくい体質に改善する
  • 便秘体質を→便秘しにくい体質に改善する
  • 下痢体質を→下痢しにくい体質に改善する
  • 疲れやすい体質を→疲れにくい体質に改善する

体質改善といっても色々ありますね。そして、体質改善したいと思っても、どれくらいの期間が必要なのか気になりますね。

体質改善といっても、1日や2日でパッと変わることが出来ないのが体質です。

体質とは、人間の身体の性質のことを指し、遺伝と環境によって決まります。

生まれ持った体質を変えることは難しいと言われていますが、間違った食べ物を摂取し続けるなどの環境によって形成された体質は環境を変えることで改善することができます。

たとえば、人の細胞はたえず生まれ変わりを繰り返しています。各部位によってそのサイクルの長さは異なっています。

生まれ変わりのサイクルが長いものとしては、骨の細胞があります。すべての骨の細胞が生まれ変わるのに3年〜5年の期間がかかるそうです。

一方、生まれ変わりのサイクルが短いものとしては、小腸は約2日、胃は約5日ですべての細胞が新しいものに替わっています。

血液の中の赤血球の寿命は120日ですが、血液も約4カ月ですべてが新しいものに替わっています。

女性は特に気になるお肌や髪の生まれ変わりの周期は約1カ月です。

さて、体質改善に必要な期間は、約1か月〜3か月と言われています。期間の目安はおおよそ3か月と思っておくのが良いでしょう。

体質とは、身体全体のリズムの中で変化していくため、場合によっては、3か月以上の期間がかかることもあります。その方が多いと思います。

考えてみてください。あなたの体質は1か月や3か月の期間で作られたものでしょうか?おそらく、もっと多くの期間を経て、あなたの体質が出来ていると思います。

そのため、すぐに良い結果が出なくても、落ち込む必要はありません。根本的な体質改善には時間、ある程度の期間がかかります。

そして、良くなった期間、悪くなった期間を繰り返しながら、徐々に改善していきます。

無理のない範囲で体質改善に取り組みましょう!

1か月という期間、3か月という期間を決めて初めても良いのですが、期間にこだわってしまい、水を飲むことが苦痛に感じるときもあると思います。

期間を気にしてしまうと、その日が過ぎても変化がなかったりすると、あきらめがちになってしまいます。

そんなときは、期間は気にせず、水を毎日飲む習慣をつけることから始めると続けやすいのです。

せっかく体質改善のために取り組んでいますので、途中で終わってしまってはもったいない話です。

1か月、3か月の期間が過ぎたのに、何も変化がないない人も実際いますので、期間にこだわるのは辞めましょう。

期間を気にせず、毎日水を飲むことで、「あっ、そういえば身体が軽く感じるかも?」や「あまり便秘をしなくなっている」などと、身体が良い方向に向かっていることに気がつくことが多いのです。

また、体質改善をしている期間は、特にバランスの良い食生活も大事です。出来れば料理に使う水もミネラルウォーターを使用したり、野菜を多めに食べるようにしましょう。

そして、体質が改善したかも?と少し手応えを感じても、悪い食生活に逆戻りしては意味がありません。

体質改善の期間が終わった後も、新しい体質を維持するために正しい食生活、生活習慣を無理のない範囲で、維持できるようにしていきましょう。

体質改善に必要な期間は約1〜3か月ですが、一時的な体質改善ではなく、根本的な体質改善を目指して健康的に過ごしましょう!

こちらの記事もご覧下さい!

書くだけで自律神経を整えることが出来る3行日記の書き方!