しもやけで困っている末端冷え性の方へ!自宅でできるセルフケア

末端冷え性の方にはつらい季節がやってきます、寒い冬。毎年、しもやけになってしまう。赤くなるし、ひどくなると腫れてきてしまう。恥ずかしいし、ジンジンむずむず、痛がゆいのも耐えられない。どうしてだろう?しもやけの原因や予防、改善策について私の体験談も一緒にお伝えしていきます。

末端冷え性とは

こんにちは!看護師兼よもぎ蒸しアドバイザーの市子(@Ichiko07399260)です。

手先や足先がつめた〜い、

末端冷え性ってよく聞きますね。

末端冷え症は、体は温かいのに、末端がつめたく感じる症状です。

そのため、本人も気がついていないときがあります。

女性の8割が冷えを感じていると言われている時代ですから、手先や足先に冷えを感じたら、末端冷え症を疑ってみましょう。

末端冷え症の症状

  • 手先や足先がつめたい
  • しもやけ
  • 頭痛
  • 体がつかれやすい
  • 風邪をひきやすい
  • 生理痛がひどい
  • 生理不順
  • なかなか寝付けない
  • 寝ている途中に冷たさで目がさめる
  • 不眠症
  • めまい など

末端冷え症に伴う症状がたくさんあります。

人によっては、上記のほかの症状もあるかと思います。

末端冷え症を甘く考えず、改善にむけて取り組んでいきましょう!

しもやけとは

しもやけ、聞いたことありますね。いや〜な症状です。

しもやけとは、正式には、「凍瘡(とうそう)」と呼ばれ、冷えや寒さで、血液の循環がわるくなり生じる症状です。

手先、足先など、血管が細い四肢末端に発症しやすいと言われています。

また、人によっては、耳たぶ、鼻先など肌が外に露出しているところにもできます。

しもやけになりやすい時期は、寒さが厳しい冬よりも、初冬や春先に多いです。

しもやけの症状

しもやけの場所には、

  • 赤い発疹
  • 腫れ
  • かゆみ
  • いたみ

などが伴います。

具体的に言うと

  • 手足全体が赤く腫れている
  • 暖かくなると、かゆみを感じる
  • 寒くなると、痛みを感じる
  • 歩いたり、靴をはくときに痛みを感じる
  • 手や足の指、手のひらに赤い発疹がある

しもやけは2種類あります。

  1. 手や足の指先、耳たぶや鼻といった末端部分に生じる場合
  2. 手足全体が腫れを起こす場合の2種類

末端部分に起こる症状は、赤紫の発疹が現れ、かゆみや痛みをともない、幼少期の子どもによく発症します。

手足全体が腫れる場合は、青年期から成人にかけた女性によく発症します。

いずれも手足、耳たぶ、鼻に多くみられますが、、時に太ももや臀部に発症することもあります。

痛みやかゆみがひどい場合は、寝れないときもあります。

ひどくなって、そのまま放っておくと、切断という可能性も出てきますので、しっかり、予防していきましょう。

症状がひどいと感じるときは、病院に行きましょう!

しもやけの原因

しもやけは、寒さや冷えによって血液の流れが悪くなることで起こります。

簡単に言うと、低温による血行障害です。

じんじんむずむず、痛がゆいですね。

かゆみや痛みの原因は、冷えで血流が悪くなっている血管が、急に温度が上がることで血流が一気によくなって、神経が刺激を受けるためです。

冷たい外気に長時間いたり、急に暖房の効いた部屋やこたつに入った場合などに起きます。

そういえば、中学生の頃、外で部活で走って、自転車をこいで帰って、家に着いて、いろいろしていたら、手の指が赤く腫れてむずむず痒かった思い出があります。

また、しもやけは冷え性や末端冷え症の人に起こりやすいので、体質や遺伝も関係していると考えられています。

私の場合は、父も母も子供の頃は、しもやけになっていたそうです。私もしもやけに悩みましたから、体質や遺伝も関係ありますね。

さらに手足の湿度も大きく影響しています。

手足を濡れたままにしていると、乾く段階でしだいに皮膚の温度が低下して、しもやけを引き起こす場合があります。

しもやけは温度のほかに、湿気にも関係しています。

どちらにしても、冷えが最大の原因です。

また、ビタミンE不足も影響しています。

しもやけになりやすい人

  • 末端冷え性の人
  • 子供
  • 身内にしもやけ経験者がいる
  • 主にビタミンE不足
  • 水に触れること機会が多い
  • 手を洗った後、十分に乾かしていない人 など

しもやけの予防

しもやけになると、痛みやかゆみでとても辛いです。

予防するに越したことはありません。

しもやけ予防でできること

  • 長時間体を冷やさない
  • 肌を濡れたままにしておかない
  • 5本指ソックスをはく
  • 手袋、マスクをする
  • 水仕事をするときはゴム手袋をする
  • ビタミンEを摂る
  • マッサージをする

冷えは血流を悪くさせてしまいます。

特に末端部分は露出しないように心掛けましょう。

また食生活も冷えに影響しています。身体が冷えやすい方はビタミンEが不足している場合が多いので、積極的に食べましょう!

ビタミンEが多い食べ物

  • モロヘイヤ
  • うなぎ
  • かぼちゃ
  • ほうれん草
  • ナッツ類 など

また、足に汗をかきやすく、しもやけが出来やすい人は

こちらの記事もご覧ください!

どうしよう?びっしょりの足汗をかく、、、末端冷え症の改善策

私のしもやけ体験談

私は中学生、高校生の間、しもやけになっていました。

部活で外を走り回って、寒い中、自転車をこいで帰る。

家は、優しい母がストーブを焚いて待っていてくれる温かい場所でした。

夕飯を食べて、そろそろお風呂に入ろうかと考えている頃、あれっ!?手がむずむずかゆいな〜。

そしてお風呂に入って、赤く腫れていることに気が付きます。悲しい、、、。

私はよく、手の第1関節と第2関節の間に起きていました。

心配になってお風呂上りに母に見せる。

そしたら母が、「あ〜しもやけやん、それっ」。

私は、「どうしたらいいん?痒くて痛いんやけど、、、。」

母が言ったことは、「手洗った後、よくタオルで拭いて乾かしなさい。

お風呂はいったときに、水入れた洗面気にて入れて、熱いのと冷たいのに交互に手入れなさい。

あと、よくマッサージしなさい。これ、ユースキン塗っときなさい。ユースキン塗って、もみこんどきなさい。」でした。

私の場合、1〜2日目は、ムズムズ痛がゆい。

3〜5日目が、赤く大きく腫れて、ムズムズ痛痒さ感がマックス、、、。

そして、いつのまにか1週間くらい経つと、症状が軽くなって消えていく感じでした。

登下校に手袋もしていなかったので、それからは手袋もするようになりました。

今、考えると恐ろしい、、、。

寒い冬に手袋もせず、自転車をこぐって、しもやけにして下さいって私からお願いしている状況ですね。

母が教えてくれたこと

  1. 手を濡れたままにしない
  2. 温冷刺激を与える
  3. よくマッサージする
  4. ユースキンを塗る でした。

しもやけも風邪と一緒で予防が大切です。

しもやけかなっと思って何もせず、油断していると、あれよあれよとバーンと赤く腫れて、ジンジンむずむず、、、辛いよ〜って状況になります。

私は毎回、こうなってから、一生懸命いろいろしていたので、治りも遅かったと思います。

風邪もひいてしまってから、薬を飲んでも治りが遅いですよね。

風邪もしもやけも、引かないように予防するのが一番、大事!

でも、ひきかけの症状になかなか気がつかないんです、私。

おそらく、そこで無理して症状悪化して、初めて気がつく。

でもこれじゃ〜遅い、、、。

でも、しもやけになってからでも、母が教えてくれたことをすると5日くらいで治りました。

ありがとう!お母さん。お母さんってやっぱり、すごい!

手を濡れたままにしない!

手を洗ったあとは、必ず、水分や湿り気がなくなるまで、しっかりふく。

温冷刺激を与える

これはお風呂に入っているときが簡単です。洗面器に水を入れて、湯船のお湯と水の中に交互に手を入れる。

よくマッサージする

予防的に言えば、寒いなっと思った瞬間、そのときにマッサージをする。

出来ないときは、手や足のグーパー運動を何回かする。これだけでも、血流がよくなって温まってきます。

ユースキンやハンドクリームを塗った際は、マッサージするように揉みこむ

ユースキンを塗る

母も私も使っているおすすめクリームです。

今はハンドクリームもあると思います。

ビタミンEが配合されているので、しもやけ予防、しもやけ治療にピッタリです。

このクリームをすりこむように、よく乾かした手に、しっかり塗りましょう!

香りもとっても良いですよ!

末端冷え症、しもやけで困っている方の少しでもお役に立てれば嬉しいです♪

こちらの記事もご覧ください!

布団に入っても足先がつめたい方に!末端冷え性の対策グッズ!