朝になってもまだ眠い・・・その疲れって何が原因でしょうか?

ぐっすり寝て、身体も脳も休めて、朝はスッキリ目覚めたい!誰もが思うことでしょう。しかし、現実はどうでしょう?あれっ、朝なのに、寝たはずなのにまだ眠い・・・疲れが取れていない気がする・・・なんてことありませんか?あなたの疲れは脳の疲れでしょうか?それとも身体の疲れでしょうか?

朝だけど、眠い・・・これって大丈夫?

理想のはどんな朝ですか?

眠気なんてなく、

朝はシャキッとスッキリ目覚めたい!

という人が多いのではないでしょうか。

と言いつつも、朝だけど、眠い・・・って日もあります。

いやっ、そんなの毎日ですよ。

たくさん寝たはずなのに、朝でも眠いってこれって私、大丈夫なのかな?と思ったことも度々あります。

学生の頃は、授業中にひどい眠気、睡魔に襲われて・・・ウトウト・・・ウトウト・・・。

その当時、しょっちゅう思ってました。

夜たくさん寝たはずなのに?眠いのはなぜだろう?

何かの眠くなる病気なのかもしれないと考えたこともあります。

決して、授業がつまらないとか、そういう問題ではありません。

カフェイン効果で目を覚ます、コーヒーを飲む、腕や足をつまんだりするなどもしましたが、最初の20分くらいは持ちこたえて、その後、眠い眠いが始まります。

私は試しませんでしたが、かゆみ止めのムヒ軟膏を目の下にうす〜く塗っている人もいました。

涙が出ないのだろうか?ふと疑問でした。

友達はこれで受験勉強を頑張っていました。スゴイ!

確かに成績の良い子だったので、何らかの効果があるのでしょう。

私の場合は、椅子に座っていると眠くなってしまうのです。隣の人が優しくて、何度も起こしてくれました。

そして、心配もしてくれました。何て優しいのでしょう。有難い有難い。

いろいろ心配しましたが、眠い眠いと言っていた学生の時代も終わりが来ました。

就職して仕事を始めると、眠いとか言ってられなくなりました。

それでも、デスクワークなど椅子に座る仕事は、眠気との戦いでしたね。

椅子に座ってさえいなければ、あらっ、不思議、眠くても疲れていても動けるものです。

私は座ると眠い眠い・・・となるため、いつも立ち仕事を選んでいました。

デスクワークの人、本当に尊敬します。

はいっ!疲れが取れていない証拠です!

寝ても寝ても眠い人。

はっ!それは、睡眠で疲れが取れていない証拠です!

夜の睡眠でしっかりと脳の疲れも身体の疲れも取れていると日中に眠くなることはそうありません。

あなたの疲れは、脳の疲れでしょうか?身体の疲れでしょうか?

それとも両方でしょうか?

1日10パソコンを使って仕事をして、帰宅してからもパソコン、スマホを触っていませんか?

最近は、常にメッセージや情報をチェックしていないとソワソワしたり気が済まない人もいます。

スマホやさまざまなSNSによって、何時でもどこの誰とでも、そして多くの情報につながれる今の時代は、肉体的な疲れよりも精神的な疲れを抱えている人が増えています。

どれだけ疲れても、十分な休養と栄養をとることで回復すれば、何の問題も生じません。

しかし、放置していたり知らないままに溜め込んでしまうと、睡眠不足になってしまいます。

睡眠は量より質だとも言われるほど、質が大事です。

布団の中に入っても色々チェックしないと気が済まない人、かつ朝でも眠い人は寝る1時間までは、パソコンやスマホの電源を切るくらいの覚悟が必要です。

朝はスッキリ起きたい!毎日質の良い睡眠を得たいなら、自分なりのルールを作ってみましょう。

ストレスも睡眠に影響します。仕事や人間関係に気疲れしていませんか?

ストレスは日々の生活に付き物で、無いとこれまたストレスになってしまします。

しかし、適度なストレスが良いのであって、過度なものは良くありません。

ここで、精神的な疲れの場合と肉体的な疲れの場合に分けて見ていきましょう!

精神的な疲れの場合

朝でも眠い・・・疲れをまだ感じる・・・

この疲れが精神的なものだと思う人へ

私がよくしていることを紹介します。

それは瞑想とノンカフェインに切り替えることです。

瞑想って何するの?と思う人もいるかもしれません。

私も初めて聞いたときは思いました。

でも寝る前にやってみると、これが意外と効果がありました。

夜ぐっすり眠れる気がします。

今は瞑想のやり方をYouTuveなどでも多く紹介されていますので、始め方は簡単です。

ここで注意点です。

布団の中でYouTuveを見て瞑想をします。終わってから、色々気になってスマホで検索しだすってことが始まる可能性が高いのです。

私も初めは、そうでした。でも、これをしてしまうと、瞑想をした意味がなくなってしまいます。

もしくは瞑想の効果が薄れてしまいます。

終わったら、寝る!何も見ない!と決めましょう。

あとは日々のストレスを溜めないように気をつけましょう。

自分が好きな小さな気分転換を取り入れて、ストレスと上手に付き合っていきましょう。

もう1つは、ノンカフェインに切り替える!

日中の疲れ対策にカフェイン摂取していませんか?

コーヒーや栄養ドリンクばかり飲んでいませんか?

カフェインの効果は5〜6時間ほど続くと言われています。

そのため、夕方以降には控えた方が良いのです。

夕方以降は、ノンカフェインのもの、ペパーミントやレモングラスなどのハーブティー、お水に切り替えるましょう。

私は現在、妊娠しているため、カフェインは極力取らないようにしています。

すると夜もよく眠れるようになりました。

朝も4時半に起きていますが、眠い眠い・・・と感じたことはありません。疲れも両方とも溜めないように気をつけています。

早起き生活にも慣れてきたのか、めざまし時計をセットしなくても、4時半になると目が覚めるようになりました。

{quads id=2}

肉体的な疲れの場合

朝でも眠い・・・疲れをまだ感じる・・・

眠い眠い・・・

分かります!眠いものは眠いんですっ!

この疲れが肉体的なものだと思う人へ

こっちの疲れは、割と対処が容易です。休養をしっかり取れれば解決するものが多いです。

私のコツは、湯船にゆっくり浸かってマッサージをしたり、寝る前に軽くストレッチをすることです。

自衛隊に勤務していた頃は、今と比べると比にならないくらい走り回っていました。筋トレもしまくっていました。

特に訓練の始まり1週間2週間なんかは、夕方には足は棒のよう。身体はガタガタ、悲鳴をあげているように感じました。

入浴効果とストレッチ!えっ!?これだけ?と思うかもしれませんが、するとしないでは朝の疲れ具合が全く違ってきます。

これだけでも疲労回復効果が高まります。

もし、可能であれば、誰かにマッサージなんかしてもらえると良いですね。

自分でマッサージするのも良いですが、やはり自分は横になって休んだまま誰かにマッサージしてもらうのが最高です。

他にも、1日1粒の梅干しも食べています。

梅干しって酸っぱいのので好き嫌いがあると思いますが、驚くほどの健康効果があります。

ザクッと消紹介しますと、

  • 疲労の回復
  • 血液サラサラ
  • 食欲の増進
  • 食中毒の予防
  • 生活習慣病の予防や改善
  • 美容
  • エイジングケア

などがあります。

また最近ではがん予防にも効果があるとまで言われています。

梅干しは日本の伝統食、保存食の代表です。日本に産まれて本当に良かった〜^^

食べ過ぎは塩分が多かったりするので、1日1粒、是非、食べてみませんか?

あなたの疲れは脳の疲れ?身体の疲れ?どちらでしょうか?

食事や生活リズムを見直して、スッキリと心地よい朝を迎えましょう!

こちらの記事もご覧下さい!

朝がとくに眠い・・・そして、仕事に行きたくないのですが