更年期障害の1つホットフラッシュの汗を漢方で改善しよう!

更年期障害とは、更年期を迎えるころから、人によって異なるさまざまな症状を言います。汗をはじめ、のぼせやほてりの症状はホットフラッシュと言い、代表的な更年期障害の症状の1つになります。特に多いのが汗での悩み。更年期を乗り切るためにも、身近な漢方をまずは始めてみませんか?

更年期とは

更年期とは、どの年代を指すのでしょうか。

日本人の女性はが閉経を迎える年齢は、50歳前後と言われています。

一般的には、閉経をはさんだ約10年間、45歳〜55歳の期間を指します。

ただし初経年齢に個人差があるように、閉経年齢にも個人差があることを覚えておきましょう。早い人だと、40歳前半から更年期を迎える人もいます。

更年期障害とは

更年期障害には、どのような症状があるのでしょうか。

更年期障害と言ってもその症状は、人によって異なります。

主な症状とは、

  • 汗がよく出る
  • のぼせ・ほてり
  • めまい
  • 肩こり
  • 不眠
  • 不安感
  • イライラする
  • 腰痛・腹痛
  • 疲労感
  • 動悸・息切れ
  • うつ状態

などの症状が更年期に多く、はじめは風邪をひいたのかな?と感じる人もいます。

何かいつもと違うと感じたら、すぐに病院に行く人もいれば、少し様子をみる人、しばらく様子をみる人いろいろだと思います。

もし、更年期の年齢であれば、自分で勝手に更年期障害だと判断せずに、まずは近くの病院に行きましょう。

もしかしたら本当に風邪かもしれませんし、何か他の病気の症状かもしれませんし、更年期障害の症状かもしれません。

仕事をされている人は忙しさであったり、休みが取りにくい環境であったりして病院にすぐには行けないかもしれませんが、なるべく早く行けるようにしましょう。

更年期に多い汗での悩み

更年期障害の症状はいろいろありますが、約半数の人は汗の悩みを持っています。

女性は汗じみを気にする人がほとんどでしょう。そのためにも汗は余計に悩みの種となってしまうのです。

身体や顔がカアーとほてるように感じ、のぼせの状態になり、汗が急にドッと出てきます。

その汗はなかなか止まりません。人前で汗をかくことに恥じらいを感じる人にとっては、汗をかくことがストレスとなりさらに汗が出てきてしまいます。

 汗、汗、汗

頭からの汗、顔や額からの汗、脇からの汗、首筋からの汗というように、更年期障害の汗は上半身からの汗が特徴にもなっています。

私の知り合いの人は、50歳前後の時に首筋からの汗に悩んでいました。急に汗が出てきて止まらないから厄介だと言っていました。

さらには、早く汗止まって〜と思えば思うほど、汗の量が増えているように感じるそうです。

更年期障害の汗が、ストレスとなり精神性の発汗を促してしまっていたのです。

その方は、タオルやスカーフを首につける対策をとっていました。タオルやスカーフと言っても、薄くておしゃれな記事のものでファションになるようなものを選んでいると言っていました。

更年期障害の症状が合ったとしても、女性は何歳になっても美しくいたいもの。さりげないところでもおしゃれやファッションを楽しめる余裕を持って過ごして行きましょう。

漢方とは

汗だけでなく、更年期障害の症状に悩む人がたくさんいます。実際に更年期障害の治療に多くの人が使用しているのが漢方です。

漢方と聞くと、なんだか優しいイメージがありますね。漢方は特に女性に優しいイメージではありませんか?

あなたも一度は、何かの漢方を飲んだことがあると思います。病院に行って漢方の処方を受けた人も多いと思います。

ただ漢方は効くまでにある程度の時間を要するので、持ち帰る量が多いでしょう。

風邪に効く漢方、ココロに効く漢方、胃腸に効く漢方、頭痛に効く漢方、小児の漢方、冷えに効く漢方、不妊症に効く漢方、更年期障害に効く漢方など漢方の種類は数え切れないほどたくさんあります。

葛根湯などは、風邪に効く漢方として有名ですね。風邪の中にも、鼻水に効く漢方、熱に効く漢方など細分化されています。

花粉症に効く漢方やアレルギー症状に効く漢方も最近よく知られています。

漢方とは、よく自然の恵みと知られています。漢方は、自然界にある植物や鉱物などの生薬を、原則として複数組み合わせて作られた薬になります。

そして、漢方は1剤に複数の成分が含まれているため、複数の症状にも効果が期待できます。

漢方は、何千年という長い年月をかけて行われた治療の経験によって、どのような体質の人に合うのかなども考慮され、今ある症状だけを治療するのではなく、その人全体を総合的に治療していく独自の考えの元に出来ています。

更年期障害によく用いられる漢方

  • 加味逍遙散(かみしょうようさん)
  • 温経湯(うんけいとう)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 五積散(ごしゃくさん)
  • 当帰薬散(とうきしゃくやくさん)

などの漢方が更年期障害によく用いられています。

加味逍遙散(かみしょうようさん)

  • 体力中等度以下
  • のぼせ感
  • 肩こり、疲れやすい
  • 精神不安
  • 不眠
  • イライラ感のある方

などの更年期障害に適用されています。

温経湯(うんけいとう)

  • 体力中等度以下
  • 手足のほてり
  • 不眠
  • 唇がかわく方

などの更年期障害に適用されています。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

  • 比較的体力がある
  • 肩こり
  • 頭痛
  • めまい
  • のぼせから足冷えなどがある方

などの更年期障害に適用されています。

五積散(ごしゃくさん)

  • 体力中等度又はやや虚弱体質
  • 頭痛
  • 冷えがある方

などの更年期障害に適用されています。

当帰薬散(とうきしゃくやくさん)

  • 体力虚弱
  • 冷え症
  • むくみ
  • 貧血の傾向がある
  • 疲れやすい

などの更年期障害に適用されています。

漢方のメリットは、複数の症状の改善に効果が期待できるところです。

また漢方はその人の症状を含めて体質や体格なども考慮されて処方されます。

その人にバッチリ合えばよく効果が感じられます。逆に合わなければ症状の改善には至らない場合もあります。

その場合は、他の漢方に切り替えるなどの対応が必要になりますので医師や漢方医に相談してみましょう。

女性の不定愁訴に用いられる代表的な漢方!

更年期障害によく用いられる漢方もいろいろありますが、その中でも、加味逍遙散(かみしょうようさん)は女性の不定愁訴に用いられる漢方で有名です。

月経異常や更年期障害など、女性特有の症状によく用いられています。

上でも少し挙げましたが、

  • 体力があまりない
  • のぼせ感
  • 汗が出る
  • 頭痛
  • 肩こり、疲れやすい
  • 精神不安、イライラ
  • 不安感
  • 不眠
  • イライラ感のある方

などの身体的・精神的な不調にと広く用いられます。

逍遙とはぶらぶら歩くことを意味しており、加味逍遙散はさまざまに移り変わる症状に効果があることからつけられた名前だそうです。

現代社会は、ストレス社会とも呼ばれています。

さまざまなストレスからくる頭痛やめまい、不安感、不眠などの症状に悩む方が多くなっています。加味逍遙散は、そういった心身の不調にも適用されています。

更年期症状の汗、ストレス性の汗、自律神経のバランスの乱れからくる汗、の原因も1つに特定するのは難しくなっています。

こういったとき、さまざまな症状をカバーしてくれているのが加味逍遙散です。

あなたの症状、体質、体格などのピッタリ合えば、症状が改善されていくでしょう。

加味逍遙散は、更年期であってもなくても、のぼせや汗、緊張感など何か思い当たる症状や心配なことがあれば一度、試してみる価値のある漢方です。

こちらの記事もご覧下さい!

更年期に気になる顔から首から脇などからの汗、6つの対策!