更年期に多い汗の悩みに効く、こちらのツボを押しましょう!

女性の体は、さまざまなイベントからホルモンバランスが崩れやすいです。毎月の月経、妊娠、出産、育児、そして閉経と事あるごとに体は変化していきます。その中でも、特に女性を悩ませているのが更年期の時期です。顔にほてりを感じて、汗が止まらなかったりします。今回は、更年期ののぼせや汗に効くツボを紹介します。

更年期とは

更年期・・・なんだか体がだるいような気がする、イライラするなど、さまざまな不定愁訴に悩む人が多くいます。

更年期というと・・・

40代?50代?60代?でしょうか。

更年期とはいつの時期でしょう?

更年期とは、主に、女性が閉経を迎える前後の約10年間を表します。

日本人女性は約50歳前後に閉経を迎える人が多いということから、更年期とは年齢でいうと45歳〜55歳を指します。

初経年齢も人によって違うことから、閉経年齢も人によって違ってきます。それに伴って、更年期を早く迎える人もいれば遅く迎える人もいます。

この時期に、さまざまな不定愁訴やのぼせ、汗、頭痛、腹痛、イライラなどの症状が出てきます。これらをまとめて更年期障害と呼んでいます。

更年期には約半数の女性が何かしらの悩みを抱えていることが多いのです。

更年期障害の中でも多いのがホットフラッシュ、汗になります。

更年期のホットフラッシュ、汗

更年期のホットフラッシュ、これは、のぼせのことを言います。名前の通り、熱がフラッシュのように光って汗をかき、時間が経つとスッと収まっていき元に戻る症状になります。

のぼせて、汗をかく・・・まるでサウナに入っているような感じです。

更年期の汗は、長湯をした後のように頭がのぼせて、気温や室温に関係なくカ〜っと汗が出てきます。その汗も大量に出てきて止まらなかったりします。

大量の汗が出てくる・・・

更年期のホットフラッシュで起こる大量の汗は、主に上半身に出てきます。

頭、額、首回り、胸、背中、ワキなどから、何の前兆もなくいきなり吹き出してきます。

この時の汗は、普段の汗ばんだような汗ではなく、ダラダラと噴き出してくるような汗です。

暑い夏に運動した後に出てくるような吹いても吹いても出てくるような汗です。

更年期にこのように出てくる汗は5分以内に収まる人が多いですが、10分以上出てくる人もいるようです。

どんどん汗が出てくる人は、更年期における汗だけではなく、そのから精神性の発汗を促してしまっている可能性が高いです。

発表会やスピーチなど人前で話す前などにワキや頭、手や足などに汗をかいたことはありませんか?

これらの汗は、緊張による精神性の発汗になります。

更年期の汗・・・できれば人前では起きて欲しくないです。でも出てきたらどうしよう・・・、出てきたら嫌だな・・・などを考えることで精神性の発汗を引き起こしてしまうのです。

実際に汗が出てきたら、早く止まって欲しいと思います。お化粧崩れにもなってしまいますし。しかし思えば思うほど、汗が出てきて逆効果だったりします。

このような時は、汗くらいいいや〜と思うようにしましょう。そう思って精神的にリラックスする方が汗の止まりが早くなります。

休憩室やトイレ、化粧室などに場所を移動できるのであれば移動して、一息つきましょう。

気温や室温に関係なく、のぼせてしまう

汗がダラダラ出るまではいかないけれど、身体に熱がこもっているように感じる、のぼせているというのは、更年期の女性の多くが経験しています。

またこの症状は長く続くわけではないので、熱がこもっているように感じて気がつかない人も多いようです。

夏でもないのに、のぼせているように感じる、風邪気味なのかな〜?くらいです。

大量の汗に比べると、症状は軽いですが、こちらも更年期からきている症状だと知っておくのは大切です。

また、その後本当に熱が出たり、鼻水、くしゃみ、のど痛などの症状が出てきたら、それは風邪になりますので早めに休みましょう。

どちらにしても、身体にのぼせやほてりを感じた時は、一息つくようにしましょう。無理をしすぎないように、早めにリラックスできるようにする、早めに休むようにしましょう。

頭がのぼせてしまう・・・

頭がのぼせるといった状況は、

  • サウナに入った後
  • 長湯をした後
  • 炎天下で活動した時

などになります。

熱中症傾向にあるときなども頭がボオ〜っとしているように感じます。

これらのときは、血管が拡張していますので、のぼせたような感覚になっているのは自律神経が正しく働いている証拠と言えます。

しかし、何も関係なく急にのぼせた感じになるというのが更年期の症状になります。

更年期の症状も軽ければその場、我慢できますが、ひどいと頭痛や吐き気が伴うケースもあります。

月経前症候群の症状も人によって違うように、更年期の症状も人によって違います。

生理痛がひどい人もいれば、そうでない人もいます。もし、あなたが症状がひどい方だと感じるのであれば、一度病院に行きましょう。

ホルモン補充療法が必要な場合や他の病気がある可能性も考えられますので、症状がひどいと感じる場合は医師に相談しましょう。

突然ののぼせやほてり、汗が起きてしまったときはどのように対処すれば良いのでしょうか?

のぼせは我慢できてもは人目にもすぐに分かってしまうので出来るだけ抑えたい症状ですね。

今回は、のぼせや汗に効果のあるツボを紹介します。

更年期ののぼせや汗を抑えるツボ!

更年期の症状、のぼせや汗を抑えるには、ツボ押しがかなり効果的です。

のぼせは自律神経の乱れからきています。その乱れを速やかに戻してくれるツボ、吹き出る汗を抑えてくれるツボ、のぼせや汗に効果のあるツボを刺激して症状を軽くしましょう。

更年期の症状に効くツボ、合谷(ごうこく)

こちらのツボは、更年期の症状以外でもいろいろな症状に効果があるため、とても有名なツボです。

また汗を抑えてくれる効果があるツボです。

両手とも合谷のツボの位置を押してみましょう。

反対側の親指でツボの位置を揉むように押すと刺激しやすいです。押すと痛みを感じますので、覚えやすいツボです。

手にあるツボのため、職場や自宅どこでも人前を気にせずにツボ刺激が出来るので大変便利なツボになります。このツボは覚えておいて損はないでしょう。

更年期の症状に効くツボ、百会(ひゃくえ)

こちらのツボもかなり有名です。百会のツボは、ちょうど頭のてっぺんにあります。

頭のてっぺんを押してみましょう。少し痛みを感じませんか?

そこが百会のツボです。

のぼせを感じたときにツボを押してみましょう。ただ頭にあるツボなので、人前では押しにくいツボになりますので、リラックスできる場所に移動して押しましょう。のぼせや汗の症状が軽くなるでしょう。

百会のツボは、自律神経のバランスを整えてくれる作用がありますので更年期の症状にまさにピッタリです。

ツボの効果もいろいろあります。

  • 自律神経の改善
  • 更年期障害
  • 生理痛
  • ストレス
  • 頭痛
  • 不眠
  • 目の疲れ
  • 肩こり

など他にもたくさんの効果が期待されています。

自律神経は、全身の内臓や血管機能をコントロールしている神経になります。この働きを整えることは、身体全身に良い効果を発揮してくれます。

このツボは自律神経のバランスを整えてくれるので、精神面にも良い影響を与え、上に挙げたようにストレス、不眠、自律神経失調症、更年期障害などの改善に役立っています。

百会のツボはまさに救世主のツボと言えます。

更年期障害に効果のあるツボ押しも生活に取り入れて症状を軽く抑えるためにも自律神経を整えていきましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

更年期障害の1つホットフラッシュの汗を漢方で改善しよう!

汗かきは、自律神経の乱れが原因かもしれない