のぼせや汗などに悩む更年期、この症状いつまで続くの?

のぼせや汗、イライラ、疲れ、めまいなど様々な症状が出てくる更年期。症状が軽い人はそう日常生活に支障はありませんが、症状がひどい人にとっては本当に辛い時期・・・。この症状、いつまで続くの?まして月経期間も不安定、体調も悪いとなると更年期が早く過ぎてほしいと思っている人も多いでしょう。更年期はいつまで続くのでしょうか。

更年期とは

更年期とは、女性の閉経をはさんだ前後約10年間の期間をいいます。

日本人女性の平均閉経年齢が50歳前後と言われています。

初経年齢が人によって違うように、閉経年齢も異なります。

個人差はありますが、おおよそ更年期は45歳〜55歳あたりと言えます。

閉経が近づいてくると、卵巣の働きが以前より低下していきます。そして女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌量が急激に減少されます。

それにともなって、身体にさまざまな症状が出てきます。

  • のぼせ
  • 汗をかきやすい
  • 疲労感
  • イライラ、不安感
  • うつ
  • めまい
  • 吐き気
  • 頭痛、腰痛

などのさまざまな症状を総称して、更年期障害もしくは更年期症状と呼ばれています。

更年期は、女性ホルモンの影響により身体もココロも不安定になりやすい時期になります。

更年期に多い症状、汗・・・

さまざまな症状がありますが、更年期の約半数の女性が悩んでいるのが、汗に関する悩みです。

汗に関する悩みとしては、

  • 暑くもないのに汗をかく
  • 顔から汗が出てきて困る
  • 首から流れるように汗が出てくる
  • 脇汗が出てきて恥ずかしい
  • 寝汗がひどい
  • 汗を早く止めたい
  • いつ汗が出てくるのか不安
  • 汗がいつまで続くのか分からない

など、たくさんの汗に関する悩みがあります。

汗に関する悩みについて、それぞれ見ていきましょう。

暑くもないのに汗をかく

更年期になると、暑くもないのに汗が出てきます。更年期は女性ホルモンの分泌量が減少し、自律神経のバランスが乱れやすくなります。

更年期の汗は、季節や時間に関係なく急に出てくるために対応に困ると言われています。

顔から汗が出てきて困る

汗も顔、額、頭と人目に見えるところからダラダラと出てきます。そのため外出先や職場、通勤中に急に汗が出てくると恥ずかしく感じます。

特に女性は、汗を人前で流すことに抵抗を感じたり、羞恥心をともなう人が多いようです。

首から流れるように汗が出てくる

顔もそうですが、首から汗がダラダラと流れるように出てくる人もいます。もしくはジワジワと汗が出てきて吹いても吹いても止まらないようです。

おしゃれなスカーフや、涼しさを感じられるようなスカーフが最近人気で、おしゃれにファッションに取り入れている人もいます。

更年期の汗症状があったとしても、女性はいつまでもおしゃれに美しくいたいものです。

脇汗が出てきて恥ずかしい

更年期の汗は、脇汗もあります。脇汗は、汗染みになり、外から見ると洋服のワキの部分だけが湿っているように見えてしまいます。

普通に汗をかくのも羞恥心がともないますが、脇汗はさらに恥ずかしさを感じてしまいます。

脇汗パットなどや脇汗パット付きの下着などを上手く利用して、更年期を乗り切りましょう。

寝汗がひどい

寝汗も、更年期ののぼせからくる代表的な症状になります。

更年期ののぼせの症状は、昼間だけではなく、夜間にも時間関係なく起こるために、睡眠中にほてりや汗が出てきてしまいます。

就寝中に起こった場合、何度も目が覚めてしまったり、洋服を着替えたりしているうちに、ストレスを感じる人が多くいます。ひどい場合は睡眠障害となる可能性も考えられます。

あまりに寝汗がひどい場合は病院に行きましょう。

早く汗を止めたい

更年期のは主に上半身から出てくると言われています。そして汗が時間関係なく出てくると、その場で一刻も早く汗を止めたいと思います。

この早く汗を止めたいと思う気持ちが、プレッシャーやストレスになることがあります。

こうなってしまうと、逆に精神性の発汗を促すことになり、汗がもっともっと出てきてしまいます。

いつ汗が出てくるのか不安

人前で、汗が出てきて恥ずかしい思いをした方は、今度いつ汗が出てくるのか不安になってしまいます。

この気持ちもプレッシャーやストレスになりやすく、更年期の汗ではなく、精神性の発汗を招いてしまうことになります。

いつ汗が出てきてもいいや〜と思えるくらいの方が良いでしょう。

汗がいつまで続くのか分からない

汗がいつ出てくるのかも不安になりやすいですが、この汗がいつまで続くのか分からない人が多くいます。

5〜10分程度で治る人もいれば、10〜30分と汗が続く人もいます。いつまで続くのか分からないことも不安やストレスになりやすく、精神性の発汗につながりやすいと言えます。

汗がいつまで続くかは個人差が大きく関係しています。そして汗が出始めたときには、不安やパニックにならないようにしましょう。

場所を変えたりしてゆっくりリラックス出来る環境を作るのが一番です。センスで扇いだりすると気分的にもサッパリします。

リラックス環境に身を置くことで、汗は徐々に治っていきます。

更年期はいつまで?

更年期はいつまで?この症状はいつまで続くの?一体、いつまで・・・。

というように、更年期の症状がつらいと、真剣にいつまで?と思うでしょう。

いつまで、この症状と付き合っていかなくてはいけないのか?いつまで〜と気になります。

更年期の症状がいつまで続くのか分からないことが新しいストレスにもなりますし、とても不安になります。

あなたの更年期は、いつまでです!と言ってもらった方がずいぶん気が楽になると思います。

しかし、更年期の期間は個人差がありますので、いつまでです!と断言することは出来ません。

初経のときもそうだったと思います。あなたの月経はいつから始まりますとは、誰も言ってくれません。誰も分からないのです。

更年期も同じです。いつまでか分からないけれど、いつかは終わるのです。

更年期の期間は、約45歳〜55歳ですので、55歳を目処に考えておくと良いでしょう。

55歳を超えても、症状がひどい人は病院を受診してみましょう。もしかしたら、その症状は更年期からきているものではなく、他の病気の可能性も考えられます。

例えば多いのは自律神経失調症などです。更年期も自律神経のバランスの乱れが関係しています。

更年期が過ぎても、その自律神経の乱れが整わず、乱れたまま、もしくはさらに乱れてしまったりして、そのまま更年期の症状を引きずることも、しばしばあります。

更年期は、女性ホルモンの分泌量が減少し、自律神経も乱れやすいうえに、夫や子供、姑などとの人間関係、真面目な性格、神経質な性格、心配しやすい性格などといった気質的な要因も重なって、更年期の症状として出てきます。

更年期のつらい症状はいったい、いつまでつづくのでしょうか?

更年期の症状の期間は、どのくらい?

更年期の症状やいつまでといった期間には個人差がありますのは、症状が強くあらわれるのは平均2〜3年と言われています。

いつまで続くのか不安になりやすいですが、いつまで〜???と考えすぎず、

  • 適度な運動
  • 気分転換
  • リラックス
  • バランスの良い食事
  • 睡眠や休息時間の確保
  • ストレス対策

など、少しでも規則正しい生活になるように心がけることが大切です。湯船にゆっくり浸かるなど日頃できることから取り組み更年期と上手く付き合いましょう。

更年期のつらい症状が、いつまで続くのか?と考えるのではなく、いつかは終わると前向きに捉えるようにしましょう。更年期は一生続くものではありません。

いつまで続くのだろうと途方にくれたり、凹んだりして、うつ傾向になってしまう人も少なくありません。

過度のストレスをためるようなことはせず、仕事や家事も無理をせず、自分の身体とココロに向き合う時間を十分に取ることをオススメします。

こちらの記事もご覧下さい!

更年期に多い汗の悩みに効く、こちらのツボを押しましょう!