顔に汗をかくのは、新陳代謝が良いからでしょうか?

汗かきで困っている人は意外に多いです。それは汗の悩みは、なかなか人に言いだしにくいからです。特に顔からの汗は、人目にすぐに分かります。顔や手に汗をかくことに恥ずかしさを感じる人もいます。汗かきの人は、新陳代謝が良いと言われたことがありませんか?顔や身体に汗をかくのは、新陳代謝が良いから!これは本当でしょうか。

顔からの汗に困っていませんか?

っかきで困っていませんか?

汗の悩みは、なかなか人に言い出しにくかったりします。

自身の汗の話もそうですが、他人の汗については、なおさら話しにくいものです。

汗といっても、顔からの汗、脇からの汗、背中からの汗、手からの汗、足からの汗などさまざまです。

特に、顔からの汗は、すぐに人目に分かるので、なんとかしたいものです。私は、顔が火照りやすく、顔からしょっちゅう汗をかいていました・・・。

運動をしているときの汗は、別ですが、夏でもなく、運動もしていないのに、汗がダラダラ出てくるのは、困ります。

原因は、更年期の症状や自律神経の乱れ、他にも極度の緊張や恐怖を感じているなど、精神的なことも汗に影響しているのです。

汗の役割って何?

汗は、場面によってしょっちゅうかくと思いますが、汗の役割はご存知ですか?

汗は、気温が高く暑いと感じたときや緊張したときに顔や手のひら、足の裏など身体の皮膚表面から出てくるものです。

たいてい身体から汗が出ると、着ている洋服が汗で湿ったり、濡れてしまったりします。

そして、女性を悩ませるのが顔からの汗です。顔からの汗は、お化粧くずれを起こしてしまうからです。

私にも化粧くずれの経験がたくさんあります。朝に、キレイに化粧できた!と思って、通勤すると、その途中に汗をかいてしまうのです。

ある日、メイクレッスンに行ったので、汗による化粧崩れについてビューティーカウンセラーの方に聞いてみました。

その方から、私たちは顔にも毛穴がある生き物だから、顔から汗をかくのは当たり前、肌も一生懸命に呼吸していることを教わりました。

確かに、そう言われてみれば納得です。顔からの汗は気になりますが、顔の毛穴を取り除くことは難しいです。

結局、その日は、お化粧崩れ起きにくい肌ケアやメイクの仕方を学びました。

話は戻りますが、汗は、私たち人間に欠かせないものです。ベタつきがあったり、お化粧崩れ、不快な臭いなどはありますが、汗は、重要な役割をしています。

汗の役割は、体温調節です。夏の暑い日は、何もしなくても汗が出てきますし、風邪で高熱が出たときなども、汗をかきます。

私たちは、体温を一定に保つ恒温動物ですので、体温調節は生きていく上で非常に重要な役割になります。

もし汗が出ないと、体内に熱を溜め込むことになり、体温がどんどん上がってしまいます。

すると、夏に注意されている熱中症なども起きやすくなります。

こんな経験はありませんか?

風邪を引いて休んでいるのに、熱は一向に下がらない。でも汗をびっしょりかいたら、自然と熱も下がっていた。

そのときは顔からも、体からも汗びっしょりでパジャマを着替えるほど汗をかくでしょう。

このように汗は、体温調節の重要な役割を担っているのです。

そこで、よく聞くのが、汗をかくのは新陳代謝が良いからでしょ!という話しです。

汗をかくのは新陳代謝が良いから?

汗をよくかく人は、新陳代謝が良いと言います。確かに新陳代謝がよいと、汗が出やすい体質と言えます。

食事をするだけで、顔から汗が出る人もいます。これはカレーなど、香辛料やスパイスの効いた食べ物を食べると汗が出るという味覚性発汗にもなりますが、新陳代謝がよいとも言えます。

まず、新陳代謝について見ていきましょう。

新陳代謝とは

そもそも、代謝とは身体の外から取り入れた栄養分やエネルギーを体内で消費すること、利用することを指します。

そこで、代謝は大きく2つに分けられます。

  1. 基礎代謝
  2. 新陳代謝

1、基礎代謝

基礎代謝とは、体温調節や呼吸など、生きていく上で重要な生命維持活動にエネルギーを使うことです。年齢や性別によって、違ってきます。

基礎代謝で、エネルギーの消費が大きいのは筋肉になります。そのため、運動をして筋肉量を増やすと基礎代謝がアップし、痩せやすく太りにくい体質となります。

運動をして筋肉量を増やし基礎代謝を上げることは、ダイエットに効果的です。

2、新陳代謝

新陳代謝とは、古くなった細胞が新しい細胞に入れ替わることです。新陳代謝は、肌や内臓など、身体全身の細胞で常に行われています。

新陳代謝は、身体の部位によって、細胞が入れ代わる周期が異なりますが、おおよそ3か月で入れ替わります。

新陳代謝の周期は、年齢によっても変わってきます。

子供は大人に比べて新陳代謝の周期も短いので、転んだり怪我をして出血したりしても、その傷の治りが早いものです。傷跡がキレイに消えてなくなるほどです。

しかし、年齢を重ねるにつれて新陳代謝の周期も長くなるために、怪我をすると、傷跡がなかなか消えなかったりします。

料理中の火傷も20代のころは傷の治りが早かったけれど、40代になると、同じ火傷でも傷の治りが遅い・・・後が残ってしまった・・・という人もいます。

新陳代謝が良いと汗が出やすいというのは、新陳代謝が行われている時=新しい細胞が生まれる時に、エネルギーを大量に使い、体温が上がるためです。

エネルギーを使うことで体温が上がり、そして体温を調節するために、たくさん汗として出しているのです。

これらの理由から、代謝が良いと汗を良くかくというのは事実になります。

しかし、落とし穴があります。新陳代謝が良いと汗を良くかくと言われますが、その反対、汗を良くかく人が新陳代謝が良いかというと、そうとは限りません。

新陳代謝が良いから汗をかく人を目指しましょう。

汗をよくかくのに、新陳代謝が悪い人の特徴を挙げておきます。

  1. 冷え性の人
  2. 太っている人
  3. 運動不足の人

残念ながら、これらの人は、新陳代謝が良くない上に汗をよくかきます・・・。

1、冷え性の人

新陳代謝が悪いと、身体の血行が悪くなります。手や足先に十分な血液が届かず、血液が流れにくくなり、冷えを感じてしまうのです。

手足は冷たいのに、だけ火照っているように感じることもあります。顔だけ火照ってしまい汗をかくのは、結構つらいものです。

さらに冷え性の人は、自律神経のバランスも乱れやすく、症状が進んでしまうこともあります。

2、太っている人

太っている人は、皮下脂肪が断熱材の役割をして、体内に熱がこもりやすくなります。

そのために、体温を調節するために汗をかきます。

顔に汗をかきやすく、ハンカチで拭いているイメージがありませんか?

また、太っていると言っても、見た目だけではありません。外から見れば、痩せている人でも、隠れ内臓脂肪の人も多く、体内に熱がこもりやすくなります。

新陳代謝を良くして、体温調節がスムーズにいくようにしましょう。

よく汗をかくのに、新陳代謝が悪い・・・ではなく、よく汗をかいて、新陳代謝が良い人を目指しましょう!

3、運動不足の人

運動不足の人は、基本的に代謝が悪くなります。

新陳代謝も基礎代謝も悪くなり、汗をかかない体質になってしまいます。

汗が出ないことから、汗腺の働きが悪くなり、顔や頭など、特定の部位だけから汗をかくようになります。

汗をかいて、新陳代謝がよくなるように、運動をしたり、バランスのとれた食事をしたり、睡眠時間を確保したりと出来ることから普段の生活を整えていきましょう!

こちらの記事もご覧下さい!

汗っかきで困っています。汗腺の多い場所はどこ?