辛いものを食べると汗をかくけれど、新陳代謝って上がるの?

辛いものを食べると、額や頭、顔から汗がダラダラ出てきますね。辛いものを食べると汗が出るのは、味覚性の発汗によるものです。辛いものを食べて、いっぱい汗をかくのは分かるけれど、新陳代謝って上がるのでしょうか?新陳代謝が上がるのならば、ダイエットにも良いのでしょうか。いろいろな疑問を見ていきましょう。

辛いものを食べると汗が出る!

辛いものを食べると、汗が出てきますね。

辛い食べ物と言えば、激辛ラーメン、カレー、麻婆豆腐などでしょうか。

夏に汗を流しながら、辛い〜暑い〜と感じながらカレーを食べるのが好きな人も多いのではないでしょうか。

他にも、タイ料理、インド料理はチリやスパイスを使っていることたくさん使っているために、辛い食べ物が多いことで有名です。

辛いものを食べて汗をかくのは、味覚性の発汗になります。

ここで汗のかき方についてサラッと見てみましょう。

汗のかき方には、大きく分けて3種類あります。

  1. 温熱性による汗
  2. 精神性による汗
  3. 味覚性による汗

1、温熱性による汗

温熱性による汗は、外気温が上昇したり、運動したときにかく汗です。主に体温調節のためにかく汗になります。

2、精神性による汗

精神性による汗は、緊張したり、驚いたり、恐怖を感じたりしたときにかく汗です。

大勢の人前でのスピーチの後やお化け屋敷から出てきたら後に、ビッショリまたはジンワリと汗をかいていたことはありませんか?

3、味覚性による汗

味覚性による汗は、通常、辛いものを食べた時にかく汗で、顔や額、鼻などを中心に汗をかきます。

食べ物は、辛いものが多いのですが、人によっては、甘いものや酸っぱいものでも汗をかきます。

辛いものを食べると新陳代謝って上がるの?

辛いものを食べると新陳代謝が上がるのは、本当でしょうか?

汗もかきますし、新陳代謝も上がるように思いますね。

実際のところは、辛いものを食べると、その後、新陳代謝の量が増えるという研究もあるそうです。

辛いものを食べて新陳代謝が上がる〜ラッキー!辛いもの、たくさん食べようっと思うのは、早いです。

なぜなら、辛いものだけを食べれば良いというわけではないのです。

辛いものが新陳代謝に影響を与えるのは、一時的!

確かに辛いものを食べると、新陳代謝を含む代謝が促進されます。

しかし、辛いものを食べるだけでは私たちが想像するような大きな効果は得られません。

例えば、辛いもの食べる→新陳代謝が上がる、痩せることが出来る!ダイエットになる!といったことです。

新陳代謝が上がる、ダイエットに成功!体重が減るというのはもう少し長期的な計画で見る必要があります。

辛いものを食べると、新陳代謝が上がるから、体重が減る〜というような即効性は期待できません。

また、辛いものは食欲を増進する作用があるので、かえって食べ過ぎてしまい体重が増えることもも考えられます。食べ過ぎには気を付けましょう。

辛いものはダイエットにも効果的?

辛いものを食べてダイエットでの効果を得たい場合は、運動との組み合わせが重要になります。

やはり、健康的に痩せるには運動が欠かせません。

ただ、辛いものを食べるのではなく、運動も取り入れて健康的に少しずつ痩せましょう。その方が、身体への負担も少ないのです。

それでも、運動となると、ある程度の自己をコントロールする力が必要になります。

何も、息が切れるほど走ったりしなくても良いのです。運動は苦手な人、得意な人がいますから、それぞれが楽しめる範囲に身体を動かしましょう。ウォーキングや散歩でも構いません。

辛いもので思い出しましたが、私は、チリを収穫する仕事をしたことがあります。

辛いものといえば、チリ!

オーストラリアに来た時に、苺ファームで働いていました。苺ファームとチリって、何の関係があるの?と思いますね。

実は、そちらのオーナーさんが、タイ人だったのです。とても優しくて、働き者で、料理も上手でとても楽しいファーム生活を過ごしました。

仕事は、夏の暑い40度近くなる日でも、冬の寒い手が凍ってしまいそうな日でもあり、体力仕事だったので、さすがに1日の終わりにはヘトヘトでしたが。。。

しかし、しんどい仕事の後でも楽しみがあったのです。それはオーナーさん家族との夕食の時間です。

美味しいタイ料理を毎日、楽しみにしていました。

ここで、いろいろなことにビックリしました。タイ料理に使う、チリの多さと美味しさです。

はじめは、辛い、辛い、辛い、が出てきた〜どうしよう〜食べれない〜といった具合でしたが、だんだんとその辛さに慣れていきました。

そしてもっともっと辛さを欲しくなるのです。

オーナーさんの手作りのチリドレッシングらしきものは、はじめは、スプーン半分でしたが、だんだんスプーン1杯、2杯と増えていきました。

そしてある日、チリを積む作業を任されました。これか〜と思いながら積んで冷蔵庫にしまいました。そのチリは、オーナーさんがいろいろな料理に使います。

タイ人はチリ好き!

量もたくさん食べるのですが、タイ人は、チリが大好きです。

タイ人の男性、女性がいうには、「私も子供の頃はチリが苦手だった。でも今は大好き、毎日、食べている!」ということです。

そして、辛い〜なんてことは言いません。彼らにとって、辛さは美味しさなのでしょう。

私が通っていた学校のはタイ人が多く、お昼の時間には、キッチンが、タイ料理の匂いがプンプンしていて、食欲がますます出ていました。

タイ人の方は、優しい人が多く、「食べる?」と聞いてくれて1口頂くと、もう辛いのなんの、どうしよう〜という具合です。

私は、辛い、辛い〜としか言えませんでした。友達は、辛いでしょ〜と笑っていました。

それはそうと、タイ人の女性ってスリムな体型の人が多いのです。男性もスリムな人が多いと思います。

韓国人もそうですね、辛いキムチを毎日食べています。韓国人も、スリムな人が多いですし。

やはり、辛いものは新陳代謝を上げる効果があるのではないかと思います。

さらに、運動をすれば、新陳代謝も上がりダイエットの効果を得られることでしょう。

しかし、注意するべき点もあります。

辛いものを食べるときの注意点!

辛いものを食べると、汗をかきますし、新陳代謝も一時的に上がりますが注意点もあります。

  1. 胃腸の弱い人
  2. カロリーオーバー

1、胃腸の弱い人

辛いものには、カプサイシンなどの香辛料が含まれています。香辛料は強すぎると、胃腸に過度な刺激となります。胃痛や下痢の原因にもなります。

辛いものを食べて、翌日、胃に痛みを感じたり、お腹が痛くなったりしたことはありませんか?

私はいつもタイ料理を食べに行くと、マイルドにお願いしますと言います。

それでも、辛いのが苦手な私にとっては、辛いのですが、タイ料理は美味しいのでたまに無性に食べたくなります。

2、カロリーオーバー

辛いものは、ご存知の通り食欲もそそられますし、白米と合いやすくご飯が進みカロリーオーバーになってしまいます。

また、油や砂糖をびっくりするほど使っています。タイ人のオーナーさんが料理しているときに使う、油と砂糖の量を見たときには、え〜っ、そんなに使うんですか?と聞いてしまうほどの量を使っていました。

辛いものは、汗を促し、新陳代謝も一時的にアップはするものの、カロリーオーバーや胃腸などへの消化器に負担がかかりますので、ほどほどにしましょう。

そして、健康的にスリムになれるように運動を取り入れましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

汗っかきで困っています。汗腺の多い場所はどこ?