汗をかかない原因は何!?新陳代謝が良くないから?

汗をよくかく人は、一般的に基礎代謝や新陳代謝が良いからと言われています。では、汗をかかない人はどうでしょう、不健康?汗をかかない体質なのか?基礎代謝や新陳代謝が良くないのか?汗をかきたくても、なかなか汗をかかない人もいます。汗をかかない原因やメリット、デメリットなども見ていきましょう。

なぜ、汗をかかない?

汗っかきの人もいれば、なかなか汗をかかない人もいます。

外気温は暑いのに、汗をかかないのはなぜ?

汗をかかないことは、良いこと?

汗をかかない人ってどんな人なの?

そもそも、私たちは、体温を下げるために汗をかきます。運動後や夏場は良い例です。

私たちは、体温を一定に保つ恒温動物になります。

それでは、なぜ汗をかかない人がいるのでしょうか。

多くの場合、汗をかかないのは、生活習慣が原因と言われています。

汗をかかない原因は、生活習慣

よく汗をかかないのは、体質だと言います。「汗をかかない体質」でラッキー!?

汗が出てくる汗腺は、誰しも持っています。それでも、汗をかきやすい人、汗をかかない人がいます。

汗をかかない多くの原因は体質ではありません。生活習慣が関係しています。

汗をかきやすい人と、汗をかかない人の違いは、能動汗腺の数と質と言われています。

汗腺は、身体にたくさんありますが、全てが活発に活動しているわけではありません。

能動汗腺の量と質によって、汗をかく、汗をかかないに違いが生じてくるのです。

それでは、どのような生活習慣が汗をかかない原因になっているのか見ていきましょう。

汗をかかないのは、先天的に生まれ持っての体質ではなく、生活習慣が原因の場合と何かしらの病気が原因に分けられます。

  1. 冷房環境
  2. 汗腺の退化
  3. 水分の不足
  4. 運動不足
  5. 食生活の乱れ
  6. 老化
  7. 病気

1、冷房環境

汗をかかない原因の大半は、冷房環境にありそうです。今は、エアコンの普及により冷房環境が日常的になっています。

冷房がきいた部屋にいると、身体は冷える一方です。すると、身体は冷えないようにするために、なるべく汗をかかないように身体の防御反応として脳から指令が出てしまうのです。

2、汗腺の退化

能動汗腺の数は、3歳ごろまで決定します。それまでにあまり汗をかかない生活に慣れてしまっていると、能動汗腺の数が少なくなってしまいます。

能動汗腺は、その後の身体が成長しても増えることはないそうです。

赤ちゃんの頃は、あせもなどの皮膚疾患や熱中症に注意しながら、程よく汗をかく時間が合っても良いのです。

入浴などは、汗をかく絶好の機会になります。

3、水分の不足

汗をかかないのは、慢性的に水分の摂取自体が足りていないことも考えられます。

脱水傾向気味の状態です。汗をたくさんかく人は、その分、水分摂取が多い傾向にあります。

しかし汗をかかない人は、意識的に水分摂取をすることを忘れがちです。

汗をかかない人も、こまめに水分摂取することを心がけましょう。

4、運動不足

汗をかかないのと、運動不足がどう関係しているの?

運動不足になると、活動量が下がります。すると、新陳代謝や基礎代謝などの代謝機能がが低下します。

新陳代謝や基礎代謝が下がれば下がりほど、体温が下がりますので、汗をかかないことで、体温の低下を防ぐことになります。

5、食生活の乱れ

食生活は、汗をかく・かかないに関わらず、一生重要なテーマになります。

身体を冷やすような、冷たい飲み物や食べ物ばかりを好んで食べていませんか?

夏場は、気温も高いので、かき氷などの他にも氷の入った飲み物や冷たいスイカやそうめんなどを食べる機会が増えます。

これらは、身体を冷やす作用があるために、新陳代謝が低下しやすく、汗をかかないようになります。摂り過ぎには、気をつけましょう。

6、老化

加齢による老化に伴い、体内の水分量が減ります。そのため、脱水傾向になりやすく、汗をかかないように作用します。

また、筋力の低下や基礎代謝や新陳代謝も低下します。すると、これまで働いていた能動汗腺も退化していき、発汗量が減っていきます。

高齢者の室内での熱中症のニュースが多いのは、こういった背景も含まれます。

8、病気

汗をかかない病気としては、

  • 自律神経失調症
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 甲状腺の疾患
  • 無汗症
  • 腎臓の疾患

などさまざまな病気があります。

汗をかかないことが気になる方や最近、倦怠感がある人、身体の調子が優れない人は、一度病院を受診することをお勧めします。

そこで、汗をかくメリット、デメリットについて説明します。

汗をかかないメリット!

病気の場合を除いて、一定量の汗をかくことは正常なことになりますが、それにもメリット、デメリットはあります。

汗をかかないメリットには、

  • お化粧崩れの心配がない
  • 脇汗や汗じみを気にしないで済む
  • 汗をかく不快感がない

などがあります。汗かきで、汗に悩んでいる人にとっては、余計や心配や不快感を感じずに済むので大変、羨ましいことでしょう。

汗をかかないことによるデメリット!

一定量の汗をかくことは健康的な正常なことになりますので、デメリットがあります。

  • 低体温症
  • 熱中症にかかりやすい
  • 体臭が気になる
  • 新陳代謝の低下
  • 肌のトラブル

をかかない生活は、体温が上がりにくいために低体温になりやすいのです。

また、暑い時にうまく汗をかけないと、体温の上昇を抑えることが出来ず、熱中症にかかりやすくなります。

基礎代謝も低下するために、体臭が気になってきます。

汗をかかないと、新陳代謝も悪くなり、お肌のトラブルや免疫力の低下にもつながってしまいます。

代謝機能についてですが、汗に関して、大きく基礎代謝と新陳代謝があります。

そもそも代謝とは、身体の外から取り入れた栄養分やエネルギーを体内で消費したり利用したりすることを言います。

基礎代謝とは

基礎代謝とは、何もせずにじっとしていても、生きていくために重要な呼吸や体温調節などの活動に消費されることエネルギーを指します。

基礎代謝は、年齢や性別、活動量によって違いが出てきます。

新陳代謝とは

新陳代謝とは、古い細胞が新しい細胞に入れ替わることを指します。

新陳代謝は、特に美容や健康面で、細胞の新陳代謝などと言われています。新陳代謝がスムーズに行われていると、肌のターンオーバーの周期も順調で若々しい健康的なお肌を維持できます。

代謝を良くして、アンチエイジング!

アンチエイジング、よく聞く言葉です。誰しもいつまでも若々しくいたいと願うもの。

新陳代謝が良い人と、新陳代謝が悪い人では、怪我をした後に傷の治りにも違いが出てきます。

新陳代謝が良い人は、細胞の入れ替わりがスムーズで傷の治りも早いのですが、新陳代謝が悪い人は、傷の治りが遅くなるケースがあります。

高齢の方は、若い人と比べると新陳代謝のスピードは遅くなりますが、新陳代謝は行われています。

さらに、よく運動されて筋力量も多く、水分摂取や食生活のバランスも良いと、新陳代謝の老化を遅らせることが出来ます。いわゆるアンチエイジングです。

新陳代謝を高めるためにも、定期的な無理のない運動、水分摂取、食生活を整えるなどを意識しましょう。

新陳代謝が高まると、基礎代謝も良くなり、気持ち良い汗をかけるようになります。

汗をかかないと感じている人は、ストレス発散をうまくしたり、質の良い睡眠を取れるように改善したり、些細なことからですが、新陳代謝が良くなるように心がけていきましょう。

新陳代謝を良くすることで、基礎代謝もアップして、より健康的な生活が送れるようになるでしょう。

こちらの記事もご覧下さい!

汗腺を鍛えるには、サウナや毎日の入浴が効果的!