便秘を解消したい!妊婦さんにもおすすめの飲み物!

便秘になると、便が出ないだけでなく気分までブルーになったりします。肌荒れ肌トラブルになったり、ガスが臭くなったり・・・。そんな便秘は健康にも美容にも良いことありません。便秘は1日でも早く解消させましょう。妊婦さんにもおすすめの便秘解消の飲み物をご紹介します。もちろん、妊婦さんでなくても便秘解消、おすすめの飲み物です。

妊婦さんにおすすめの飲み物!

妊婦さんにとって、水分補給はとても重要になります。

妊娠すると、つわりや便秘になる機会が増えます。

そんなとき、どんな飲み物を飲むと良いのだろう。

妊婦さんにもお腹の赤ちゃんにも、大切な水分補給。

まず妊婦さんにとって、どんな飲み物がおすすめで、どんな飲み物は冷えた方が良いのか、見ていきましょう。

妊婦さんにおすすめの飲み物は、

  • 麦茶
  • 軟水
  • ルイボスティー
  • たんぽぽ茶
  • ローズヒップティー
  • カフェインレス飲料

などの飲み物が妊婦さんにおすすめされています。

麦茶は、ノンカフェイン飲料ですので、赤ちゃんへの影響なく安心して飲める飲み物で有名です。

また、麦茶にはミネラルや食物繊維が豊富に含まれていますので、妊婦さんの飲み物にもとても適しています。

しかし、麦茶はデメリットとして身体を冷やす作用があります。妊婦さんは身体を冷やすということは避けたいですので、常温、もしくは温めるなどして飲みましょう。

ルイボスティーも、麦茶同様、ノンカフェイン飲料です。妊婦さんの身体にもやさしい鉄分やカルシウムなどの栄養価も高く、おすすめです。

妊婦さんは水分が不足してしまうと、つわりが悪化したり、便秘、血流の悪化などから体調が悪くなりやすくなります。

適切な水分補給をして、妊婦さんは身体の水分が不足してしまわないように、無理のない範囲で普段よりこまめに飲み物を口にしましょう。

妊婦さんは、控えた方が良い飲み物!

妊婦さんにおすすめの飲み物もあれば、その逆で妊婦さんは控えた方が良い飲み物もあります。

妊婦さんは、控えた方が良い飲み物は、

  • カフェインを多く含む飲み物
  • ハトムギ茶
  • アルコール
  • 子宮刺激作用のある成分を含んだハーブティー

などが挙げられます。

カフェインを多く含む飲み物

妊婦さんにカフェインを多く含む飲み物は、おすすめされていません。

  • コーヒー
  • 抹茶
  • 緑茶
  • ウーロン茶
  • コーラ
  • 栄養ドリンク剤

などには、カフェインが豊富に含まれています。

カフェインの神経興奮作用の影響で、質の良い睡眠を取れなくなったりもします。

カフェインの作用は、胎盤を通してお腹の赤ちゃんにも影響しますので、妊婦さんは控えた方が良い飲み物になっています。

カフェイン飲料を妊娠前から大好きで、どうしても飲みたいときは、1日1〜2杯程度に控えておきましょう。

カフェインレスの飲み物に切り替えるのも良いでしょう。コーヒー好きの人は、たんぽぽコーヒーを飲んでいる人も多いようです。

たんぽぽコーヒーは便秘解消にも効果があります。たんぽぽコーヒーには、イヌリンという水溶性の食物繊維が含まれています。

水溶性の食物繊維には、胃の中で膨らんで、ゆっくりと腸内を進みながら老廃物などを吸着して、便として外に出してくれる働きがあります。

抹茶も種類によって違いますが、カフェインが豊富に含まれている飲み物になります。

飲み物でなくても、抹茶の成分を含んだお菓子なども抹茶のカフェインを含んでいますので、食べる量には注意が必要です。

カフェインを多く含む飲み物は妊婦さんに良くないですが、好きなものを我慢してストレスをためてしまわないように、気をつけましょう。

ハトムギ茶

ハトムギ茶は、妊婦さんは控えた方が良い飲み物です。

ハトムギ茶は、子宮収縮作用や身体を冷やす効果、体内の不要なものを外に出そうとする働きがあります。

妊婦さんは、飲み過ぎに気をつけましょう。ハトムギ茶の飲み過ぎで、流産・・・こちらは、因果関係が明確ではありませんが、飲み過ぎは控えた方が良いでしょう。

ハトムギ茶が、好きな妊婦さんはかかりつけ医に相談してみましょう。その方が、安心して妊娠生活を過ごせるでしょう。

アルコール

妊婦さんが、アルコールを飲むと、胎盤を通してお腹の赤ちゃんも飲酒した状態になります。

妊婦さんが、アルコールを飲むと、お腹の赤ちゃんが発育不全になったり、生まれてくる胎児性アルコール症候群になってしまう危険性があります。

胎児性アルコール症候群は、妊娠中の母親の習慣的なアルコール摂取によって生じられると考えられています。

アルコールが好きな方は、妊娠中は控えた方が良いでしょう。

子宮刺激作用のある成分を含んだハーブティー

ハーブティーの多くは、ノンカフェインとして知られていますから、妊婦さんでも安心して飲めると判断しがちですが、妊婦さんの身体によくないハーブティーもありますので、注意しましょう。

主に、神経系に影響する作用があるものは控えた方が良いとされています。

例えば、ナツメグ、ローズマリー、セントジョーンズワート、アンジェリカ、セージ、ジャスミン、ジュニパーなどがあります。

妊婦さんであってもなくても、これらの飲み物は飲み過ぎると健康を害する恐れがありますので、飲み過ぎにはくれぐれも気をつけましょう。

便秘解消におすすめの飲み物!

妊婦さんにおすすめの飲み物、控えた方が良い飲み物をご紹介しましたが、妊婦さんにおすすめの便秘解消の飲み物もご紹介します。

妊娠すると、便秘になりやすい身体になります。そんな便秘は妊娠生活にもよくありません。1日も早く解消できるようにしましょう。

便秘が解消すると、体調がよくなったり、つわりも楽になったりする人も多いのです。

もう知っている人もいると思いますが、便秘解消の飲み物は、

「きなこ牛乳」です!

えっ、これで解消できるの?と思う人もいるでしょう。一度飲んでみてください。

作り方も簡単です。いつも飲んでいるコップにきな粉を大さじ1杯くらい入れて、牛乳と混ぜるだけです。

きなこの香ばしさと牛乳のまろやかさが一緒になって、味もとても美味しいです。

きなことは、大豆を炒って粉状にひいたものです。大豆は、畑の肉とも呼ばれるようにとても栄養価が高い食べ物です。

きなこは、その大豆を粉状にしているので、消化にも良く、栄養価も高く優れた食べ物です。

きな粉牛乳は、消化にもよく、栄養価の高い優れた飲み物になります。

ほかにも、嬉しい情報がたくさんあります。

きなこには、便秘解消に効果的な水溶性の食物繊維と、不溶性の食物繊維がたくさん含まれています。

さらに、善玉菌を活発にするオリゴ糖も含まれているため、便秘解消にピッタリです。

きなこ牛乳は、きなこと牛乳で作れますが、アレンジしたい方は、さらに、オリゴ糖と入れたり、ハチミツを入れたり、黒ごまきな粉に変えてみたり、いろいろ試してみましょう。

きなこの便秘解消効果は、抜群です。妊婦さんも1日、1〜2杯程度、便秘解消に飲んでみてはいかがでしょうか。

きな粉牛乳は、便秘解消にも効果あり、美容にも効果あり、味も美味しく、普段の買い物にも手軽に購入できて、家計にも優しく、とメリットがたくさんあります。

夏の暑い日は、冷たい牛乳で飲んで、寒い冬になると、温めた牛乳で飲んだりして、体調や気分に合わせて飲んでみましょう。

もちろん、きな粉も摂りすぎは、よくありませんので、大さじ1〜2杯程度にしておきましょう。

頑固な便秘の人は、便秘解消のために、毎日飲んでみても良いでしょう。たまに便秘になる人は、便秘になりそう、便秘になってしまったという時に解消したいと感じた時に飲んでみましょう。

また牛乳が身体に合わない人は、豆乳やアーモンドミルク、ココナッツミルク、ライスミルクなど変えてみましょう。

どうしても飲み物は・・・という人や飽きてしまった時などは、きな粉をヨーグルトやアイスにかけてみましょう。

妊婦さんにとって、便秘は避けたいものです。きな粉牛乳も生活に上手に取り入れて優しく便秘を解消しましょう。

 

こちらの記事もご覧下さい!

便秘に効くおすすめの飲み物〜ココアや牛乳、お茶など〜