妊婦さん、便秘を解消して適切な体重コントロールしてますか?

妊婦さんの便秘、女性は便秘になりやすいと言われていますが、妊婦さんは特に便秘になりやすいものです。妊婦でないときも、体重は気になりますが、妊婦になると、体重はさらに気になりコントロールが大切になります。適切な方法で、便秘を解消して体重の増加、減少に気をつけましょう。

妊婦さんと体重

妊婦さんにとって、体重は気になります。

妊婦さんでなくても、女性にとって体重は気になるでしょう。

妊婦さんにとって、適正体重は非常に重要になります。

体重は多すぎても少なすぎてもいけません。

妊娠時期の適正体重という言葉は聞いたことがありますか?

妊娠時期に必要な適正体重とは、先にある出産に向けて安産を迎えるために大切な体重を維持することを言います。

妊婦さんは、赤ちゃんの分も含めてたくさん食べた方が良いのでは?と思う人も多いかもしれません。

確かに、お腹の中の赤ちゃんのために栄養を多く摂る必要はありますが、過剰となる栄養摂取は母体にも赤ちゃんにも良くありません。

体重、増えすぎも痩せすぎも良くない理由は?

妊婦さんの体重は増えすぎも痩せすぎも良くありません。

妊婦さんは、栄養を多く取った方が良いとはいえ、食べ過ぎは良くありません。そして、妊婦さんは、妊娠前よりも体重の増加や減少に気をつけましょう。

妊娠周期によって、適正体重があり、その体重を増えすぎたり少なすぎたりするとお腹の赤ちゃん、母体、出産に影響が出てきます。

体重が増えすぎると、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症にもかかりやすく、妊娠線の跡も残りやすくなります。

また、体重が減りすぎると、低出生体重児や貧血などの原因にもつながります。

他にもさまざまなトラブルを避けるためにも、食べ過ぎ、食べなさ過ぎに気をつけましょう。

BMIという言葉は有名ですね。BMIは、適正体重の目安となるものです。また肥満度を表す体格指数になります。

BMI(Body Mass Index)は、ボディマス指数とも呼びます。

BMIは、体重と身長の関係から算出されています。

BMIによっても、適正な体重の増加は異なります。参考にしてみてください。

  • BMI18.5未満(やせ気味)10〜12Kgの体重増加
  • BMI18.5〜25未満(標準)7〜10Kgの体重増加
  • BMI25以上(肥満)個別対応となる

となっています。妊婦さんは、病院やクリニックを受診すると、体重測定があります。

体重が増えすぎていたり減りすぎていたりすると、その都度、体重管理の必要性や注意事項の指導があります。

安産に向けて、適切な体重コントロールをしていきましょう。

妊婦さんの体重の変化について

では、妊婦さんの体重はどのように変化していくのでしょうか。

妊娠8週目から始まって妊娠後期の40週までの体重変化を目安に考えてみましょう。

8週目の周期は、妊娠3か月の時期であり、初期の頃から体重管理が必要になります。

8〜20週目くらいまでは、体重にあまり違いはありませんが、20週目以降くらいから体重の変化が大きく変わってきます。

20〜40週は、臨月に近づくにつれ、体重が増えやすく、太りやすい傾向があります。

妊婦さんは、やせ過ぎ太り過ぎに注意して、妊娠生活を楽しめるように食事と合わせて体重管理をしていきましょう。

妊婦さんは太りやすい?便秘も関係している?

妊婦さんになると、赤ちゃんの分の体重も増えます。そして、便秘にもなりやすい。

女性はホルモンの変化などもあり、便秘になりやすいと言われていますが、妊婦さんは特に便秘になりやすい・・・。

体重が気になる、太ってしまった・・・その原因は便秘にあるかもしれません。

身体にいろいろな悪影響を及ぼし、体重が増える・・・太りやすくしてしまう便秘ですが、妊婦さんになると特に便秘に悩む人が多いのです。

なぜ妊婦さんは便秘になりやすいのでしょうか。

妊婦さんが便秘になりやすい主な理由をまとめてみました。

便秘になりやすい理由、4つ!

  1. 妊娠によるホルモンや身体の変化
  2. 栄養バランスが整っていない食事
  3. 運動不足
  4. ストレス

これら4つが便秘を招く主な原因となっているようです。

それでは、1つずつ見ていきましょう。

1、妊娠によるホルモンや身体の変化

妊娠初期は、黄体ホルモンが増えることによって腸の働きが鈍くなり、便秘になりやすくなります。

さらに、妊娠中期〜後期になると、だんだんと子宮も大きくなり腸管を圧迫することになり、便秘になりやすくなります。

妊婦さんは、ホルモンバランスや妊娠による身体の変化からも便秘になりやすい体質と言えます。

2、栄養バランスが整っていない食事

つわりに悩む妊婦さんが多いのは、皆さんご存知ですね。つわりの時期は、身体がつらく食べられるものしか食べることができないという状況が続きます。

そのために、どうしても同じものを食べ続けることになり、栄養バランスが崩れる傾向にあります。

栄養バランスの崩れから腸の働きも悪くなり、便秘を引き起こしてしまいます。

3、運動不足

妊婦さんになると、つわりがあったりお腹が大きくなり動きづらくなり、運動する機会が減ってしまいます。

するとどうしても運動量が、妊娠前に比べて減ってしまいます。それに伴い筋肉量も減ってしまいます。

運動不足からも便秘になりやすく、腹筋の筋力低下からも便秘になりやすくなります。

4、ストレス

妊娠すると、黄体ホルモンの関係で精神的にイライラしたり、気分がうつっぽくなったりして、ストレスが溜まりやすくなります。

明確な理由もないのに、気分的に落ち込んだり、涙があふれてきたりする人もいます。

妊娠は本来、喜ばしいことですが、ホルモンの変化やその他の個人的な理由からストレスになることも多くあります。

ストレスも、便秘を招く大きな原因となります。ストレスを溜め込むと、自律神経が乱れ、腸の働きが悪くなり、便秘になりやすくなります。

便秘を解消して、快適な妊娠ライフを過ごそう!

妊婦さんは、便秘になりやすいことが分かりましたが、便秘を放っておくのは良くありません。

便秘は早く解消させましょう。解消しないと、頑固な慢性的な便秘となってしまいます。

解消しないでいると・・・

  • 便が硬くなり排便が困難になる
  • 痔疾患にもなりやすい
  • 体重も増える
  • ストレスもたまる
  • 肌荒れや気分不良になる

など、さまざまな悪影響が次々と出てきます。

便秘を解消すると、これらも次々に解消していくでしょう。

妊婦でなくても、便秘は良いことありません。一刻も早く解消できるようにしましょう。

どうやって解消すれば良いのかというと、まずはこちらを振り返ってみましょう。

便秘になりやすい理由、4つ!

  1. 妊娠によるホルモンや身体の変化
  2. 栄養バランスが整っていない食事
  3. 運動不足
  4. ストレス

これらを踏まえて、便秘を解消できるようにしてみましょう。

1、妊娠によるホルモンや身体の変化

これは、便秘を解消したいのは山々ですが、対策は難しいでしょう。

そのため妊娠自体が便秘になりやすい傾向にあるということを念頭に置いて、生活するようにしていきましょう。

2、栄養バランスが整っていない食事

これは、解消できそうです。つわりでつらいのは分かりますが、栄養バランスが整うようにしていきましょう。

例えば、ミキサーを使って、ジュースにしてみると意外と種類多くの野菜や果物を摂ることが出来ます。

ミキサーに入れる野菜や果物は、バナナ、イチゴ、りんご、はちみつ、小松菜、セロリ、豆乳など、季節のものを取り入れると良いでしょう。

野菜や果物のジュースは、栄養バランスも整います。さらに便秘も解消、体重の増加も解消、気分不良も解消とさまざまなことを同時に解消でき、メリットが多くあります。

3、運動不足

運動不足も便秘になってしまいますので、運動不足を解消して、便秘を解消させましょう。

と言っても、妊婦さんは無理は禁物です。

体調に合わせて、ゆっくりとウォーキングをしたり、ヨガをしたりしてみましょう。

無理のない範囲の運動で、運動不足を解消して、便秘の解消につなげていきましょう。

4、ストレス

ストレスは切っても切り離せないくらい妊娠に関わらず、普段の生活の中に溢れています。

そのため、ストレスとうまく付き合うことが、ストレス解消の近道と言えそうです。

妊婦生活を存分に楽しめるように、ストレス解消のために出来ることを考えてみましょう。

ストレス解消は、便秘の解消にもなりますし、何と言っても胎教にも良いと言われています。

ストレスを上手に解消出来るように、リラックスタイムを多く取るように心がけてみましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

妊娠中の吐き気や頭痛は、便秘が原因になっているかも!?