妊娠してから便秘が始まり、1週間も出ない・・・

女性を悩ます便秘。妊娠すると、さらに便秘になりやすいと言われています。今まで便秘知らずだった人が妊娠してから便秘になるというケースも多くあります。中には、便秘が1週間という人もいます。さすがに1週間も排便がないと妊娠しているしていないに関わらずお腹が苦しいですね。効果のあった便秘改善法についてまとめてみました。

女性を悩ます便秘

こんにちは!看護師兼よもぎ蒸しアドバイザーの市子です。

最近、お通じ出てないな・・・。

女性は何かと便秘になりやすいものです。

月経周期の女性ホルモンの影響があったり、食生活の乱れやストレスなど、便秘の原因はさまざまです。

何にしても便秘は良いものではありません。

便秘になると、

  • お腹がはって気持ち悪い
  • ガスがたまってゴロゴロ感があって気持ち悪い
  • 腹痛がする
  • 頭痛がする
  • トイレが気になる

など、不快感を伴います。

便秘は、すぐに解消するのが一番です。下剤などの薬を使うとすぐに解消となりますが、下剤を使いたくない人、自然に便秘を治したい人もいますね。

特に、妊娠中の下剤の使用は子宮を収縮させる作用もあり、奨められていません。

妊娠すると便秘になりやすい?

妊娠すると便秘になりやすい?

はい!なりやすいです。

今まで便秘知らずだった人が、妊娠を機に便秘になる人もいます。

私は元から便秘体質でしたので、妊娠を機にではありませんが、注意していないとすぐに便秘になりやすいと言えます。

妊娠中は、ただでさえ妊娠悪阻などで不快感に悩んでいる上に、便秘になってしまうとますます不快感は大きくなります。

さて、なぜ妊娠すると便秘になってしまうのでしょうか。

その理由は1つではなく色々あります。

まずは、不安やストレスです。

妊娠生活が始まると、妊娠前の状態とは違います。

それにより不安やストレスをより多く感じるようになり便秘になってしまうことがあるようです。

他の理由としては、運動不足が挙げられます。

妊娠悪阻やお腹が大きくなると運動不足になりがちです。

運動不足は、腸の働きを弱めてしまったり、排便困難につながり便秘になりやすくなります。

不安やストレス、運動不足・・・それらに加えて、妊娠するとホルモンバランスの乱れもあり、こちらも立派な便秘の原因になります。

妊娠中は女性ホルモンの一種であるプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されます。

プロゲステロンは大腸の動きを抑制する働きがあるため、それによって便秘になってしまうのです。

他にも妊娠すると、味覚が変わったり食生活の内容が変わったりします。それによっても便秘が引き起こされます。

1週間も便秘はさずがにつらい・・・

私の場合の便秘は、おそらく食生活の変化だったように思います。

そんなにひどい妊娠悪阻ではなかったのですが、味覚が変わってしまいました。

妊娠前は好んで食べていたものが、食べられなくなりました。

食べたくないんですね。なんて不思議なんだろうと思いました。

まず、お米、炊いたご飯を身体が欲さないんです。

パスタやパンなどなら食べられました。

お米を食べない生活が3週間、4週間とこれだけ続いたのは産まれて初めて経験でした。

なんとか食べることが出来ても、美味しいと感じませんでした。不思議でたまりませんでした。

このように、食生活がガラリと変わると、便通にも影響が出てきます。

便秘になりました。たまに下痢にもなりましたが、便秘の方が頻度は高かったですね。

私の場合は妊娠中は1週間とまではいきませんでしたが、友人は妊娠してから1週間くらい出ない、本当にツライと嘆いていました。

1週間はさすがにツライですよね。

当たり前ですが、1週間は7日です。

1週間、排便がない・・・これは一大事です。

1週間の便秘、甘く見てはいけません。

1週間の便秘、軽く見てはいけません。

すぐに対策を取りましょう。

まず、1週間の便秘だと、薬を使わずに自力で排便を促すのは難しいです。

便秘薬や浣腸を使用できるのであれば、別ですが。

妊娠中の1週間の便秘の場合は、医師に相談するのが先決だと思います。

私も医師に相談しました!

実は、1週間とまではいかなかったものの、やはり便秘を改善したかったので私も医師に相談しました。

しかし、妊娠しているからという理由で薬は処方されませんでした。

その代わりに医師から言われたことは、「水を3リットル飲むように」ということでした。

えっ〜!?3リットルも?聞いて驚きましたが、医師は「はい、3リットルの水を飲むように心がけて、軽く運動をしたり、野菜やフルーツをたくさん食べて下さい。あと、最近は良いシリアルもたくさん出てますから、試してください。」と言われました。

その後、さすがに水を3リットルは飲めませんでしたが、頑張って2リットルくらいは飲むようにしました。

すると、排尿が近くなりトイレに通うのに忙しかったですね。

でも、徐々に便秘も解消されていったように感じます。

やはり便秘解消には水分が大切なんだなと身をもって知りました。

妊娠前はというと私も1週間出ないことはよくありました。

そのときは、もうお腹が張って張って大変でした。

そうこうしているうちに、便秘からくる腹痛で洗面所で倒れて、病院に緊急搬送してもらった経験もあります。

そのときは、下剤を処方してもらい、3日間くらい飲んでいたと思います。

下剤って、飲むといつ排便が来るのかと気になって仕方がないものです。なるべくなら飲みたくないですね。

それ以来、便秘には人一倍に気をつけています。

1週間の便秘、1週間近い便秘には十分に気をつけましょう。

1週間と言わずに、1日排便がないと便秘と感じる人もいます。

繰り返しますが便秘を軽く見てはいけません。

排便があるまで1週間と待っていると本当にえらい目に遭います・・・。

たかが便秘、されど便秘ですね。

効果のあった便秘解消法について

1週間の便秘、緊急搬送なども経験した私が言える効果のあった便秘解消法は、色々あります。

季節や妊娠の有無などに応じて、どの解消法が合うかは異なります。

ざっくり食材や方法を言いますと、

  • オリゴ糖
  • オールブラン
  • プルーン
  • ヨーグルト
  • ばなな
  • ケール
  • 水をたくさん飲む
  • 腹筋を鍛える
  • 運動
  • お風呂で腸をマッサージする

などです。

妊娠していないのであれば、腹筋を鍛えたり、運動をしたり、お風呂で腸のマッサージをしたりと、色々試すことが出来ます。

しかし、妊娠中は体調不良などもあり思うように運動を出来なかったりします。

腹筋を鍛えたり、腸のマッサージをするのもあまり良くないと言われています。

となると、妊娠中は食べ物や飲み物で便秘解消に取り組むことになりますね。

1週間の便秘にならないように、食事に気をつけていきましょう。

オリゴ糖やオールブランのシリアル、ヨーグルト、バナナは意識的に食べるようにすると便秘解消に効果があります。

どれも便秘解消に有名な食材です。

オールブランのシリアルは素朴な味で、食べにくい方も多いと思います。

私がよくしているのは、オールブランのシリアルに、ヨーグルトをかけて、バナナを切って入れて、オリゴ糖やはちみつをかけて、牛乳を入れて頂くという食べ方です。

これで、私が述べた便秘に効く食材を一度に摂取することが出来ます。

自分で言うのもなんですが、大変効率的です。

さらに、水、水分をしっかり摂るようにすると1週間、1週間近い便秘に悩むことも少なくなるでしょう。

色々試して、快便な妊娠生活を送れるようにしましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

妊娠中のカルシウム摂取、私はこうしています!