妊娠中の吐き気や頭痛は、便秘が原因になっているかも!?

妊娠すると、つわりで食欲がなくなったり逆に食欲が出てきたりもします。そして妊娠中は、便秘にもなりやすく、吐き気や頭痛を感じる人もいます。吐き気や頭痛の原因は、つわりだけではありません。吐き気や頭痛は、便秘が原因になっている場合もあります。便秘を改善して、快適な妊娠生活を過ごしましょう。

妊娠中の便秘

便秘、便秘とはよく言ったり聞いたりしますね。

今や、便秘は生活習慣病の1つのではないでしょうか。

2人に1人が便秘に悩んでいると言います。

妊娠している、妊娠していないに関わらず、便秘に悩んでいる人が多いということが分かります。

便秘になる原因はさまざまです。

  • 運動不足
  • 水分不足
  • 食生活の乱れ
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ

などが重なり合い、生活習慣が乱れてしまい、便秘になってしまうのです。

女性は男性と比べて便秘になりやすいと言われていますが、妊娠すると今まで便秘で悩んでいなかった人が、便秘になることがあります。

妊娠すると身体にいろいろな変化、便秘や吐き気、頭痛などが現れます。妊娠中は、特に便秘になりやすくなっています。

妊娠すると便秘になりやすいのは、なぜ?

妊娠すると、便秘になりやすい原因として以下の5つが挙げられます。

  1. ホルモンバランスの変化
  2. 食生活の変化
  3. 運動不足
  4. 疲労やストレス
  5. 子宮が大きくなる

1、ホルモンバランスの変化

まず妊娠すると体内のホルモンバランスが変化します。女性ホルモンのプロゲステロンが増えます。

プロゲステロンは、妊娠を維持する働きがあるのですが、栄養を身体に蓄えようとするために、代謝が低くなります。

摂取した栄養を逃さないようにするために、胃腸の働きを弱くさせるために便秘になりやすくなります。

また、体内に水分も蓄えようとするので、便自体に水分が行き届かなくなり結果、硬くなり、排便しづらくなるのも便秘と関係しています。

2、食生活の変化

排便には、食べたものが大きく関係しています。妊娠すると、つわりが始まり食欲がわかなくなり食べられるものだけを食べるというような食生活の変化が出てきます。

その結果、食物繊維や乳酸菌なども不足してしまい便が硬くなり便秘になりやすくなります。

3、運動不足

適度な運動は、腸を活発にする働きがあります。妊娠すると、妊娠前に比べて運動量が減る傾向にあり、日常的に運動不足になります。

妊娠すると運動不足からも便秘になりやすくなります。

4、疲労やストレス

妊娠初期は特に、生活に変化があり、体調も崩れやすくなり疲れやすく、ストレスも感じることが多くなります。

妊娠生活に疲労やストレスを感じると、自律神経も乱れやすく、腸の働きも弱くなり、便秘になりやすくなります。

5、子宮が大きくなる

妊娠すると、徐々に子宮が大きくなります。子宮が大きくなると胃や腸などの消化器官を圧迫します。

腸が圧迫されると便がスムーズに進まなくなり便秘になります。

お腹の中の赤ちゃんが成長すれば子宮も大きくなり、その近くにある腸も圧迫されますために、妊娠週数が進むに連れて便秘になりやすくなります。

このような原因から、妊娠すると便秘になりやすいことが分かります。便秘だけならまだしも、便秘が他の症状吐き気や頭痛などを引き起こす場合もあります。

便秘から吐き気を感じることも・・・

妊娠すると、つわりから食欲がなくなったり吐き気を感じることが多くなりますが、吐き気の原因はつわりだけではありません。吐き気は、想像以上に苦しいですね・・・

吐き気は、便秘が悪化することによって起こる症状とも言われています。

それでは、なぜ便秘が悪化すると吐き気が起こるのかというと、便秘を放っておくと長い時間、腸の中にたまった食べカスが腐ってガスを発生させ、腸内を充満します。

便とガスで腸内がいっぱいになると、身体はどうにかして腸内の有害なものを身体の外に出そうとします。

もちろん、肛門から便として出せるのが理想的なのですが、便秘だと思うように出ません。

そうなると、血液中に有害なガスを取り込み、汗と一緒に排出しようとします。そのときに体臭や口臭がきつくなることもあります。

また血液の流れも悪くなり頭痛やめまい、むくみなども起こりやすくなります。

それでも出しきれないほどの便秘になっていると、上から出そうと働き、吐き気を感じるようになります。

吐き気は、身体にとって良くありません。よく言われますが、吐き気は身体からのSOSのサインです。

吐き気を感じたときは、つわりだから・・・と決めつけずに、便の状態も確認して、便秘を改善していきましょう。

また、吐き気が起こるほどの便秘は妊娠しているか、妊娠していないかに関わらず腸内環境がかなり悪化しています。

病院を受診するのが良いでしょう。ちなみに私は便秘から、腹痛や吐き気、頭痛などいろいろな症状に襲われて、確か、トイレを出たところにある洗面所で気を失いかけて倒れた経験があります。

そのときの私は、妊娠していませんでしたが、緊急受診した病院のレントゲン写真には、私の腸の中にたくんさんの便がはっきり写っていました・・・。

便秘、吐き気を甘くみてはいけません。私のように、突然倒れることにもなりかねませんので、十分に注意しましょう。

私のようにならないように、便秘や吐き気、他の症状を含めて心配なときは早めに医療機関を受診して下さい。

さらに便秘からくる吐き気は、身体が悪いものを外に出そうとしている自分を守ろうとしている証拠です。

吐き気だけに収まらず、本当に吐きそうなときは我慢せずに吐いてしまいましょう。その方が気持ち的にもスッキリするでしょう。

便秘から頭痛を感じることも・・・

妊娠すると便秘になりやすく、便秘から吐き気だけではなく頭痛を感じることも多くあります。

便秘になると、お腹が苦しいだけでなく、頭痛を引き起こすことがあります。便秘も吐き気も苦しいですが、頭痛もツライものです。

頭痛は、一見便秘と関係ないように思いますが、意外と関係しています。

便秘になると、なぜ頭痛が起きるのでしょうか?

その原因は、

  • 血液の流れが悪くなる
  • 自律神経が乱れる

ことにあります。

頭痛の原因→血液の流れが悪くなる

長い時間、腸の中に便がたまると、体内に毒素がたまります。便が腐って、不要なガスや毒素が発生します。

発生したガスは、腸内を圧迫して腹痛を引き起こすだけではなく、血液の質を悪化させることになり、血液の流れを悪くします。

血流が悪くなることで、筋肉が緊張して、肩から首、頭の周りの筋肉が凝ってしまい、頭痛の症状を引き起こします。

また、脳への血流自体が少なくなると、脳の血管が収縮、拡張し、周囲の神経を刺激しすることになり、頭痛を引き起こすこともあります。

頭痛の原因→自律神経が乱れる

自律神経は、胃腸の働きをコントロールしています。

その自律神経のバランスが乱れると、腸の働きが悪くなり、便秘になります。

また、自律神経の乱れは、頭痛の原因とも言われています。便秘中の頭痛の原因は、自律神経の乱れも考えられます。

なぜ妊娠すると、便秘や頭痛になりやすいのか?

妊娠中は、便秘や頭痛が起こりやすいのは、なぜでしょうか?

妊娠すると、例えば、

  • 運動不足になりやすい
  • 身体が硬くなりやすい
  • 疲れやすい
  • 子宮が大きくなるために、内臓を圧迫しやすい
  • 食べ過ぎてしまう
  • ストレスがたまりやすい

など、身体にもココロにも変化が出てきます。

赤ちゃんのことや今後の生活が心配になったりとさまざまなストレスも感じるでしょう。

ストレス状態や緊張状態は、身体を硬くしてしまいます。また自律神経のバランスも乱れてしまいます。

すると、便秘にもなりやすく、吐き気や頭痛などの症状にもつながってしまうのです。

妊娠すると、いろいろなストレスがあると思いますが、胎教のためにもゆっくりとリラックスできる環境を作っていきましょう。

こちらの記事をご覧下さい!

便秘や頭痛、吐き気、肩こりなどの症状に悩んでいませんか?