妊娠しやすい身体になるための体質改善!まずは食事を見直そう!

「将来的には赤ちゃんが欲しい。」、「そろそろ赤ちゃんが欲しい」と妊娠を考えている人は、まずは妊娠力を高めることが重要です。妊娠しやすい体質になることが大切です。体質改善のためには、普段の食事・運動・睡眠など生活習慣を見直すことから始めていきましょう。今回は、妊娠を意識した食事について紹介していきます。

妊娠するためには、食事を意識しましょう!

「妊娠したい!」「将来的には妊娠たしたい!」と思ったとき、妊娠にいろいろ興味がわいてきます。

妊娠を意識して、生活習慣を整えることは健康的な体質へとつながります。

女性としても、とても大切なことです。

健康的な体質=妊娠しやすい体質とも言えます。

毎日の食事に気をつけていますか?

栄養バランスのとれた食事は、妊娠に限らず、健康的な体質、身体作りに必要不可欠なものになります。

私たちの身体は、毎日の食事で食べたもの、選んだもので出来ています。そのため、毎日の食事に、気を遣いたいものです。

ところで、妊娠するには、どのような栄養素が必要なのか、大切なのでしょう?

これを知っていると知らないでは、妊娠力を高めるにあたって大きな違いが出てきます。

妊娠を意識している方、妊活中の方はすでに知っているかもしれませんが、知らない人も多くいます。

ぜひ、この機会に、妊娠に必要な大切な栄養素を知って、日々の食事に取り入れていきましょう。

妊娠しやすい体質に、体質改善!

妊娠しやすい体質とは、健康的な体のことです。

健康的な体をつくるには、食事が大切ということを、すぐにイメージする人も多いのではないでしょうか。

しかし、普段口にする食べ物や食事がなぜ妊娠に影響を与えるのか、その理由はよくわからないという人もいます。

体質改善には、まずは、その理由を知ってより意識を高めることが重要です。

無理な食事制限や過度なダイエットなどは、健康を損ないます。例えば、女性ホルモンの分泌量が減ったり、卵巣や子宮の機能が低下したりする可能性もあります。

その状態が長く続くと、月経不順になったり、排卵日の特定が難しくなったりします。さらには、無排卵症状に至ってしまうこともあります。

そのため、妊娠するためには、健康的な体質・体作りが重要になります。

ホルモンバランスが整った妊娠しやすい体質をつくるために食事に気をつけましょう。

そして、妊娠力を下げるような食事はしないようにしましょう。

そして、誤解してはいけないのが、この食材を食べれば妊娠できるというような、妊娠の特効薬となる食べ物はありません。

しかし、食べ物の選び方、食べ方によって体質を改善すれば、妊娠しやすい体質をつくることが出来ます。

また、妊娠中に必要な栄養素を妊娠前から積極的に摂取しておくことは、胎児の成長や妊娠の維持にも役立つと言われています。

妊娠しやすい体質を、意識した食事とは

妊娠を考えているのなら、食事を見直すことが必要です。

妊娠しやすくなる食事のポイントは、3つあります。

  1. 1日3食、偏りなく食べる。
  2. 食べ過ぎや、過度なダイエットをしない。
  3. 栄養バランスを考えて、いろいろなものを食べる。

食事に気をつけるといっても特に、難しいことをするわけではありません。

適切な栄養素を、適切な量、摂取することがポイントになります。暴飲暴食に気をつけて、バランス良く食べましょう。

そして、妊娠に必要な栄養素は基本、食事から摂るようにしましょう。

すべての栄養素を食事から摂ることは難しい時があります。

不足していると感じたら、サプリメントやドリンク剤などの栄養補助食品を活用するのが良いと言われています。

妊娠するために必要な大切な食事について

私たちは、食事から身体に必要な栄養素を取り入れています。

食事は、生きていく上で必要不可欠なものです。生命活動を維持しています。

健康的な体質をつくりためにも、適切な栄養をバランスよく体に取り入れましょう。

妊娠するためにも、健康的な身体が欠かせません。

健康的な体質だと、女性ホルモンのバランスも整い、生理不順や冷え性、排卵障害など、不妊につながるトラブルを防ぐことができます。

それでは、どんな食事が妊娠しやすい体質つくりを改善・サポートしてくれるか、みていきましょう。

妊娠しやすい体質つくり〜食事〜

妊娠しやすい体質つくりを始めるときの食事で気をつけたいことは、3つあります。

  1. 身体を温める食事
  2. タンパク質
  3. 女性に必要な鉄分・亜鉛・葉酸

1、身体を温める食事

女性に冷えは大敵と言われているところから、妊娠にも美容にも冷えは大敵です。

女性は男性に比べて筋肉量が少ないため、冷えをより感じやすいです。

さらに、体の冷えは血流の滞りにつながります。妊娠を意識している人、妊活中の人は特に、身体を温める食材を積極的に摂りましょう。

根菜類であれば、ごぼうや人参・かぼちゃ、薬味であれば生姜やねぎ類、果物であれば桃などが身体を温める食材と言われています。

こちらの記事も参考にして下さい!

これは知っておきたい、体を温める食べ物、冷やす食べ物!

妊活している人、これは外せない!体を温めるオススメの食べ物!

2、タンパク質

タンパク質は、脂質・糖質に並ぶ3大栄養素の1つです。

タンパク質が多く含まれている食材には次のようなものがあります。

  • 赤身の肉
  • 鳥ささみ
  • 大豆製品
  • 乳製品

妊娠するためには、体力が必要になります。

そのため、血や体をつくるもとになるタンパク質は、健康的な身体をつくるためにも妊娠するためにも、不可欠な栄養素と言えます。

特にタンパク質は、筋肉・皮膚・髪やホルモン・免疫系など体の重要な要素を構成しており、胎児の成長にも欠かせません。

肉や魚、卵はタンパク質が豊富に含まれているので、バランス良く食べましょう。

タンパク質となる食材は、昔は高級なものでした。今は、簡単にスーパーなどで手に入ります。

昔の女性は、妊娠中や産後に、栄養価の高い食事をするために卵を食べていた聞いたことがあります。

私の母は、産後トラブルがあり祖母と暮らしていたのですが、そのとき毎食、祖母が母にゆで卵がを出してくれていたそうです。

朝に、目玉焼き、ゆで卵や、卵かけご飯を食べると卵から簡単にタンパク質を補うことが出来ます。

さらに納豆などの大豆食品を加えると効率よく摂取が出来ます。

3、女性に必要な鉄分・亜鉛・葉酸

鉄分は月経が毎月ある女性にとって不足しやすく、慢性的な鉄不足になりがちです。そこから貧血なども生じてきます。

亜鉛は女性ホルモンの分泌を促します。ごく微量なミネラル成分ですが、健康的な体質へと改善するのに大切な成分になります。

亜鉛はカキ・牛肉・レバー・かに・れんず豆・そら豆などに含まれています。

また、葉酸は妊娠初期に起こる胎児の「神経管閉鎖障害」を予防してくれる大切な栄養素です。

葉酸は、ブロッコリー・ほうれん草・菜の花・モロヘイヤなどの野菜や、ライチ・アボカド・いちごなどの果物、ひよこ豆・そら豆などの豆類にも含まれてます。

妊娠を考えている女性の葉酸摂取量について、推奨量の240μg/日に加えて、栄養補助食品などで付加的に400μg/日を摂取することが望ましいと厚生労働省からも発表されています。

しかし、現実なかなか自分に足りていないミネラル成分を知ることは難しいです。そしてそれを、毎日もしくは定期的に食事で補うのは、さらに大変です。

そういうときこそ、サプリメントを活用したいものです。

身体に良く、体質改善にも良く、妊娠に良いとされる必要なミネラルをバランスよく、サプリメントで補いましょう。

食事で体質改善を意識しつつも、妊活中はストレスを溜めないようにしましょう!

体質改善を意識することが、ストレスとなっては妊娠力を低下させてしまいます。

妊活中は栄養バランスのよい食生活を送ることが大切です。しかし、ストレスは逆効果です。

ストレスを感じると女性ホルモンのバランスが乱れ、月経周期が乱れや、排卵機能の低下なども招いてしまうことがあります。

そして、今までの食事、食生活を急に変えるのは大変です。体質改善も急には効果は出ませんので、ゆっくり取り組みましょう。

一度にすべてのことをやるのではなく、食材や栄養素に少し目を向けるところから始めましょう。

毎日出来ることから少しずつ続けながら、体質改善も含めて、妊活中の食事を楽しめるのが理想的です。

こちらの記事もご覧下さい!

ヨガを生活に取り入れて、妊娠しやすい体質に改善しよう!