妊娠中に良い食べ物ってどんなもの?私のおすすめ、2つ!

妊娠すると、普段の食べ物に気をつかうようになりますね。お腹の中の赤ちゃんにとって少しでも良い食べ物を食べたいと思うようになりました。あんまり気にしすぎてそれがストレスになっては本末転倒ですが。妊娠中に良いと言われている現在妊娠6か月の私がよく食べているおすすめの食べ物をいくつかご紹介します!

妊娠してから食べ物のことが気になった私

こんにちは!看護師兼よもぎ蒸しアドバイザーの市子です。

妊娠してから食べ物のことが気になった私。

普段から食べ物について気をつけてはいたものの・・・

そこまで気にしていませんでした。

もっと言いますと、気にしても続けることが出来ませんでした。

身体に良いもの、健康になれるものなど、どんな食べ物が良いのかなどを調べたりして試したも、3日坊主で終わることがほとんとでした。

ジャンクフードやファーストフード、インスタントと呼ばれる系の食べ物は、身体に悪いと言われています。

でも、美味しいからたま〜になら食べたいですよね。

やっぱり食べ物の誘惑にはかないません。美味しい食べ物を食べたい〜!!

ところが、妊娠してから「あ〜私が食べるものをお腹の赤ちゃんも食べることになるのか〜そしたら良い食べ物を食べたいなあ」と思い始めました。

しかもその期間は1日や1週間ではありませんね。

妊娠期間に加えて、授乳期間も含めると2年くらいになるのでしょうか。

どこまで良い食べ物を食べることが出来るかは分かりませんが、良い食べ物を選んで食べるように努力しようと思います。

まあ、妊娠しているしていないに関わらず、健康に良い食べ物に気をつけて食べている人はたくさんいますね。

私のある友達には、本当に頭が下がります。本当に尊敬します。

彼女はピラティスの講師をされています。

今はヨガ講師の資格を取得中です。

身体に良い食べ物に関して、まるでスポーツ選手、アスリートかのような徹底ぶりです。

野菜はすべてと言えるほど、オーガニックです。

ジュースはすべて手作りで市販のものは一切口にしません。

スーパーフードと呼ばれるものを上手に料理しています。

「今日は疲れたから、お惣菜で済ませよう!」なんて発想は彼女にはありません。

材料について詳しく記載はされてあるものの、やはり何が使われているのか分からないとのことで、食事はすべて1から手作りです。

いつも「すごいな〜」と思いながら、食材のことについて色々教えてくれるので大変勉強になります。

妊娠中に良い食べ物ってどんなもの?

妊娠中に良い食べ物をいろいろ調べてみると、まあこんなにもあるのかと思うくらい沢山あります。

葉酸やカルシウム、ビタミン類、ミネラル類などを含む食べ物は良いとされています。

他にも食物繊維は妊娠しているしていないに関わらず、女性にとって強い味方ですね。

女性は便秘になりやすい上に、妊娠してホルモンバランスが変わったり、胎児や子宮が大きくなるにつれて、さらに便秘になりやすくなります。

さらに、最近は医療や研究がどんどん発達しています。そのせいもあり、様々な栄養成分の食べ物が良いとされています。

調べていて、たどり着いたこと、それは、偏りなく色々な食べ物を食べること!でした。

私も人に言えませんが、良い!とかおすすめ!と聞くと、その食べ物ばかり食べてしまいがちではありませんか?

はっきり申し上げて、この方法はおすすめ出来ません。

どうしても偏ってしまうから・・・。

私は食べ物のことで友人に相談したことがあります。

「妊娠している間、どんな食べ物、食べてた?いろいろ調べると、これがダメ、良くないとか書かれてあるんだけれど、私は食べたいなあ〜。」って。

すると、2人子供がいる友人は、

「一人目のときは色々食べ物に気をつけたけれど、2人目の時は、もう適当だったよ〜。でも2人とも健康で元気だよ。あんまり気にしなくて良いよ。ただ、加熱されていないものは気をつけたほうが良いよ。これはやっぱり気になるしね」と言ってくれました。

これを聞いて、やはり経験者に相談するのが良いと感じました。

妊娠中の食べ物で悩んでいる人は、身近にいる経験者に聞いてみるのが良いでしょう。

どうしても医師に確認したい人は、診察時に聞いてみましょう。

でも良い食べ物ばがりだとストレスが・・・

と言われても、やはり良い食べ物、おすすめとされている食べ物を食べたいですね。

妊婦にNGな食べ物や良くない食べ物はあまり食べたくないと思ってしまいます。

それでも、良い食べ物ばかりだと、それがストレスの原因になってしまうときが来るでしょう。

すべて好きな食べ物であれば、大丈夫かもしれませんが、あまり好きではない食べ物の場合は続けているとストレスになるでしょう。

妊娠期間中は、母体に、胎児に良いとされている食べ物を食べたい、食べなきゃと思うことは当然ですね。

でもNGや良くないとされている食べ物だって、たまになら良いじゃありませんか?

だって、好きなんだもん!開き直りですね^^

ですが、ずっと我慢してストレスを溜め続けるより、よっぽど良いと感じています。

その食べ物を食べたからといって、それが直接、流産などの原因になるとは誰も言っていませんしね。

そんな食べ物は、なんだか毒のように思います。。。

ただ、NGや良くないとされている食べ物は、妊娠期間中は、食べ過ぎには気をつけたいですね。

食べすぎや偏りの食事は妊娠しているしていないに関わらず良くありませんね。

私が思うおすすめの良い食べ物!

私が思うおすすめの良い食べ物を2つご紹介します。

今回のおすすめは2つですので、覚えやすいです!

  1. 玄米
  2. 納豆

おすすめ1:玄米

おすすめ1は、玄米です。

玄米とは、精白されていない状態のお米のことで、稲の果実である、もみから、もみがらを除去しただけの状態です。

そのため色も白ではなく茶色ですね。

一般的な白米は、ここから表面についたぬかや胚芽が取り除かれたものです。

白米のほうが美味しい気もしますが、栄養的にみると玄米のほうが上です。

白米では取り除かれてしまうぬかや胚芽に、ビタミンやミネラル、食物繊維など身体に良い成分が豊富に含まれているからです。

この点から玄米は白米よりも栄養バランスに優れているといわれています。

毎食とまで食べなくても1日1食を玄米にしてみたり、2日、3日に1回、玄米を食べるのも良いでしょう。

玄米は白米に比べて硬いので、よく噛むことになり、食べ過ぎ防止にもなります。

どうしても硬くて・・・という人は、おかゆ状にしてみましょう。

おすすめ2:納豆

おすすめ2は、納豆です。

納豆は好き嫌いが激しい食べ物ですね。

大好きな人は大好き、匂いも嗅ぐだけでも嫌という人もいますね。

ただ、妊娠中におすすめの食べ物であることは確かです。

納豆には血液や血圧を下げてくれるといった働きや、他にも血液をサラサラにするといった効果があります。

そのため、特に妊娠後期の妊婦さんが納豆を食べることによって、妊娠高血圧症候群を予防してくれます。

また、妊娠高血圧症候群だと診断された妊婦さんであっても納豆を食べ続けることで改善に向かっていくことが分かっているそうです。

納豆は妊娠中に悩みがちな便秘の改善に役立つことからもおすすめされています。

まだまだ他にも、経済的という理由やアレンジして食べやすい、保存がきくなどといった理由からもおすすめされています。

これだけのおすすめ要素があると妊娠期間中におすすめとされていることが分かりますね。

妊娠期間中は、おすすめとされている食べ物を上手に取り入れながら、飽きないように美味しく食事を楽しみましょう!

こちらの記事もご覧下さい!

知らなかった!妊娠中の食べ物〜ダメなもの〜