どこが弱っている?靴下の破れた場所で分かる冷え取り効果!

冷え取りで、よく言われるめんげん。発熱、倦怠感、湿疹など体調不良を感じ、体の悪いものを排出しようとする働きです。冷え取り靴下の重ね履きを続けていると、靴下に破れが出来ることがあります。どこの場所が破れたかで、毒素が排出されている内臓が分かると言われています。それぞれ確認していきましょう!

冷え取りとは

最近、芸能人の方も取り入れている、冷え取り

冷え取り、よく聞く言葉です。

足先が冷たい、下半身が冷たい、冷え性など、冷えに悩む人が増えてきています。

冷えは、健康にも美容にも大敵です。

女性だけでなく、今や男性にも流行っている冷え取り。

そもそも、冷えとは?

冷えとは、下半身のほうが、上半身より冷たい状態になり、身体の内部温度が低い状態です。

夏の暑い時期に足元に冷えを感じなくても、それ以上に上半身が熱ければ、冷えの状態となります。

私たちの上半身は心臓を中心に約37度前後に対し、足部の温度は約31度ほどになり、普通に生活をしている以上、誰しも当てはまるものと言われています。

冷え取りという言葉が流行りだし、今では冷え取り健康法とも呼ばれています。

冷え取りをすると

なず、冷え取り、冷え取りと注目されているかと言うと、冷え取りは、さまざまな病気を予防すると言われているからです。

冷え取りをすると、体温が上がり、血液の流れを良くします。

血液の流れが良くなると、老廃物を除去する血液の役割が高まります。

その結果、免疫力が高まります。

免疫力が高まると、疲れにくい体質になり、風邪もひきにくくなります。

めんげんとは

冷え取りをしている人、冷え取りに興味がある人は「めんげん」という言葉を聞いたことがある人が多いと思います。

私は、実際、冷え取りを始めるまで、めんげんという言葉を知りませんでした。冷え取りに興味を持ち始めてから知りました。

冷え取りとめんげんには深い関係があります。

冷えとりでよく言われるめんげんとは、もともと東洋医学における好転反応のことで、漢方や鍼で使わ れている瞑眩反応のことです。

めんげんは漢方薬の服用後に、全く予期しなかったような症状が起きるときがあります。昔から漢方薬の特徴とされている現象で、副作用とは異なります。

めんげんは、一般的に症状が一時的に悪化しますが、長くは続かず、その後には、慢性の病気が、急速に快方に向かうと言われています。

冷え取りで言うめんげんは、体が良くなろうとしている証拠です。

この、めんげんは、発熱や倦怠感、湿疹などの体調不良を招きます。体に溜まった悪いもの、いわゆる毒素を排出しようとしている働きになります。

それを排出している場所や症状もそれぞれです。

その中でも、今回は冷え取り靴下に出来る破れの場所で分かる、毒素が排出されている内臓をご紹介します。

毒素が排出された場所はどこ?

冷え取り靴下の破れた場所から、毒素が排出されている場所、内臓を確認していきましょう。

  • 足の甲・・・消化器系
  • くるぶし・・・腎臓
  • 親指(外側)・・・消化器系、脾臓
  • 親指(内側)・・・肝臓
  • 人差し指・・・肺、大腸
  • 中指・・・心臓、小腸
  • 薬指・・・肝臓、胆のう
  • 小指・・・腎臓、膀胱、生殖器
  • かかと・・・腎臓、膀胱、生殖器

冷え取り靴下を続けている最中に、靴下が破れたら、その破れの場所をチェックしてみましょう。

冷え取り靴下の破れの特徴は、何かに引っ掛けたような破れではなく、溶けたような破れになります。

靴下の破れの場所から、どこが弱っているのかなどを予想でき、体調不良で悩んでいる方の気付きのきっかけになるかもしれません。

しょっちゅう、靴下に破れが出来る人は、歩き方や爪が長いなどで外部からの摩擦が同じ場所に加わり、その摩擦で破れが出来ていると思います。

おそらく、人生で一度や二度、靴下に破れができた経験があるのではないでしょうか?

その場所を覚えていますか?それは、外部からの摩擦による破れが多いでしょう。

しかし、冷え取り靴下の重ね履きを続けていると、外部からの摩擦を受けていないはずの場所が破れたりすることも多くあり、冷え取りの効果を実感できます。

 

効果が確認でき、どこの場所に毒素が溜まっているのかを把握できる、普段の生活で気をつけるポイントが見えてきたり、冷えとりを続けるモチベーションが高まります。

冷え取り靴下の破れ方や場所、頻度には個人差がある!

冷え取り靴下の破れに場所から、毒素が排出されている場所をご紹介しましたが、全く破れがない人もいます。

全員が、靴下に破れが出来るとは限らないのです。そういう人は、体調面に変化があることが多いです。

もしくは、冷え取りをしなくても、毒素を排出する方法が、生活の中にすでに取り入れられているのかもしれません。

例えば、定期的に運動をしている、入浴や半身浴、岩盤浴、よもぎ蒸しなど。

冷え取り靴下を頑張って履いているのに、靴下に破れがないことに、心配しなくても大丈夫です。

反対に、頻繁に靴下に破れが出来る人は、体の毒素がしっかり排出されている証拠です。どちらの場合も、無理をせずマイペースに続けられるようにしましょう。

靴下の破れの場所〜私の場合〜

私も、冷え取り靴下を試した時期があります。そのときによく破れがあった場所は、親指の外側と、小指の外側でした。写真を撮っていないのが、心残りです。

左足、右足両方とも破れがありました。はじめは、爪が伸びていたのかな?と思い、足の爪を切っていました。

しかし、あれっ?また破れた、、、なぜだろう?靴下、もっと買わないといけないなと思っていました。実際、3足分くらい、追加注文しました。

そこで、ようやくめんげんに気が付きました。かなり遅かったと思います。

めんげんに気が付いてからは、靴下の破れを見ても驚かなくなりました。反対に毒素が排出されていると思うと嬉しかったです。

それからは、冷え取り靴下の破れの場所を参考にして、親指と小指をお風呂に入ったときに、もみもみとマッサージしました。

すごく胃腸の調子が悪かったり、膀胱の調子が悪かった訳ではありませんが、気分的にスッキリしたのを覚えています。

足裏は、第二の心臓とも言われています。足裏には、身体に良いと言われるツボが集中していますので、靴下の破れの場所を参考に入浴中や寝る前に、その場所をマッサージするのもオススメです。

めんげんが出たときには

私たち人間の体には、免疫力といって不要なものや体に悪いものを排出しようとする力があります。

風邪のとき発熱するのは、ウイルスと闘うためになりますし、咳や鼻水、痰なども、排出するためです。

めんげんが出たときも同じ考えです。靴下の破れや軽い湿疹程度であれば、しっかり出し切ってあげることが大切です。

しかし、それによって、日常生活に支障をきたしたり、ストレス過多となってしまっては本末転倒です。あまりに体調不良の場合は、受診するようにしましょう。

冷え取りにも色々な考えがありますが、心身ともに心地よい生活を、健やかな生活を過ごすことが重要です。

冷え取り靴下も苦痛やストレスになるようであれば一旦、中止して考え直しましょう。

自分の身体、心に気持ち良く取り入れることが、続けていけるポイントになります。

身体も心も温かく過ごせるように、冷え取り靴下の生活を楽しみながら続けましょう!

こちらの記事もご覧下さい!

冷え取りと言えば、靴下の重ね履き!めんげんや効果は?