夏におすすめの冷え取りレギンス!冷え取り生活を楽しもう!

冷え取り生活、続いていますか?冷え取り靴下の重ね履き、レギンス、タイツに腹巻など、冷え取りアイテムはたくさんあります。肌寒い季節や冬は冷え取りしやすいのですが、悩む季節は夏。そんな中でも多い悩みがレギンスです。今回は、夏におすすめのレギンスをご紹介します。

夏の冷え取り

暑い、暑い

皆さん、夏の冷え取りはどうしていますか?

冬は、着込みやすく冷え取りもしやすいのですが。冷え取りしていると、夏はいろいろ悩むことがあります。

夏も冷え取り靴下の重ね履きをされている人は多くいます。

そもそも冷え取りとは何でしょうか。

冷え取りとは

足先が冷たい、下半身が冷たい、冷え性体質など、冷えに悩む人が増えてきています。

冷えは、健康にも美容にも大敵です。芸能人も取り入れている冷え取り健康法。

女性にも男性にも、流行っている冷え取り。

冷え取りでいう、冷えとは?

冷えとは、下半身のほうが、上半身より冷たい状態になり、身体の内部温度が低い状態です。

夏の暑い時期に足元に冷えを感じなくても、それ以上に上半身が熱ければ、冷えの状態となります。

私たちの上半身は心臓を中心に約37度前後に対し、足部の温度は約31度ほどになり、普通に生活をしている以上、誰しも当てはまるものと言われています。

冷え取りという言葉が流行りだし、今では冷え取り健康法とも呼ばれています。

冷え取り健康法とは

薬に頼らず、体の中の冷えと取り除くことにより、自ら治ろうとする、「自然治癒力」や「免疫力」を高めて、健康になる方法です。

薬で治すのではなく、自分で治す、ナチュラルな方法です。

それでは、冷え取りをすると何が良いのか見ていきましょう。

まず、なぜ冷えが体に悪いのかというと、

冷えにより、体温が低くなることによって、血管が縮んでしまいます。

血液の流れ、血のめぐりが悪くなります。

養分や酸素を供給し、老廃物を運び去る血液の役割が低下します。

体内に老廃物が溜まり、免疫力が低下します。

このように、冷えから、免疫力の低下を招くことになり、それがさまざまな病気の元となります。

さまざまな病気の例として、

風邪を引きやすい・生理痛・生理不順・頭痛・喘息・アレルギー症状・中耳炎・高血圧など。

冷え取りをすると

さまざまな病気を予防するためにも、冷え取りを行いましょう。

冷え取りをすると、体温が上がり、血液の流れを良くします。

血液の流れが良くなると、老廃物を除去する血液の役割が高まります。

その結果、免疫力が高まります。

免疫力が高まると、疲れにくい体質になり、風邪もひきにくくなります。

夏に風邪を引いたり体調を崩すのは、しんどいです。夏こそ、冷え取りをして免疫力を高めましょう。

冷え取りは夏も冬も行える!

最近は、冷え取りレギンスを2枚履いている人もいます。レギンスの重ね履きは、温かさ抜群でしょう。

レギンスにタイツを履くのも良いですね。

冷え取りは、夏も冬も行えます。冬は、気温自体が低いので、冷え取りしやすいです。

問題は、夏の冷え取りです。夏はいうまでもなく気温が高く暑いです。

冷え取りをしている人も、極度の冷え性体質の人から、最近少し寒く感じるから、冷え取り始めようかな?といろんなタイプの人がいます。

冷え性体質の人は夏でも身体に冷えを感じています。夏でも足、下半身が冷えてしまいます。

こういう人は、夏も冷え取りで、靴下やレギンスを履くことが出来ます。

しかし、冬と同じ冷え取りをすると暑く感じてしまう。。。だからと言って、冷え取りをやめると冷えと感じてしまう。という人もいます。

夏は、冷え取りファッション、アイテムに悩みやすいのです。

冷え取り靴下でよく言われているように、肌に直接触れるものは天然素材がおすすめされています。

冷え取りレギンスも一緒です。肌に直接触れるものは、天然素材がおすすめです。

天然素材のなかでも、やはり絹(シルク)は、おすすめです。

シルクは、吸湿性や保温力が高く、また肌かぶれなども少ないため、靴下、下着、肌着、レギンス、パジャマにもおすすめされています。

おすすめされていることもあり、シルクを肌につけると、肌が気持ちい良い、喜んでいるように感じたりします。

おすすめの冷え取りレギンス

レギンスは、スーパーでもユニクロや、通販でもどこでも簡単に購入できます。

しかし、素材を確認してみてください。

100%シルク素材でしょうか?そうではないと思います。

天然素材ではないレギンスは、夏はおすすめ出来ません。

吸湿性の少ないレギンスを夏に履くと、汗でベトベトしてきたりします。

夏は、すぐに汗をかきやすいので、レギンスはシルクなどの天然素材がおすすめです。

シルクは汗をかいても(汗の量も関係しますが)比較的さっぱりとして、おすすめです。

シルク素材のおすすめの冷え取りレギンスは、841冷えとり靴下専門店のレギンスです。

841をヤヨイと読むそうです。

体が恋するレギンスとまで言われています。これは、おすすめ出来ます!

商品名は、「内絹外綿冷え取りレギンス」になります。

こちらは、店舗内人気No1!のレギンスです。

カラーも6色ほどあります。

  • グレージュ(グレーとベージュの中間色)
  • グレー
  • ネイビー
  • チャコール
  • ブラック
  • だるピンク

これほど色が揃っていると、ファッションやTPOに合わせて使い分けることが出来て、大変便利でおすすめです。

こちらのレギンスは、商品名からも分かるように内側絹100%、外側綿100%で出来ています。化繊素材はゼロです。これが一番安心できるポイントです。

冷え取り靴下の順番も

  1. 1枚目・・・シルクの5本指靴下
  2. 2枚目・・・綿またはウールの5本指靴下
  3. 3枚目・・・絹の先の丸い靴下
  4. 4枚目・・・綿またはウールの先の丸い靴下

というのが、重ね履きの基本になっています。

なんと、こちらの冷え取りレギンスは、1枚履くだけでシルクと綿を重ね履きすることが出来る点もおすすめです。

これは有り難いです。値段は、質が良いという理由もあるためか、1枚約4000円します。

他のレギンスと比べると割高に感じますが、冷え取りレギンスを今後も続けたいと思っている人にはおすすめです。持っておいて損はないと思います。

このレギンス、内側がシルク素材のため、夏でも履けます。

妊娠中や妊活中などに着用している人も多く、特におすすめ出来ます。

ヤヨイ冷え取り靴下専門店は、冷え取りしている方に、おすすめの商品がたくさんあります。

レギンスのメリット!

レギンスのメリットって何だと思いますか?

レギンスをファッションに組み合わせることによって

  • 可愛すぎるスカートなどを履くときも甘辛コーディネートのように着こなせる
  • 7部、10部、トレンカなど色々な長さがあり、足を長く細く見せる効果あり
  • 冷え取りファッションを楽しめる
  • 短いスカート、パンツを履きやすい
  • 春、夏にしか履けなかったショートパンツなどを秋、冬にも履くことができる

などのメリットがあります。

レギンスと聞くと少し時代遅れだなと感じる人もいるでしょうが、時代遅れを気にして身体は冷えたままだと、健康的ではありません。

特に女性は、妊娠、出産、ホルモンバランスが崩れやすいので、夏も身体を冷やさないように気をつけましょう。

冷え取りをしていると、季節によってアイテムを変えたくなったりします。

そんあときは、是非、先ほど紹介した841靴下専門店を見てみましょう。

靴下、レギンス、ソフトブラ、レッグウォーマーやスマホ手袋など、さまざまな冷え取りアイテムがあります。

夏の冷え取りファッションなども紹介されていたりして、大変勉強になります。店長さんいわく、冷え取りをすると自分が好きになれるみたいです。

冷え取りアイテムの組み合わせは、生活スタイルも人それぞれですので人によって違います。いろいろ便利なものもあり、おすすめです!

夏も冬も1年を通して、冷え取り生活を楽しみながら健康的に過ごしていきましょう!

こちらの記事もご覧下さい!

冷え取りと言えば、靴下の重ね履き!めんげんや効果は?