便通を良くするサプリといえば、こちら!

頑固な便秘に悩んでいませんか?便通は整っていますか?便通を良くするために、すでに色々試している人も多いと思います。食物繊維を多く摂ったり、運動したり、便通対策はたくさんあります。その中でも、簡単なのが、便通を良くするサプリです。サプリは飲むだけで、便通に変化を感じることが出来るでしょう。

便通は、身体からのお便り!

便通って、それほど意識していないかもしれませんが、とっても大切なことです。

便通は、身体からのお便りです。

便通が、順調だと毎日気持ち良く過ごせそうです。

反対に、便通が良くないと、なんだか気分もブルーになってしまいそうです。

最近の便通はどうでしょうか?順調と言えそうですか?

便通が悪くなると、便秘になってしまいます。お腹も張ってきますし、気分も良くないでしょうし、何と言っても便通が気になるでしょう。

便通は、悪くなるより良くなる方が良いに決まってます!!!

便通を良くする方法は、色々あります。

〜便通を良くする方法〜

便通を良くする方法は、

  1. 水分をこまめに多くとる
  2. 食物繊維を多めに摂る
  3. 乳酸菌を多めに摂る
  4. 適度に運動する
  5. ストレスをためない
  6. リラックスタイムを多く取る
  7. 腸マッサージをする

など、便通を良くする方法は色々あります。

すでに試されている方も多いでしょう。

1、水分をこまめに多くとる

水は、私たちが生きていく上で必要不可欠です。水分が不足すると脱水状態になってしまいますし、便通にも影響が出てきます。

喉が乾いたら、水を飲む、もしくは、喉が乾く前に水を飲みましょう。

水を飲むことは、何気ない行動ですが、意識しないとなかなか難しいものです。ペットボトルやマイボトルを持ち歩いて水分摂取をしている人も多くいます。

便通を良くするために、こまめに水を飲んで、身体をきちんと機能させてあげましょう。

水を飲む→身体の機能が良くなる→便通が良くなる→体調が良くなる→気分が良くなるというように、さまざまなことが良くなるでしょう。

2、食物繊維を多めに摂る

便通を良くなるには食物繊維も重要です。

食物繊維には、水に溶ける水溶性の繊維と溶けない不溶性の繊維があります。

両方とも便通が良くなる大切な繊維ですが、水溶性は胃腸のなかをゆっくりと移動して食べ過ぎを防いでくれます。

不溶性は、便自体のかさを大きくしてくれます。

水溶性食物繊維・・・果物、こんにゃく、海藻類など

不溶性食物繊維・・・ゴボウ、豆類など

また、便通が良くない人は、ご飯やパンなどの炭水化物の量が少ない人もいます。便通を良くする食事は偏りのないバランスの良い食事にということを忘れないようにしましょう。

3、乳酸菌を多めにとる

乳酸菌も有名ですね。乳酸菌が腸の中で増えると、乳酸や酢酸といった有機酸が作られます。

これらから、同じように腸内にある悪玉菌の増殖を抑えてくれます。

悪玉菌が、住みにくくなるような環境を整えてくれると同時に、有機酸は腸のぜん動運動を促す働きも持っています。

乳酸菌をとることは、便秘を予防し、便通を良くすることが大きく期待できます。

さらには、腸内環境のバランスも正常に保ってくれる効果も期待できます。

4、適度に運動する

適度な運動をすることで、便通が良くなります。腸まわりも筋肉、腹筋に刺激も加わり、腸のぜん動運動をサポートしてくれます。

ダイレクトに、腹筋運動をしてみるのも腹筋が強化されて排便を助けてくれます。さらに便通も良くなるでしょう。

ウォーキングやジョギング、ストレッチなどから始めましょう。ウォーキングは15分、20分くらいを目安に歩いてみましょう。

よく、30分、40分とも言われていますが、この時間を長いと感じる人もいます。

まずは、始めることが大切なので、10分でも構わないでしょう。10分と思って歩き始めて、気が付いたら20分経っていたということも多くあります。

5、ストレスをためない

ストレスも便秘と大きく関係しています。

今は、ストレス社会と言われているので、私たちの生活は、ストレスを切っても切り離せないと言えます。

ストレスがなぜ便通に良くないかと言いますと、自律神経が関係しています。自律神経は、交感神経と副交感神経かた成り立っています。

胃腸の働きは、副交感神経が司っています。副交感神経が優位に働くと、胃腸の働きは良くなります。

反対に副交感神経の働きが少ないと、胃腸の働きが弱まってしまいます。

ストレスを感じると、交感神経が優位になり、副交感神経の働きが弱まってしまいます。このために、ストレスを溜め込むのは便通に良くないとなっています。

ストレスとうまく付き合う→副交感神経を優位にさせる、交感神経を抑える→便通を良くする

6、リラックスタイムを多く取る

リラックスと便通の関係もストレスと同様に、自律神経が関係しています。リラックスしている状態は、副交感神経が優位に働いています。

そのために、胃腸の働きが良くなり、便通が良くなります。

リラックスタイムを多く取る→副交感神経が優位になる→便通を良くする!

7、腸マッサージをする

腸マッサージも有名ですね。便通が良くないと感じる人は、お腹周りをのの字にゆっくりとマッサージしてみましょう。

5分くらいしていると、お腹からグルッグルッと音が聞こえてくるときもあります。腸の中の排泄物が動いている証拠ですね。

お風呂に入っているときなどもオススメです。お気に入りのオイルやクリームがあれば腸マッサージに使用してみましょう。

このように便通を良くする方法は色々ありますが、今回は、サプリですね。サプリを飲んでみるのも1つの良い方法です。実際に私も便通に悩んでいたときはサプリに頼りました。

サプリは、飲むだけで良いのですから手軽で簡単です。さらにサプリを飲むときに、水分も一緒に取れるので水分不足の人には特にオススメです。

サプリとは

サプリ、サプリとよく言ったり聞いたりしますが、さてサプリとは何でしょう。

サプリとは、サプリメントの略語であり、栄養補助食品とも呼ばれます。

ここで気をつけて頂きたいことは、サプリは薬ではないということです。

サプリの形状は、カプセルや粒状のものが多く、薬に似ていますが、サプリは薬ではありません。

サプリは、あくまで食品の1つにすぎません。サプリには、ビタミンやミネラル、アミノ酸、乳酸菌などの栄養摂取を補助する役割があります。

サプリの種類も豊富で、

  • ダイエットためのサプリ
  • 美容のためのサプリ
  • 妊娠に関してのサプリ
  • アンチエイジングのためのサプリ
  • 疲労回復のためのサプリ
  • 不眠のためのサプリ
  • イライラのためのサプリ
  • 健康維持のためのサプリ
  • 乳酸菌のサプリ

など、サプリの種類は数え切れないほど、たくさんあります。サプリの種類自体も多い上に、最近は、サプリのメーカーも多くなってきています。

ビタミン剤のサプリを買おうと思っても、種類やメーカーが多くて迷ってしまうこともしばしばあるでしょう。

便通を良くするオススメのサプリはこちら!

便通を良くするサプリといえば、こちらでしょう!

「乳酸菌革命」です。聞いたことがある人も多いでしょう。

こちらには、乳酸菌が16種類も含まれています。

さらに、添加物不使用なので、子供でも妊娠中でも安心して飲むことが出来ます。

私は、便通に悩んでいるときに、乳酸菌革命を飲んで、1週間くらいして便通に変化を感じました。

ずいぶん、お世話になりましたが、今は、乳酸菌革命がなくても便通に困っていないので、飲んでいません。

ヨーグルトや乳酸菌飲料を色々試しているけれども、便通がなかなか良くならないと感じている人は、こちらのサプリを一度試してみることをオススメします。

そして、サプリの力を借りつつも、上記に挙げたような便通を良くする方法を生活に取り入れてみましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

便通に効く手のツボ、即効性に効果あり!スッキリしましょう!