便通に効く手のツボ、即効性に効果あり!スッキリしましょう!

肩こりや腰痛を和らげるツボ、私たちの身体には約360余りのツボがあります。その中でも、便秘、便通に効果的なツボ、さらには即効性も期待できます。あちらこちらにあるツボですが、手のツボはどこでも刺激できるので、大変便利です。空いた時間に、手にある便通に効くツボを刺激してみましょう。便通の改善に効果的です!

便秘とは

便通がない・・便秘・・・誰しも、一度は経験があるのではないでしょうか。

便秘になると、お腹が張ってきたり、気分や体調が優れなかったりして、憂うつになったりもしてきます。

出来れば、便秘になりたくない・・。

よく、便秘と言ったり聞いたりしますが、便秘とは一体、どういう状態なのでしょう。

便秘とは、排便回数が少なくなったり、便通に異常がある状態を指しています。

しかしながら、具体的に何日出なかったら便秘というような明確な定義はありません。

例えば、

  • 毎朝、便通があるAさん
  • 2日か3日に1回、便通があるBさん

では、2人の便通、便秘に対する考えは少し違ってきます。

毎朝、便通があるAさんにとっては、朝にあるはずの便通がないと、それはもう便秘だと感じるでしょう。

そして、2日か3日に1回、便通があるBさんにとっては、1日便通がないというのは、便秘だと感じないでしょう。

このように、便通には個人差があります。よって、排便は毎日でなくても大丈夫です。

便通を含め、排便回数、排便量には個人差があるために、便秘の定義を明確にするのは難しいのです。

5日か6日に1回の便通の人にもお会いしたことがあります。その方は、長年の便秘から、自分は便通異常があると感じ、病院に行きました。

その後、酸化マグネシウムや便秘薬の服用を医師と相談しながら行い、自分で便通や体調をみながら薬を調整し排便コントロールをされています。

おかげで、今では規則的な便通になっているそうです。

また、排便回数に関わらず、このような症状があれば便秘、便通異常とも言えます。

  • 前と比べて、排便回数が減っている
  • 排便時に、固くて、不快感がある
  • 排便はあるがすっきりしない

などになります。

便通は規則的にきて欲しいですし、スッキリ感も大切です。毎日、元気に楽しく気分も良く過ごすためにも、便通を整えていきましょう。

便通とは

便秘だともよく言ったり聞いたりしますが、便通がない、便通がないともよく言ったり聞いたりします。

便通とは、大便が出ることを指します。

便通がない→便秘・・・となってしまいます。

つまり便通がないは、その過程を表していて、便秘はその結果を表しています。

便通がない、便秘・・・どちらも密接に関係していて、身体にとって良いことはありません。

便通がない状況は、いち早く改善したいもの。そんなときのためにも、即効性のある方法を知っておいて損はありません。

便通を改善するためには、原因を見直すのももちろん良いとされています。そして、便通に効くツボを押すのもオススメです。

便通に良いとされているツボは、手や足、背中、お腹など意外と身近にあります。中には、即効性を期待できるツボもありますので、試してみましょう。

ただツボを押すだけで便通があるのか?と信用しがたい話しと思う人もいるでしょう。

まずは、ツボについて見ていきましょう。

そもそもツボって何?

ツボとは、東洋医学における経穴のことになります。

東洋医学では、身体の周りにエネルギーが巡っており、そのエネルギーの巡りが停滞することによって身体に様々な不調が起きてくると考えられています。

そして、ツボには、そのエネルギーの巡りを良くする働きがあるとされています。今でもツボを押して体調を治すという療法が確立されています。

さらに、ツボの身体への効果は、WHOでも認められており、リウマチや頭痛、眼精疲労や神経痛などに、有効であるとされているそうです。

ツボは、便通異常や便秘においても高い効果を期待することが出来ます。

便通異常・便秘とツボの関係

ツボは、身体全身に約360余りあります。場所によって身体の様々な器官とつながっています。

腸やお腹とつながっているツボもあります。便通異常や便秘の解消を図るには、腸やお腹に関係するツボを押してみるのが効果的です。

また、腸やお腹に関係するツボに加えて、便通異常や便秘の原因となる自律神経に関係しているツボを押すのもオススメです。腸の働きが向上する上に、便通も良くなるでしょう。

便通に良いとされているのツボは、妊娠中の方にもオススメです。

妊娠中は、子宮が腹部を圧迫することにより、どうしても便秘が起こりやすくなります。しかし、妊娠中であると便秘薬などの薬の服用は推奨されていません。

そんな妊娠中の方でも、手のツボ押しなら可能です。母体やお腹の赤ちゃんに負荷を掛けることなく、気軽に便通改善を図ることが出来ます。

それでは、今回は、便通に良いとされている手のツボをご紹介します。即効性も期待できます。

便通に効果的な手のツボ!

手は、押しやすい場所になります。寝転がったり、洋服を脱いだりする必要はありません。

手のツボであれば、

  • バスや電車の中でも
  • 椅子に座ったままでも
  • 職場や自宅でも
  • 入浴中でも
  • TVを見ながらでも

など、気軽にどこでも手のツボを押すことが出来るのが利点です。

手のツボは左右対称にあります。右手と左手の両方を押すことでより高い効果や即効性が期待できるでしょう。

便通に効果的な手のツボ!即効性も期待できる!

こちらが手のツボ、合谷です。

親指と人差し指の付け根のちょうど真ん中のあたり、手の甲側にあるツボです。

骨と骨の間の凹んでいる部分ですので、こちらの手のツボは見つけるのも簡単です。

合谷は手のツボの中でも非常に有名な場所になります。さまざまな気が集まるツボだとされています。

便通のみならず頭痛や眼精疲労、肩こり、さらには入眠不安や精神不安などへの効果もあり、万能のツボとまで呼ばれています。即効性も高く評価されています。

また、胃腸への働きかけ、粘膜や皮膚にも働きかけもあるツボであり、肌の回復を助けます。

刺激する際は、反対側の手の親指と人差し指を使いましょう。親指と人差し指の付け根部分を挟むように刺激するのがオススメです。

軽めの圧で3〜5秒ほど押し続けたら1秒ほど休みます。こちらを3〜5セット繰り返すと良いでしょう。

即効性が期待されていますが、やりすぎは禁物です。強く押しすぎてしまうと、その部分が赤くなってしまったり、痛みが生じてしまいますので気をつけましょう。

即効性が期待されていますが、今回の手のツボの即効性にも個人差があります。

化粧品などで言われるような、こちらのクリームを使用すると、3〜5分でしわ、たるみが少なくなります、即効性がありますのような即効性ではないと考えておきましょう。

私の経験談になりますが、手のツボの便通の即効性は、翌朝の朝食後もしくは、次の食事後くらいに表れると思っておくのが良いでしょう。

即効性のある手のツボを刺激しつつ、他にも便秘解消の方法をいくつか試すのが便通を整えるためには理想的です。

即効性のある手のツボを押していても、

  • 朝食を食べなかった
  • 便意を我慢してしまった
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 食物繊維の不足
  • 乳酸菌の不足
  • ストレス過多

のような生活をしていては、即効性の効果は減少していく一方です。

手のツボ刺激の即効性をより高めるためにも、普段の生活習慣も一緒に整えていきましょう。

便秘に悩んでいる方は、是非、すき間時間にでも、即効性が期待されている便通に効く手のツボを優しく押してみましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

即効性が期待できる!便秘解消に効果のある、食べ物や運動!