便秘になると、なぜ太るのだろう?5つの主な原因!

便秘になると、太るのはなぜ?なぜだろう?誰しも、便秘の経験があると思います。便秘が続くとお腹も張って苦しく感じたり、顔がふくれたように感じたりします。下半身太りを気にする人もいます。実際に、体重も増えていたりします。便秘で太る原因はいくつかあります。それぞれ見ていきましょう。

便秘で太るのはなぜ?

今や、女性の2人に1人が、便秘に悩まされていると言います。

それほど、便秘は身近な存在であることが分かります。

便秘を経験したことがある人は、その苦しさやつらさが分かると思います。

排便がないことは、身体にとっては不自然な状態になり、便秘が発生しているときは、身体がベストな状態ではありません。

そして、便秘になると太る気もしませんか?

「食べるけど、出ない」この状況は確かに太る・・・。

でも、なぜ?なぜ?なぜ?なぜだろう?

便秘で太る原因はいろいろあります。

そもそも、便秘とは?

便秘、便秘と、よく言ったり聞いたりしますが、そもそも便秘とは?

便秘とは、排便回数の減少や便通異常がある状態を指します。しかしながら、「何日、出なかったら便秘」という明確な定義はありません。

毎日出ている人は、1日出なかったら、今日から便秘と感じるでしょうし、3日おきの排便の人は2日出なくても便秘と感じないでしょう。

このように排便回数には個人差があるため、便秘の定義は難しいとされています。

排便は、毎日でなくても大丈夫です。

排便の回数にこだわってしまいがちですが、回数に限らず、下記のような症状も便秘と言います。

  • 以前に比べて、回数が減っている
  • 排便するときに、固く、不快感がある
  • コロコロ、うさぎのウンチのよう
  • 排便するも、すっきりしない
  • 残便感がある

などの感覚、症状がある人も便秘と言えます。

便秘は、イライラや肌荒れ、痔疾患になりやすくなります。

なぜ、便秘で太る?便秘は太りやすい?

なぜ、便秘は太るのか?これについては、いろいろな理由があります。

  1. 消化吸収力の低下
  2. 代謝が落ちる
  3. 腸内環境の悪化
  4. 運動不足により
  5. 食欲が増えるため

など、さまざまです。

他にも、ストレスなども大きく関係しています。

なぜ、便秘は太る?①消化吸収力の低下

便秘が太る原因の1つに、消化吸収の低下が考えられます。

便秘中は、本来であれば体の外へ排出されるべきものが、まだ腸内にとどまっていることになります。

消化のスピードも遅くなり、余分な糖や脂質を腸が吸収しやすくなります。問題なくスムーズに排便が出来れば、吸収せずに済むものまで吸収してしまうために太る原因になってしまいます。

また、単純に腸の中に便が溜まっているので体重計に乗ったときにその分重くなってしまいます。

なぜ、便秘は太る?②代謝が落ちる

便秘になると、腸内に古くなった食べ物が残っています。

それらが腸内で腐敗すると血液をドロドロにしてしまい、血流の流れが悪くなるために代謝が落ちてしまいます。

血液をキレイにしようと、肝臓などの臓器が頑張って働いてくれますが、本来代謝に使われるはずのエネルギーが不足するために代謝が落ちてしまいます。

代謝が落ちると、太る、反対に代謝が上がると、痩せます。

なぜ、便秘は太る?③腸内環境の悪化

便秘になると、腸内に便が溜まります。

本来であれば、必要な栄養を吸収したら速やかに排出されるはずの便が腸内に残るということは、余分なものまで体内に吸収してしまうことになります。

腸内に溜まりやすい脂肪を吸収して、皮下脂肪として身体に蓄えられていきます。

ダイエットを経験したことがある方はご存知の通り、脂肪は一度付くといた脂肪は落とすのが難しいです。これが簡単だと、ダイエットに苦労する人は少ないでしょう。

また便秘によって、ホルモンバランスも崩れ、皮下脂肪が付きやすくなります。

なぜ、太る?それは、腸内環境の悪化は皮下脂肪が付く原因となるために、太る、または太りやすくなります。

なぜ、便秘は太る?④運動不足のため

運動不足と、便秘にはどのような関係があるのでしょうか。運動不足が原因だなんて、と思いますね。

なぜ、運動不足が原因であるかと言いますと、排便時に必要とされる腹筋が運動不足により低下すると、便を腸から肛門は押し出す力が弱くなり、困難になるからです。

そこで、腸のぜん動運動が重要になります。

腸のぜん動運動とは、腸の輪状筋が、いも虫のようにグニャグニャと動くことで腸内に入ってきた食べ物を肛門の方に押し出そうと働きます。この働きにより、便が移動していきます。

この、ぜん動運動を活発にさせるためには、腸まわりにある筋肉が大切になり、それが腹筋になります。

腹筋が弱くなると、腸をスムーズに動かすことが出来なくなり、食べたものが肛門まで移動することが出来ません。

そうなることで、自然と便が腸にたまる時間も長くなり、必要以上に便が硬くなってしまい、腸内環境も悪化し、便秘になってしまいます。

なぜ、便秘は太る?⑤食欲が増えるため

便秘になると、食欲がなくなる方もいらっしゃいますが、逆に食欲が増えてしまう方もいます。

便秘によるストレスが自律神経を乱して、止まらない食欲増加の原因になります。

経験あると思いますが、食欲が止まらないのは、つらいものです。

さらに精神的なストレスだけではなく、排便が出来ない状態は、身体的なストレスにも影響を与えるために、想像しているより大きなストレス状態になっています。

便秘中の食欲増加には、注意が必要です。

便秘はなぜ、太る?こちらの原因は、1つではなく、いろいろな要素が組み合わさっていることが多いのです。

水分不足や、野菜、食物繊維不足なども便秘の原因になりますね。

便秘と下半身太りの関係!

便秘と下半身太りは、一見あまり関係がないように思いますが、実は関係しています。というのも全身の細胞から出た老廃物や毒素の約90%は、便として排泄されているからです。

便秘は、体の外に排泄されるはずの老廃物や毒素を腸をはじめ下半身にためこんでいる状態になります。

これは、詰まってしまった下水道のようなものです。

そのまま便秘を放っておくと、最初のうちは下腹部がぽっこりと出てきます。これは経験ある人も多いのではないでしょうか。

それが次第に下半身にも老廃物や毒素を溜めることになり、お尻や太もも周りが太くなっていきます。

また、便秘で下腹部がぽっこりと膨らんだ状態は、血管やリンパ管を圧迫しています。

下半身の血液やリンパ管がスムーズに流れなくなるために、むくみや冷えも引き起こします。

さらには、体全体の代謝も低下するため、脂肪も燃焼されにくく太る・・・ことにつながります。

代謝が落ちると、エネルギーが消費されず、脂肪に変わり、むくみや冷えを引き起こす・・・これらは、セルライトを発生させる原因になります・・・

悲しいことに便秘は、下半身太りの悪循環を引き起こしてしまいます。もともと下半身は上半身より太りやすいとも言われています。

便秘は老化の原因にもなると言われていますので、なるべく早く解消するようにしましょう。

便秘をしっかり解消すると同時に、脚も細くなったりもします。運動を組み合わせると、下半身太りの解消も早まるでしょう。

なぜ、便秘は太る?太りやすいのか?原因は、さまざまですが、便秘を解消する上でこれらを知ることは大切です。

便秘にならないことが理想的ですが、そうはいかないときもあります。なので、便秘になったとしても早めに解消できるように、何か対策を見つけておくのが良いでしょう。

こちらの記事もご覧下さい!

水を飲んで、体質改善したいけど、どれくらいの期間が必要なの?