便秘解消の秘訣は朝のストレッチと、即効トイレに行きましょう!

つらい便秘、苦しい便秘、少しでも早く即効、解消したいもの。気持ちは今すぐ即効出てほしい、遅くても明日の朝には出てほしいと思います。運動不足は、便秘になりやすいのは知っているけど、運動どうしてもは苦手という方に、便秘解消に効果大のストレッチをご紹介します。

便秘にはストレッチ!

便秘に悩む人は冷えています。

今や女性の2人に1人が便秘に悩んでいます。

便秘に良いことは色々ありますが、ストレッチは聞いたことありますか?

ストレッチは、柔軟体操の1つになります。便秘の解消にも効果が期待できます。

便秘になってしまう原因は、腸の働きが低下してしまうことにあると考えられています。

何らかの原因により低下してしまった腸の働きを元の正常に戻すために、ストレッチが役立ちます。

スチレッチをすれば、すべての便秘が解消できるという訳ではありませんが、ストレッチをすることで便秘がちな腸に良い刺激を与えることが出来ます。

便秘になりたくない人、便秘を解消したい人は、是非とも試してみてください。

それでは早速、便秘に効くストレッチをご紹介します。

便秘のためのストレッチと言っても、特に難しいことはありません。

〜ストレッチの目的〜

ストレッチの目的は、

  • スムーズな排便に必要とされる腸やお腹周りの筋肉を鍛える
  • 腸に刺激を与える

ことになります。

そのため、短期間で集中して行うのではなく、毎日の習慣として長期的に行いましょう。

ストレッチは、即効性は低いですが、長い目で見て、快適な排便を習慣化させる手助けになります。

おそらく、ストレッチや運動で便秘を解消したいと考えている方は、便秘薬などの力は借りず、自然に便秘を解消したいと思っている人が多いでしょう。

便秘薬は即効とまでは言えませんが、飲めば確かに排便があります。

便秘解消には即効性が高いですが、それを習慣にするのは皆さんご存知の通り、身体に良くありません。

出来る限り、自然な排便を習慣にしましょう。

ストレッチと言っても、あまり気負わずに、その日の体調や気分を考慮しながら、気長に取り組んでみましょう。その方が、意外と継続できていたりします。

腸腰筋のストレッチ

まずは、腸腰筋のストレッチになります。

腸腰筋ってどこの筋肉?

腸腰筋とは、腸のすぐ後ろになる筋肉になります。ここを動かすことで腸に刺激を与えることが出来ます。

  1. 片膝立ちの状態になります
  2. もう片方の足を後ろに引きます
  3. 膝の角度に注意!
  4. 立てている膝の角度は90度よりも狭くしましょう
  5. 後ろに引いた膝の角度は90度より広くしましょう
  6. 上体を真っ直ぐに伸ばし、顔は前を向きましょう
  7. 立てている膝に、体重をかけてみましょう
  8. 後ろに引いた足の膝から下を外側に向けて倒します
  9. その状態を30秒キープしてみましょう
  10. このストレッチを左右行う

とりあえず、試してみてください。腸腰筋に刺激があることを実感できると思います。

ストレッチをするにあたり、注意点もありますので確認してください。

ストレッチの注意点

  • ストレッチ中は、リラックスしてゆっくり呼吸するようにしましょう。
  • 膝や腰に痛みを感じるときは、無理のない範囲に行いましょう。

便秘の解消のために行ったストレッチで他の筋肉を痛めてしまっては、本末転倒です。気をつけましょう。

便秘になりにくい生活習慣を

せっかくストレッチを行っても、日々の生活習慣の中に便秘の原因となる習慣があっては効果が薄れてしまいます。

ストレッチ効果を高められるように、毎日の生活習慣にも意識して腸内環境を整えていきましょう!

貴重な朝の時間!

朝の時間を大切にしていますか?

「早起きは三文の徳」という言葉もあるように、朝は、便秘解消に大変貴重な時間になります。

社会人でも学生でも、「朝はギリギリまで寝ていたい」、「朝ごはんは要らないから1分でも寝ていたい」と思う人はたくさんいます。

そのような人の多くは、朝、ギリギリまで布団の中で過ごし、パンをかじりながら支度して家を出る、または朝は、ご飯を食べないという人もいます。

朝ご飯を食べない人も

  • 朝に時間がない
  • 朝に食欲がない
  • 朝は、何も食べない方が調子が良い

など、その理由は様々でしょう。それでいて便秘に困っていなければ良いのですが、便秘に悩んでいる人は、朝ごはんを食べる生活に変えてみましょう。

なぜなら、朝ごはんを食べない朝の過ごし方が習慣化されてしまうと、便秘になる可能性が高まります。

朝は、最も排便に適した時間帯です。少し朝の時間の過ごし方を考えてみましょう。

朝に便意が生じやすい

腸のぜん動運動は、自律神経が作用しています。

ぜん動運動は、副交感神経が優位にときに活発に働きます。

そのために、仕事や勉強が終わっ、てリラックスしていたり、落ち着いて食事を摂ったりしているときは比較的、活発に働いています。

夜にリラックスすることで、副交感神経を活発にすることが出来ます。腸のぜん動運動も高まり、便を肛門付近の直腸へと動かそうと働きます。

そして、ぜん動によって便が直腸に到達すると、直腸から脳に信号が送られて便意を感じます。

このことから、便意を感じるためには、腸のぜん動運動が必要になることが分かります。

このぜん動運動は、胃に刺激が加わったときに起こると言われています。

胃に刺激が加わったときと言っても、昼食や夕食時より、朝食時に、ぜん動運動が起こりやすいのです。

なぜなら、は、昼や夜に比べて胃が空っぽの状態に近く、加わる刺激が強くなります。

そのため、朝ご飯を食べることが重要になります。朝ご飯を食べることで、ぜん動が引き起こされ、腸に溜まった便の排泄が促されることになります。

これが、朝に便意を生じやすい理由になります。

朝に即効、即効出てほしい!

朝ご飯を食べることが大切であることは分かりましたが、朝ご飯を食べても即効に出ない時もありますね。

即効、出てほしい、即効聞いてほしいと思います。だって便秘は苦しいですから、即効出てほしいと思う人が多いでしょう。

即効、出なくても慌てないようにしましょう。

確かに出来れば、便意は出勤中や職場、学校で起きて欲しくないものです。

自宅にいる時に、リラックスしてゆっくりトイレに入れる時が良いと思います。

朝ご飯を食べて即効、出てくれるのが理想的ですが、即効に出ないときもあります。

そんな時も考慮して、朝は十分なゆとりを持って過ごせるようにしましょう!

便秘予防に効果的な朝の過ごし方!

先ほども述べましたが、即効、出なくても慌てないようにしましょう。これはとても大切なことになります。

慌ててバタバタしてしまうと、自律神経の交感神経が活発になってしまい、便意をより感じにくくなります。

慌てることによって、その状態を自ら作り出していることになります。

ですので、朝ご飯を食べて即効、出なくても慌てないようにしましょう。

朝はリラックスして活動できるのが理想的です。

そのために出来ることとしては、

  • 夜は、早めに就寝する
  • 十分な睡眠時間を確保する
  • 朝は、いつもより30分は早く起きる
  • 朝起きたら、コップ1杯の水を飲む
  • 朝ご飯を食べる
  • ストレッチや軽い運動をする
  • リラックスする
  • 便意を感じたら、即効トイレに入る

などがあります。

冬場などは朝にコップ1杯の水が寒くて飲めない人は、ぬるま湯などを飲んでみましょう。水より、ぬるま湯の方が便意が起きやすいという人もいます。

夏は、水の方が飲みやすいと思います。量や温度などの飲み方は、体調や季節を考慮しながら、調整していきましょう。

そして、肝心なのが、便意を感じた時になります。即効、トイレに行くようにしましょう。

便意を感じたら、即効トイレに行く!簡単なことですが、我慢して色々用事をしている人もいるでしょう。

便秘がちの人が慌てるとすれば、ここです!便意を感じたら、即効行きましょう。

ここを逃してしまうと、便意そのものを感じなくなってしまいます。これを避けるためにも、即効トイレに行きましょう。

朝は、便意を感じやすい貴重な時間帯です。

朝の時間を有効活用すると同時に、便秘に効くストレッチを寝る前や、起床時などに行い、スムーズな排便を迎えられるようにしましょう。

より即効に便秘を解消したい方は、お腹をのの字にマッサージしたり、湯たんぽなどで温めてみましょう。

プルーンを食べると、2〜3時間後に便意があり、即効トイレに行くという人もいます。

朝ご飯後に便意があり、即効トイレに行き、快適な排便がある、これを習慣にしていきましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

ストレスで便秘になるのは、なぜ?どうやって解消できるの?