寝る前や寝ながら出来る、簡単、便秘解消のためのストレッチ!

便秘って、ツライですよね。出したいのに、出ない、出る気配なし。お腹も張ってきて苦しい。便秘を解消したい、便秘になりたくない。便秘解消にも便秘予防にも、おすすめなのがストレッチです。忙しい人は寝る前にベッドや布団に寝ながらでも大丈夫。寝る前に、のんびりとあくびでもしながら、ゆっくりストレッチをしてリラックスしましょう!

寝る前って、至福の時間

寝る前って、なんとも言えないくらい至福の時間ですね。

やっと1日終わった〜、楽しかった〜疲れたな〜今日も頑張ったな〜明日も忙しくなるな〜明日から試験だ〜などなど思うことは人それぞれ違うでしょう。

でも皆さん、寝る前ってベッドや布団にゴロリと横になって、ホッとリラックスしているのではないでしょうか。

寝る前に時間が好きな人が多いと思います。

ところで、寝る前にどんなことをしていますか?

  • お酒を飲む
  • スマホで色々検索する
  • 友達や恋人と連絡を取り合う
  • 家族に連絡する
  • テレビを観る
  • 瞑想する
  • 筋トレやストレッチ
  • 日記を書く
  • 映画を観る
  • 音楽を聴く
  • 明日の予定を考える

など、寝る前にすることは色々あります。寝る前に座禅をする人もいます。

寝ながら出来ることって、楽なイメージがありますね。寝る前ですから、そうハードなこともしたくないですし。

今回は、便秘解消のテーマですので、どれが便秘に良さそうか言いますと、もうお分かりの通り、ストレッチになります。

便秘とは

まず、便秘について説明します。

そもそも便秘とは、どういう状態をいうのでしょうか。

便秘、便秘と、よく言ったり聞いたりします。

便秘とは、排便回数の減少や便通異常がある状態を指します。しかしながら、「何日、出なかったら便秘」という明確な定義はありません。

以前、友達が、「便秘だ〜苦しい〜」と言っていたので私が、「何日出てないの?」と聞くと、「今日の朝、出なかったから今日から便秘で苦しい〜」と言っていました。

このように、毎朝、便が出ている人は、1日出なかったら、今日から便秘と感じるでしょうし、いつも3日おきの排便の人は2日出なくても便秘とは感じないでしょう。

こんな話も聞いたことがあります。Aさんは、高校生の頃、ひどい便秘症でした。月に4回〜5回の排便しかなかったそうです。

Aさんは、どうしても排便したいときは、冷たい牛乳を1リットル飲んで、わざと下痢になるようにしていたそうです。

少し、恐ろしい話ですね。しかし、実際にこういう人もいます。Aさんは、その後、病院を受診し浣腸や便を柔らかくする薬、整腸剤などを処方してもらったそうです。

びっくりしませんか?月に4〜5回って。1か月、30日と計算してみると、6〜7日に1回、排便があるということになります。

毎日、排便がある人もいれば、1週間に1回くらいの排便の人もいます・・・。

このように排便回数には個人差があるため、便秘の定義は難しいとされています。

排便は、毎日なくても大丈夫です。

排便の回数にこだわってしまいがちですが、回数に限らず、下記のような症状も便秘と言います。

  • 以前に比べて、回数が減っている
  • 排便するときに、固く、不快感がある
  • コロコロ、うさぎのウンチのよう
  • 排便するも、すっきりしない
  • 残便感がある

などの自覚症状がある人も便秘と言えます。

便秘になった人は、お腹が張ってきたり苦しく感じたり、食欲がなくなったりと不快なことが多く、少しでも早く解消したいと思います。

そこで、便秘解消のためのストレッチをご紹介します。

寝る前に寝ながら、楽〜に行えるストレッチです。

寝る前の3分、寝ながらでも出来るストレッチ!

寝る前に、寝ながらでも行えるストレッチなので、とても簡単です。

本当に寝ながら行えるので取り組みやすいストレッチと言えるでしょう。

寝ながら出来るストレッチを寝る前の時間に取り入れて、寝る前に時間を楽しみましょう!

ツイストストレッチ!

まずはベッドに寝ながら行えるストレッチをご紹介します。

寝ながら行うので、あまりに疲れていたり気持ち良いとそのまま寝てしまうこともあると思います。

寝ながらストレッチの途中に寝てしまうのは、身体が疲れている証拠ですので、しっかり睡眠をとりましょう!

  1. 仰向けに寝て、両ひざを立てます。
  2. 両手を真横に広げ、息を吐きながら腰を上げて行きます。
  3. そのままの姿勢で約15秒間、自然に呼吸を行ってください。
  4. これを7~10回繰り返しましょう。
  5. 次は最初の姿勢に戻ります。
  6. 仰向けに寝て、両ひざを立てます。
  7. 今度は真横に両ひざを倒し、そのままの姿勢で約15秒間、自然に呼吸をします。
  8. 反対側にひざを倒して同じように行います。
  9. これも7~10回繰り返しましょう。
  10. リラックスして行いましょう。

こちらのストレッチは、お腹をひねるストレッチになり、便秘解消だけでなく、ウエストのシェイプアップも期待できます。

1セットを7〜10回と言いましたが、はじめのうちは5回程度でも大丈夫です。途中に休憩しながら行っても構いません。

お腹をひねって、腸に刺激を与えることで、便秘解消に繋がります。途中、休憩している間に、お腹をのの字にマッサージするとより便秘、解消効果が高まります。

学校でも、やったことがあるストレッチだと思いますので、簡単に出来ると思います。

午後の体育の時間に寝ながらこのストレッチをしていると、あまりの睡魔に襲われてそのまま眠ってしまいたいと思ったこと、ありませんか。

最初のうちは、無理せず、そのまま眠ってしまいそうな気持ち良くなる程度にしましょう。

ちなみに、私の母親は出産を機に、重度の腰痛を患ってしまい、寝る前に寝ながらですが、毎晩このストレッチをしていました。このストレッチを近所のマッサージの先生から教わったらしいです。

子供だった私は、母親の隣に同じように寝転がるのが楽しく、一緒に寝ながらゴロゴロして遊んでいました。

はじめのうちは、ストレッチの最中に汗ばむほどでした。しかし、1か月、3か月とすると、3セットだったのが5セットできるようになったと喜んでいました。

この腸付近の筋肉を伸ばしたり縮めたりするストレッチは、寝ながら出来るので腰に負担がかかりにくく腰痛持ちの人にも効果があるそうです。

人生初の便秘、体験、、、

私の便秘体験ですが、たしか小学5年生の頃だったと思いますが、人生で初めて便秘を経験しました。

5日間くらい便秘だったと思います。子供の頃は、毎日遊ぶのが楽しく便秘であることに全く、気がついていませんでした。

排便があろうがなかろうか、そんなの関係なしに遊んでいました。

しかし、ある日、学校から帰ってくると、腹痛に襲われて座り込んでいました。

そこを母親が発見してくれて、いつもと違う私の様子と腹痛の訴えがあったことから、近くの病院に連れて行ってくれました。

内科の先生は、私のお腹を触りながら、「お嬢ちゃん、ウンチがいっぱいお腹にたまってるよ。お腹が痛いのは、このせいだよ。」と言いながら腹部マッサージをしてくれました。

そして、処方されたのが、小児用のいちじく浣腸でした。帰宅して、母親に浣腸をしてもらい、トイレにこもり、なんとか5日間の便秘を解消することが出来ました。

便秘の腹痛もツラかったですが、浣腸もツラかったです。

私は野菜が嫌いな子供だったので、あまり食べていませんでした。通りで、便秘にもなってしまう訳ですね。

でもその便秘以来、母親から、野菜をもっと食べるように言われ、仕方なくでしたが野菜も食べる子供になりました。

もうあの腹痛、浣腸は経験したくないと強く感じていたので、野菜も食べるようになりました。

あの便秘を経験したからこそ、母親と一緒に寝る前に寝ながらゴロゴロと一緒に、ツイストストレッチをして遊ぶようになりました。

野菜を多めに食べるように意識しましょう!

便秘が気になる人は、野菜や果物不足の人が多い傾向にあります。

毎日、野菜を多めに食べるように意識しましょう。

野菜不足を感じている人で、どうやって野菜の摂取量を増やせば良いのか分からない、または、とても忙しくて時間がない人は野菜ジュースでも効果があります。

野菜ジュースに飽きてきたら、種類を変えてみましょう。

野菜ジュースと言っても、トマトジュースや人参ジュースなど他にもたくさんあり、種類が豊富にあります。

それから、徐々にどう野菜の摂取量を増やせば良いのか考えていきましょう。

便秘の解消、予防には、寝る前に寝ながら、ツイストストレッチを行ってみましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

これは便利、トイレでも行える、便秘解消ストレッチ!