これは便利、トイレでも行える、便秘解消ストレッチ!

便秘解消に、効果があるストレッチはいろいろありますが、トイレでも出来るストレッチはご存知ですか?ストレッチと聞くと、腕や足を伸ばしたりしている場面をイメージするのではないでしょうか、それだとある程度の場所が必要になります。しかし、トイレの中でも出来る便秘対策のストレッチがあります。是非、お試しください!

便秘を解消したい!

便秘は、とてもツライです。

誰しも、1度は便秘の経験があると思います。

私は、今までで便秘の経験がないという人に1人会いましたが、男性でした。

その人は、毎朝、自然に出るらしくこれまでの人生の中で、便秘や下痢、腹痛で特に困ったことはないと言っていました。

その話を聞いて、とても羨ましいな〜と思いました。男性はどちらかというと便秘ではなく、下痢になりやすいのですが、それもないと言っていました。

あっ、でもアルコールを飲みすぎた翌朝は、便が少しゆるいかな?と、でもそれくらいで特に困ったことはないらしいです。なんとも羨ましい限りです。

男性に比べて、女性は毎月の月経、妊娠、出産などからホルモンバランスを崩しやすく便秘になりやすい体質にあります。

便秘がちな人は、よく分かると思いますが、排便コントロールは本当に難しいものです。

どうにかして、便秘を解消したいと思います。出ないのは本当にツライです。

  • 食べたものは、一体、どこにいってるのだろう?
  • お腹も動いている気配はないし、、、。
  • そろそろ、便秘薬を飲んだ方がいいのかな?
  • お腹も痛くなってきた
  • トイレに座っているのに、出ない、、、
  • いつ、出るのだろう?
  • トイレが気になる
  • 少し気分も悪いような、、、
  • 食欲も無くなってきた
  • 食事が美味しく感じない

など、さまざまな思いが出てくるでしょう。

そこで、トイレでも出来るストレッチをご存知ですか?

トイレで出来る、便秘改善に絶大な効果があるストレッチがあります。

「日本の名医が集結!医者ぶっちゃけSP★医者が実践する(秘)健康法」の中で、そのストレッチが紹介されました。

教えてくれたのは、内科医の小林暁子先生です。小林先生は、「2週間で腸が若返る!美腸ダイエット」などの書籍も書かれています。

小林先生が言うには、便秘がちな人が、便秘解消のために食物繊維の多いゴボウやサツマイモを食べると逆に便秘がひどくなってしまうことがあります。

腸内環境を良くすることが健康や美容に良いとして、食物繊維を取ることが進められていますが、食物繊維には水溶性と不溶性のものがあります。

今すでに便秘がひどい人は、ゴボウなどの不溶性の食物繊維を多く摂ると、その繊維が腸に詰まってしまうこともあるのだそうです。

そしたら、どうすれば良いのでしょうか???

答えは、今すでに便秘に人は、水溶性の食物繊維を多く摂るようにしましょう!ということになります。

イチゴ、キウイフルーツ、バナナや海藻類などの食品がおすすめされています。

小林先生が教えてくれた便秘解消のためのストレッチは、

食べない朝バナナ運動でした。

朝バナナダイエットや、バナナダイエットという言葉は以前、流行りましたね。そのため、バナナは便秘解消のスーパーフードということはご存知だと思います。

ですが、今回のバナナは、食べません。バナナのような形の運動をするということから、その名前になったみたいです。

トイレでも出来るストレッチ!?

食べない朝バナナ運動のやり方をご紹介します。

これは、トイレでも出来るので有難いです。ストレッチと聞くと、腕や足を伸ばしたするので、ある程度のスペースが必要、服装もゆったりしたものなどを想像します。

しかし、こちらのストレッチは普段着で行えますし、トイレに座った状態でも行えます。

朝の、トイレ時間に活用するのも良いですね!

  1. 手を交差して頭の上で組みます
  2. そのまま体を左右に倒します
  3. イメージとしては、ヨガの三日月のポーズ
  4. リラックス
  5. 腸がぐ〜と伸びるのを感じてください

朝は、交感神経の働きが高まっているので、伸ばすことによってリラックスでき、便が出やすくなります。

さらに、トイレで座ったまま出来るだけ体をそらしたり、前かがみになったりを繰り返すと、腸の出口である直腸がまっすぐになり便が出やすい状態になるそうです。

トイレのスペースは、人によって違ってきますが、座って行ったり、立って行ったり色々試してみましょう!

トイレで出来るストレッチ、是非、便秘解消に役立ててみましょう!

どのくらい効果があるかと言いますと、美肌で有名なタレントの松本明子さんが実践して、長年の便秘を解消されています。

松本さんは、小林先生の便秘外来を受診して、手術一歩手前と言われたそうです。

ストレッチだけではなく、便の状態を毎日確認するためのうんち日記をつけたり、朝晩1時間のウォーキングをしたり、ホットヨーグルトを食べたりなども組み合わせての結果になります。

便秘の解消には、ストレッチや運動に加えて、生活習慣を見直すことが重要になってきます。

スマホやパソコン、TVも便秘と関係ある!?

夜遅くまでスマホやパソコン、TVを見ていませんか?

便秘と関係ないようにも思いますが、これが関係しています。

夜は、自律神経の1つ、副交感神経が優位に働く時間帯です。

しかし、スマホやパソコン、TVを見ていると、目の神経を使いますし、色々考えることによって脳も使うことになります。

これでは、リラックス状態をつくることが難しいのです。

便秘の解消には、胃腸の働きを活発にすることが重要になります。

腸の働きが弱ってしまうと、便が直腸にスムーズに運ばれずどこかで停滞することになり、便秘になってしまいます。

胃腸の働きを活発にさせるためにも、副交感神経が活発に働くようにリラックス時間を多く取れるようにしましょう。

夜、寝る前はリラックスして状態で布団に入るようにしましょう。睡眠中も十分にリラックスすることは、翌朝のスムーズな排便につながります。

他にも、生活習慣を見直すと言えば、

  • 早寝早起き
  • 朝ごはんを食べる
  • 3食、バランスよく食べる
  • 野菜や果物を多く食べる
  • 水分を多く摂る
  • トイレに座る習慣をつける
  • 便意を感じたら、すぐにトイレにいく
  • 運動、ストレッチ
  • ストレス対策
  • お腹のマッサージ
  • 入浴する

など、いろいろあります。生活習慣を整えるって頭で分かっていても、毎日実践していくのは難しいものです。

なので、あなたの生活スタイルの中で出来そうなことから始めていきましょう。

夜勤をしている人に、毎日決まった時間に寝ましょうと行っても、これは難しいです。私も昔、夜勤をしていたのでよく分かります。

便意を感じたら、トイレに行く!

先ほども挙げましたが、便意を感じたらトイレに行く!これは、実にシンプルですが出来ていない人が多いのではないでしょうか。

便意を感じたら、トイレに行く!これは、便秘解消に大きく役立つと思います。

ここで、支度や用事をしたいがためにトイレにいくことを我慢したりしてしまうと、いざトイレに入ってももう出なかったりします。

なんとももったいない話しです。便意は、腸からの自然なノックです。

今から出るよ〜早くトイレに行って〜という合図になります。そこで、トイレでストレッチ、トイレに行く前に体を伸ばしたりストレッチするのも効果的です。

トイレはリラックスの場所になっていますか?そうでなければ、トイレがリラックス出来る場所になるようにしましょう。

好きなポスターを貼ったり、観葉植物を置いたり、カーテンなどを付けれる場所があれば、落ち着く青色や水色、緑色にしてみたり、良い香りものを置いたり、いろいろ出来ますね。

便秘は、放置しておいても良いことはありません。肌荒れ、イライラ、体調不良、食欲減退、、、。

便秘解消のためにも、朝の時間をゆとりを持って過ごせるように早起きして、朝ごはんを食べて、ゆっくりと過ごしましょう。

トイレ時間を楽しめるくらい、時間にゆとりがある生活を過ごしましょう!

こちらの記事もご覧下さい!

ストレスで便秘になるのは、なぜ?どうやって解消できるの?