アトピー肌の体質改善に、半日・プチ断食を取り入れてみよう!

お肌がボロボロになってしまって、かゆくてたまらないアトピー。アトピーの方は、本当にツライ思いをしているでしょう。アトピー肌の体質改善に、最近注目されているのが、断食です。断食と聞くとハードルが高そうに感じますが本格的な断食でなくても、はじめは半日断食や週末のみの断食だけでも効果が期待できます!

断食とは

断食とは、食物を断つことを言います。

食べない期間を意図的に作ります。

断食と聞くと宗教的なイメージがあるように、一定の期間、全ての食物あるいは特定の食物の摂取を断つ宗教的行為とも記されています。

美味しい食事、食べ物を食べない断食は、初めのうちは抵抗がありますが、断食をすると身体がどんどん健康になるのが分かります。

現代では、「断食療法」として、医療行為や民間療法に取り入れられています。

断食は、医療行為にも取り入れられるほど、健康効果が期待できます。

アトピーとは

子供のアトピー、大人になってから発症するアトピー、最近はアトピーで悩んでいる方がたくさんいます。

アトピーとは、もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人、免疫力が低下している人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。

アトピーの主な症状は

  • 湿疹
  • かゆみ

になります。そして、アトピーの症状は、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、なかなか治らないことが特徴です。

アトピーは、再発しやすく、慢性的になりやすい病気になります。一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断されています。

アトピーは、子供も大人もかかりやすい病気です。子供の頃は、何もなかったのに、大人になってから発症する人も多いです。

出来ればアトピーは経験したくない病気ですが、免疫力の低下やストレス、アレルギー体質などが重なると、アトピーの症状が突然出てきたりしてしまいます。

アトピーになってしまっても、体質改善など色々試しながら焦らず、ゆっくり改善していきましょう。

体質改善に断食を取り入れてみよう!

アトピーに悩んでいる人はいろいろ体質改善に、取り組んでいるでしょう。

体質改善のために、

  • 規則正しい食生活
  • 栄養バランスの取れた食事
  • 自分に合った水を飲む
  • 適度な運動
  • ストレス対策

など、さまざまありますが、その中に「断食」も取り入れてみましょう。

断食と聞くと、えっ!?1日、2日、3日と何も食べないのは無理〜と思う人もいるでしょう。

しかし、断食といっても、朝食だけ抜いてみたり、週末に固形物を取らず、水分のみで1日過ごすという方法もあります。

半日断食・週末断食

体質改善のために、断食が流行っています。初めは、半日断食、週末断食など、プチ断食から始めてみましょう。

朝食を抜く、週末の1日は、飲み物だけで過ごしてみましょう。

プチ断食のやり方、とても簡単です。自宅で週末を使って行うことが出来ます。

飲み物だけで1日過ごすため、野菜ジュースやしょうが紅茶などはプチ断食に人気の飲み物になっています。

断食をすることで、腸内にたまった宿便や老廃物などをデトックスできますので、ダイエットにも効果があると言われています。

プチ断食を含めて断食はダイエット方法の1つになっています。

断食のメリット!

断食をすることにより、

  • 脂肪、燃焼効果
  • 内臓を休めることが出来る
  • 排泄物や毒素をデトックスすることが出来る
  • 免疫力が高まる
  • 体質改善することが出来る

など断食をすることで、胃腸を休ませることが出来、宿便も排出され、アトピーを含むさまざまな健康効果に加えて、体質改善が期待できます。

断食中の好転反応

断食をする人に覚えておいてもらいたいのが、好転反応です。

断食を正しく行うと、1日目~2日目に、体の調子が悪くなります。体調不良を感じることになります。好転反応と呼ばれる症状が現れます。

好転反応は、身体に溜まってる毒素や老廃物が、体外に排出されるために発症します。いわゆる自然現象と考えましょう。そのため、慌てることはありません。

好転反応は、断食が成功している途中であり、デトックスが進んでいる証拠でもあります。

よくある断食中の好転反応は、

  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 疲労感
  • 腰痛
  • 肌荒れ
  • 鼻水
  • 肩こり
  • めまい
  • 吐き気
  • 軟便や下痢

などになります。好転反応で現れる症状は人によってさまざまであることを覚えておきましょう。

断食だけに限らず、マッサージ後の、揉み返しも好転反応になります。

身体に良いことをしているのに、それと反する症状が出るのは、身体の中に溜まった老廃物や毒素が一気に血液中に溢れて、それが全身を巡るためと言われています。

しかし、好転反応は一時的なものになります。すべて排出してしまえば、さまざまなメリットを実感できることが多いのです。

好転反応後は、身体が軽くなった、気分がスッキリした、便秘が解消したり、いろいろな効果を感じることが出来、体質改善することが出来ます。

断食の注意事項!

断食をする前に是非、こちらをお読み下さい。断食は健康に良いと言われていますが、断食をしない方が良い人、注意が必要な方もいます。

ご確認下さい!

  1. 妊婦の断食
  2. 成長期の子供の断食
  3. 糖尿病など、持病のある方の断食
  4. 何か薬を定期的に飲んでいる方の断食
  5. 高齢者の断食

上記の5つに当てはまる人は、断食を始める前に、必ずかかりつけ医に相談しましょう。

さらに、断食中は、タバコ、コーヒー、お酒をストップしましょう。断食中に激しい運動も控えましょう。運動は、断食後に行いましょう。

断食は、焦らず、慌てず、ゆっくりと行いましょう。

例:

  • 1日のみの断食:1〜2日間
  • 2日間の断食:2〜4日間
  • 3日間の断食:3〜9日間

このように、断食期間にも準備期間や復食期間を設けて、余裕を持ちましょう。

準備期間、復食期間、両方とも、食べるものは胃に優しい消化に良いものを中心に内蔵に負担をかけないことを心がけて下さい。

食べる量も、腹6分目〜7分目にし、軽めにしましょう。

断食は、ゆっくり行うことがポイントです。

断食中は、必ずこまめに水分補給しましょう。水分補給をしないと脱水になってしまいます。

胃腸を休めるためにも、体質改善のためにも、健康のためにも、1か月に1回〜2回のプチ断食をすることをオススメします。

〜毎週、断食をしていた友人の話〜

友人は、毎週末、プチ断食をしていました。友人がしていたのは、1日のみの断食になります。土曜と日曜を利用していました。

私はプチ断食していることを知らず、土曜のランチに誘ったこともありました、、、。

友人が実践していた断食のやり方は、

金曜の夕飯:軽めに食べる(準備期間)

土曜は1日中、飲み物のみで過ごす(プチ断食)

日曜の昼食、夕食:軽めに食べる(復食期間)

になります。

なぜ、断食をしているのか聞いてみたところ、極度の便秘症で、プチ断食で、その苦しい便秘を解消することが出来ると言っていました。

プチ断食は、半日〜1日の間、食事の量や回数を減らすことで、胃腸を休ませ、便、宿便をはじめとする腸内の老廃物の排泄を促す効果があるので、便通も良くなります。

体質改善のためにも、平日食べ過ぎや飲み過ぎを感じている人は、胃腸の疲れにより便秘を引き起こしている可能性もあります。

便秘や食べ過ぎ、アトピー肌、体質改善が気になっている人は、是非、週末のプチ断食を取り入れてみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もご覧下さい!

アトピーの体質改善のために、普段の水にこだわっていますか?