ツムラの漢方で体を温める!胃腸の調子を整えながら冷え性改善!

体を温めるために色々しているのにどうして、こんなに体が冷えるのだろう。そう思っている方に質問です。ツムラの漢方はもう試しましたか?ツムラの漢方をまだ試したことがないのであれば、是非これを読んで、試してみてください。嬉しいことに胃腸の調子も整えることが出来て、体が温まります!

ツムラについて、知っていますか?

こんにちは!看護師兼よもぎ蒸しアドバイザーの市子(@Ichiko07399260)です。

ツムラと聞くと、あ〜漢方の会社ね!と思う人が多いのではないでしょうか。

そうです。漢方の会社です。ツムラについてどれだけ知っていますか。今日は少し詳しくツムラについて紹介します。

ツムラは

  • 本社は、本店は東京都港区赤坂にあります。
  • 創業は、1893年、明治26年になります。
  • 売り上げは、1000億円を超えています。
  • 事業内容は、医薬品、主に漢方の製造販売です。

また研究開発では、ツムラは高齢者、女性、がん治療(支持療法、緩和ケア)を重点3領域とされています。

漢方といえば、ツムラ、誰もが、聞いたことがあるのではないでしょうか。病院で処方してもらったことがある人もいると思います。ツムラ、漢方で有名ですね。ツムラの漢方は、私たちの生活に身近な存在だと思います。

漢方って何?

「漢方」は、奈良時代に伝わった古代中国医学を基本にされています。4000年とも言われる歴史を持つ中国伝統医学の日本での呼び方です。

漢方医学によって集大成された漢方は、2000年以上の長い歴史の中で、経験と臨床を繰り返し、体に良いもの、病気や症状を良くするもの(生薬)を選び、その良いものを配合、処方して漢方薬として伝えられています。

漢方は、自然のものを活用して自然治癒力を高めようとする働きを持っています。さらに漢方は、症状だけでなく、寒がりや暑がりといった個人の体質、体力の程度、ライフスタイルなど、さまざまな要素から適切な薬が選ばれています。

漢方と聞くと、体に優しい印象がありますね。

現代も、漢方が注目される理由は、西洋医療薬にくらべて副作用が少なく、患者さんが安心して使えると言われています。

一人一人、体質や困っている症状が違うので、漢方相談を利用するのもいいですね。

胃腸の調子を整えながら、体を温める漢方!

私のオススメする体を温めるツムラの漢方は、32番の「人参湯」です。

作用・効果

人参(ニンジン)は古くから日本人にもなじみのある生薬で、滋養強壮、疲労解消、強心などの作用があります。蒼朮(ソウジュツ)には、余分な水分を取り除くことで下痢を解消させる働きがあります。

また、乾姜(カンキョウ)は健胃作用があり、甘草(カンゾウ)には炎症・痛みを抑制する効果が知られています。これらの生薬を組み合わせて虚弱体質を改善します。

臨床応用としては、胃潰瘍などの病変は認められないものの、胃もたれ、食欲不振、胃痛などが続く胃腸症や過敏性腸症候群の治療でも効果が報告されています。

 成分・効果

人参湯は、下記の4種類の生薬からなります。

  • 人参(ニンジン):ウコギ科のオタネニンジンの根をそのまま、または湯通しして乾燥させたもの。薬効は、消化機能を高め、「気」の生成をますことにより、体力を回復させる作用があります。
  • 蒼朮(ソウジュツ):キク科のホソバオケラの根を乾燥させたもの。薬効は、「水滞」の改善作用があり、体内の水分代謝を正常にする作用があります。また消化機能を高める作用もあります。
  • 乾姜(カンキョウ):ショウガ科のショウガの根茎を蒸してから乾燥させたもの。薬効は、冷えを改善する作用があります。また消化機能を促進する作用もあります。
  • 甘草(カンゾウ):マメ科の甘草の根や根茎を乾燥させたもの。薬効は、疼痛緩和の他、緊張を緩める働きがあります。

副作用

体力旺盛な人やのぼせのある人は適しません。

また、配合生薬の甘草の大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり、血圧が上る「偽アルドステロン症」と呼ばれる症状がでる可能性があります。

複数の方剤の長期併用時など、念のため注意が必要です。

肝臓治療薬であるグリチルリチン(グリチロン等)を服用している人は注意してください。

服用方法

ツムラ人参湯エキス顆粒の添付文書によると、通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用するとされています。

年齢、体重、症状により適宜増減してください。

ツムラ人参湯の特徴!

胃腸全般の不調を改善する漢方!

これといって病気がないにもかかわらず、なんとなく胃腸の働きが良くない、食欲がない高齢者や手術後や大病で体力が低下した人に効果があります。

また、冷え性や虚弱体質の人にも用いられています。

例えば、下痢が長引いていて消化機能や体力が落ちているときに、体力や食欲を改善させます。

次のような人に適しています。

  • 体力がない
  • 手足が冷えやすい
  • 胃腸が弱い
  • 胃に物が溜まった感じ
  • 口の中に薄い唾液がたまる
  • 薄い尿が大量に出る

ツムラの漢方、人参湯は胃腸に直接働きかける作用のある漢方薬です。

もともと虚弱体質だったり、体力が低下してしまっていて、胃腸が弱り、ものが食べられない人や、胃もたれがあるような人に向いています。

ツムラの漢方で胃腸の調子を整えよう!

私はツムラの漢方によくお世話になりました。

20代、よく下痢と便秘を繰り返していました。あのときは、本当に辛かったです。病院にも行きました。

症状を話したところ、過敏性腸症候群と言われました。確か、その時は整腸剤を処方してもらいました。

父親が、潰瘍性大腸炎の疑いと医師から言われたりしたこともあります。家系的にも、お腹が弱い体質ですね。

私なりに胃腸の改善に向けて取り組んでいました。

当時、仕事もしていましたが、トイレに駆け込むことも度々ありました。

仕事に集中出来ないときもあって、かなり困っていました。

そこで薬剤師の友達に相談したところ、ツムラの漢方、人参湯を紹介してくれました。

友達が、漢方だから効果があろうがなかろうが、3か月は飲んでみるといいよ、と言ってくれたので、3か月分、買いました。

やっぱり、仕事に支障をきたしたくないですよね。

自分に合うか合わないかは試してみないと分からないので、とりあえず、試してみることにしました。

当時、夜勤などもあり、時間が不規則な仕事をしていました。

そのため、食間は飲み忘れると思い、食前に飲んでいました。

食前も、すぐ飲めるように用意しておかないと忘れやすいので気をつけましょう。

漢方は体への吸収のためにも食前、食間が良いのは知ってはいるのですが、これが難しいんです。

ご飯を食べ終わって、あっ!飲み忘れた!って気が付きます。

十分に気を付けていたのですが、それでも、何回か飲み忘れがありました。

だから、途中から忘れた時は、食後に飲んでいました。

飲み忘れるよりは、ましかなと思っての私の判断でした。

飲み始めて、2週間くらい経った頃、お腹の調子もだいぶよくなりました。

トイレに駆け込む回数が減りました。さらに、冷え性でいつも手足が冷たかったのに、ある日そんなに手が冷えてないと感じました。

調べると、人参湯は血流も良くなり、体が温まるとのこと。

これは嬉しかったですね。お腹の調子が良くなったことも嬉しかったですけど、体が温まったことで、その時の嬉しさは倍増でした。

3か月、飲んで私の体質に合うと分かりました。良くなって、体も温まり、冷え性も改善!

今は、調子が悪くなった時、調子が悪くなりそうな時に飲んでいます。

胃腸の調子を整えたい方、体を温めたい方にオススメのツムラの漢方です!

是非、3か月間、試してみてください。もちろん、副作用がひどい場合は、服用を中止して、医療機関に相談してくださいね。

こちらの記事もご覧下さい。

体を温めるノンカフェインに近いお茶!おいしくキレイに健康に!