体を温めるノンカフェインに近いお茶!おいしくキレイに健康に!

日本人なら馴染み深〜いお茶!毎日、飲んでいますか?お茶の中でもなに茶を飲まれていますか?体を温めるのにおすすめのノンカフェインに近い、美味しい香ばしいお茶、ほうじ茶!なんと美肌効果や冷え性改善にも効果的と言われています。案外、知っているようで知らないほうじ茶のいろいろをお伝えします。

ほうじ茶ってどんなお茶なの?

こんにちは!看護師兼よもぎ蒸しアドバイザーの市子(@Ichiko07399260)です。

日本人にはやっぱりお茶ですよね。

皆さん、どこかしらで飲んだことがあるはず。

ほうじ茶と聞いて、京都と連想する方も多いのではないでしょうか。

ほうじ茶、皆さん説明できますか?番茶、ほうじ茶、煎茶ってお茶っていろいろ種類がありますね。

今回はほうじ茶について簡単に説明します。

ほうじ茶は緑茶のなかの一つになります。番茶や煎茶を高温で炒ったものが、ほうじ茶ということになります。

色は、茶色が多いですね。炒ってますから緑色から茶色になります。

ほうじ茶のメリット!

  • 独特の香ばしさ
  • 苦味や渋みが少ない
  • 口当たりがあっさりしていて飲みやすい
  • 胃にやさしく刺激が少ない
  • ノンカフェインに近い!カフェイン含有量が他のお茶に比べて少ない。
  • 体が温まる!

さらに、ほうじ茶の健康効果!

  • リラックス効果
  • 虫歯や口臭予防
  • 美肌効果
  • ダイエット効果
  • 冷え性改善効果 など

いや〜嬉しいことばかりですね。あっさりした口当たりなので、よく食事中に出されることが多いです。

ノンカフェインに近いお茶なので、朝でも夜でも毎日でも安心して飲めますね。

家にほうじ茶を置いてない人は買いに行きましょう!ノンカフェインのお茶もいいですよ。

マイボトルの中身にほうじ茶も取り入れることをオススメします。

ほうじ茶でキレイになれる?ダイエット!?

食欲の秋!鍋が美味しい冬!寒くなると温かい食事がいっそう恋しくなりますね。ビールも美味しいですね。あ〜お腹すいてきました。

ところで皆さん、最近、体重計にのりましたか?体重管理、大丈夫ですか〜?

私は毎日は測っていません。気がついた時に測る程度です、、、。1、2週間に1回程度でしょうか。

体重計をお風呂場に置いていると毎日測るのでしょうが、私の体重計は冷蔵庫の横に立て掛けられています。

そろそろお風呂場に移動しようかと考えています。

ほうじ茶ってダイエットして、もっとキレイになりたいって方にもオススメなんです。

美容にも健康にもいいんです。体が温まり、ダイエットもできる一石二鳥のお茶なんです。

ほうじ茶には、カテキンやビタミンCが含まれています。

まずは、カテキンについて。カテキンは強い抗酸化作用があり、老化を招く活性酵素を除去する働きがあると言われています。

さらに、脂肪を分解する効果もあります。そのため、食後にほうじ茶を飲むと脂肪がつきにくくなる効果が期待できます。

ダイエットにもつながりますね!脂肪のつきにくい体、手に入れたいですね。

次は、ビタミンC。ビタミンCは、出来てしまったシミを薄くする効果があります。紫外線にさらされたお肌の回復を助ける働きもあります。

気になりますよね、年を重ねていくと増えていくシミ、シワ。できれば消したい、減らしたい、薄くしたい。

ほうじ茶を飲むとお肌の回復力が高まりキレイになれるということです。女性はいつまでも若々しいお肌でいたいですね!

ここで、私の大好きなほうじ茶アイスを紹介します。聞いたこと、あると思います。

いくら、ほうじ茶が良い、良いって言っても、毎日続けるのは飽きてしまうと思ったので、私はたまに、食後にほうじ茶アイスを食べていました。

食べたことのない方は、是非、一度食べてみてください。季節の果物を少し添えるとさらに美味しくなります。

私は、ほうじ茶アイスとマスカットの組み合わせが好きですね。

あっさり、さっぱり、でもほんのり甘くて、、、やみつきになりそうな口当たりです。本当に美味しいです。

ダイエットされてる方も、食べ過ぎには気をつけて、ほうじ茶アイス、たまには味わってみてください。

美味しいですよ。本当にオススメします。

ほうじ茶が体を温める!冷え性改善に効果的!?

寒〜い冬。体を温める温活、何かされていますか?

秋から対策されている方、人によっては夏も年中、冷え性対策しているという方もいると思います。

冷え性のあなたに、冷え性改善にイチオシのノンカフェインに近いお茶があります。

それは、ジャジャン!ほうじ茶です!

えーっ!?ほうじ茶が体を温めるの!?

なんで〜!?って思いましたか?私は初めて知った時、思いました。

そして、飲んでいませんでした。今では理由を知って、納得です。

なるほど、そうだったのか!今では、ほうじ茶ファンの一人です。

お茶は一般的にカフェインが多く含まれています。カフェインには、血管を収縮させる働きがあります。

そのため、体を冷えやすくしてしまうんですね。でも、ほうじ茶には少なく、ノンカフェインに近いお茶なんです。

なぜかというと高温で炒っているために、煎茶と比較してアミノ酸やカフェインが少なくなっているからです。

胃が弱かったりすると、お茶もノンカフェインを選びたいですね。

ノンカフェインの方が安心できますね。

さらに、香りに含まれる成分ピラジンが血管を広げる働きを持っています。

ほうじ茶はノンカフェインに近いお茶なので、他のお茶に比べて体が冷えにくいんですね。

ノンカフェインに近いお茶で血流がアップ!冷え性の改善効果も期待できるって、嬉しい情報ですね。

20年来の冷え性の私は、この体を温めるノンカフェインに近いほうじ茶を知って、毎晩試してみました。

一人暮らしが長かったので、お茶はいつもティーパックの小分け包装になった緑茶を飲みたい時に飲んでいました。

ティーパックタイプは少し値段が割高でしたが、一番便利だと思います。

ほうじ茶かあ〜、久しぶりに飲むなあ。茶色いお茶、昔、おばあちゃん家に行った時によく出してくれてたなあ〜と思いました。

小学生の時から胃腸が弱かった私に、ノンカフェインの胃にやさしいお茶を出してくれて、ありがとう!おばあちゃん!!って今頃、感謝しています。

さすが、おばあちゃん!いつも体が冷えていた私にとって、体を温める温活情報は、良いと聞くと一度は試さずには入られません。

やっぱり何でも実際に自分で試してみないと、自分に合うか合わないかは分かりませんものね。というわけで早速、買ってきて、夕飯時に飲み始めました。

急須を使うのが面倒だと感じ、選んだのは簡単で便利なティーパックでした。

そして食事中を選んだ理由は、ほうじ茶に含まれるカテキンに殺菌効果があり、虫歯や口臭予防になると知ったからです。

虫歯って気をつけて歯磨きしてても、いつの間にか、やってきますね。

私、歯医者に行くことは嫌いです。あの、キーンとする音は聞かずに過ごしたいと思っています。

ほうじ茶をたくさん作ってストックできる人はうがいのお水をほうじ茶に変えると、風邪予防やインフルエンザの予防になるそうです。

私の場合、まず飲んですぐにあの独特の香りにはまりました。香ばしくて美味しいです。いっそう夕飯が楽しみでしたね。

大人になってからも、たまに食事時に緑茶を飲んで胃が痛くなったこともあったので、緑茶やコーヒーなどは控えていました。

そんな時にノンカフェイン情報は有難かったですね。胃が痛いとご飯が美味しく食べられませんから、、、。

ノンカフェインに近い胃にやさしいお茶!私に合っていました。安心して続けることが出来ました。

2週間くらい飲み続けて、そろそろ次のを買いに行きたいなと思い始めたくらいだったでしょうか、お風呂に入る前にいつも体が冷えていた私だったのですが、以前ほど寒さを感じなくっていたのを覚えています。

それからは、できる限り夕飯時に飲んで体を温めています。熱々のお湯で作ると効果も高まります。

体を温めるって大事です。寒いと心まで冷えてしまいそうな気がします。

胃にもやさしいノンカフェインに近いお茶で、体を温めてポカポカ体質の身体になりましょう!

免疫力も高まりますよ!

毎日1杯、健康維持のためにもおすすめのお茶!

いい香り、香ばしい香りを嗅ぐと自然と落ち着きますね。香りって大事ですね。気分が落ち着くと幸せ感もアップします。

ホッと一息、コーヒー、紅茶に並んで、ほうじ茶ですね。

心と体は繋がっていますから、リラックスするって本当に重要なんです。

イライラした気持ちも沈めてくれて、口臭効果もありますから、仕事の息抜きに飲んでも良いですね。

マイボトルに入れると手軽に生活に取り入れやすくなります。

体を温める効果やリラックス効果を最大限にしたいなら、就寝前をオススメします。

ノンカフェインに近いお茶と言われているので、体を温めるためにも寝る前に飲んでも安心ですね。

虫歯や口臭予防にも効果ありますから、寝る前に飲むと安心できますね。もちろん、歯磨きはしましょう。体も温まって、夜もぐっすり眠れそうですね。

寝る前はノンカフェインに近い飲み物を選びましょう。

何でも飲みすぎは良くないので飲んでも1日2〜3杯程度にしましょう。香ばしい香りを楽しみながら、1日1杯飲んで、リラックス。

ノンカフェインに近いお茶、ほうじ茶で体を温めて、健康的でイキイキとした生活を過ごしましょう。

こちらの記事もご覧ください。

体を温める果物があるって本当?オレンジと桃のすごいパワー!