体を温める食べ物で免疫力アップ!風邪を予防しよう!

毎年、冬になると風邪をひいていませんか?風邪って、体が疲れているときや免疫力が下がっているときにかかりやすいものです。体を温めて免疫力をアップさせましょう。体を温める食べ物の定番は、皆さんご存知のあの食べ物!聞いて知って、「あ〜納得」。家にありますか?

風邪にかかりやすい人

こんにちは!看護師兼よもぎ蒸しアドバイザーの市子(@Ichiko07399260)です。

秋、冬と風邪を引きやすい時期になります。

空気も乾燥しています。

さまざまな風邪のウイルスが活発に活動しやすい時期でもあります。

日頃から、マスクや手洗い、うがいといった予防をしていても、風邪を引いてしまうことはあります。

中には、薬を飲んでもノドの痛みやせき、微熱などが取れず、数週間も風邪の症状が続いている人もいます。

さらに、古くから、「風邪は万病の元」と言われています。

風邪のウイルスが肺へと移行し体も弱ってしまい肺炎を招いてしまったりもします。

風邪を軽くみてはいけません。「たかが風邪、されど風邪」です。

特に高齢者の方は、風邪の症状の悪化が、糖尿病や心臓病、肺炎、脱水などの悪化につながり、命にかかわることもあります。

肺疾患や気管支疾患など持病を持っている人は特に、風邪に気をつけましょう。

風邪にかかってしまった場合は無理をしないようにしましょう。風邪は侮れません。

若い人も風邪を軽く考えてはいけません。

同じような体型で、似たような食生活をしていても、風邪を引きやすい人とそうでない人がいます。

その違いは、免疫力の違いとも言われています。

風邪のウイルスに負けないように体を温めて、免疫力を高めていきましょう!

あなたの免疫力はどうですか?

免疫力が低下する原因

  • 加齢
  • ストレスが多い生活
  • 運動不足
  • 食生活の乱れ
  • 喫煙
  • 体が冷えている
  • 睡眠不足 など

見てみると、加齢は自然現象ですから仕方ない部分もありますが、他の項目は気をつけると改善できそうですね。

体を温めると何に良い?

最近、温活が流行っていますね。冷えで悩む女性は多いですが、男性の冷え性の方も増えてきています。

冷えに悩む人が増えてきています。

体が冷えていると免疫力が下がってしまい、風邪を引きやすかったり、寝つきが悪かったり、頭痛がしたりなど、体に良くありません。

体を温める方法

  • 運動をする
  • 入浴、半身浴
  • よもぎ蒸し、岩盤浴をする
  • 栄養バランス良く食べる
  • 体を温める食べ物を食べる
  • 体を温める飲み物を飲む
  • 飲み物は常温で飲む
  • リラックスタイムを多くとる
  • 質のよい睡眠をとる
  • 湯たんぽ、靴下の重ねばき など

体を温める方法はたくさんあります。

食事は大切ですね。

毎日、口にするものであなたの体はつくられています。

あなたの体は、あなたが選んだ食べ物や飲み物で出来ているとも言えます。

体を温める食べ物を選んでいますか?

体を温める食べ物を選んで、食べて、免疫力を上げて、風邪予防していきましょう!

体を温める食べ物

体を温める食べ物の代表的なもの

  • にんじん
  • 生姜
  • ごぼう
  • かぼちゃ
  • ねぎ
  • たまねぎ
  • れんこん など

どれも体に良さそうな食べ物です。

体を温める食べ物、冷やす食べ物として、こちらの記事もご覧ください!

これは知っておきたい、体を温める食べ物、冷やす食べ物!

今回は、体を温める食べ物として、生姜を紹介します。

生姜は、体を温める食べ物の定番ですね!

あなたのお家に、

しょうがってありますか?

私の場合、冬の風邪対策は、秋くらいから始めています。

スーパーでの買い物のときは、毎回1つ生姜を買っています。

生姜は、免疫力アップ、風邪予防のために選んでいるスーパーフードです。

生姜は主に3つの成分が含まれています。

  1. ジンゲロール
  2. ジンゲロン
  3. ショーガオール

1つ目のジンゲロールは、生の生姜に含まれている成分です。

血管を広げてくれて血液の流れを良くしてくれます。

手や足が冷える末端冷え性の改善にも役立っています。

また、殺菌作用や免疫力を高める作用もあります。胃腸を整える作用もあります。

風邪の予防や引き始め、食欲不振、疲労感があるときなどに体の調子を整えてくれます。

2つ目のジンゲロンは、熱を加えたり、乾燥させたりすることで1つ目のジンゲロールが変化してできた成分になります。

強力な発汗作用があります。血液の流れを良くしたり、体を温める効果があります。

3つ目のショーガオールも、熱を加えたり、乾燥させたりすることで1つ目のジンゲロールが変化してできた成分になります。

ショーガオールは、生理痛を始めとする「痛み」の原因となるプロスタグランジンというホルモンの働きを抑えてくれる作用があります。

また、ショーガオールは胃腸の壁を直接刺激して血流を良くし、深部から熱をつくり出してくれると言われています。

風邪の引き始めなどには、あたたかい生姜湯をとると、ショーがオールの体を温める働きとジンゲロールの免疫力アップの効果が期待できます。

風邪予防に生姜をとろう!

生姜が体を温める食べ物で、免疫力を上げて、体に良いと知っていても、なかなか食べられない、続かないものです。それは、味が辛いから。

生姜の辛味を美味しいと感じる人にとっては、苦にならないと思いますが、私は辛いのが苦手なので、生姜湯は苦手でした。

はちみつやレモンを一緒に入れると飲めましたが、毎日は飲めないなあと思いました。

どうにかして美味しく毎日、食べられないかと考えました。

そこで思いつきました。

お味噌汁に入れるのです。これは、生姜の辛味が味噌と合わさって、和らいでいました。

美味しかったです。これなら続けられると思いました。辛いしょうがが美味しいと感じました。

できあがった味噌汁に入れるだけです。生姜の辛味が苦手な人は、味噌汁に入れてみるのをオススメします。

味噌汁なら、1日1回、2日に1回と、家で、外食で食べる機会があると思います。

定食に味噌汁は必ずと言っていいほどセットになっていると思います。

家で食べるときは、生姜をすりおろして入れるだけ。すりおろすのが面倒な人はチューブしょうがを代用しても良いでしょう。

外で食べるときは、チューブしょうがを使うと簡単です。

温活されている人は、チューブしょうがを持ち歩いてみてはいかがでしょう。

食べる前に、好みの分量を入れるだけなので簡単で美味しいです。

生姜の他にも、にんにく、ねぎ、ニラ、唐辛子などに含まれる臭い成分や辛味成分が、体を温めてくれます。

体を温めることで得られるメリット!

  • 血流が良くなる
  • 体温が上がって免疫力もアップする
  • 風邪をひきにくくなる
  • 酵素が活性化しやすい環境になるため消化や代謝機能も上がる

体温が1度下がると免疫力は3割低下していまいます。

逆に1度上がると5〜6倍ほど高まるそうです。

恐ろしいですが、がんの細胞も低い温度を好むそうです。

風邪予防、病気予防のためにも、体を温めましょう!

あなたの生活に生姜を取り入れて体を温めて、体温アップ、免疫力アップさせましょう!

今年の冬は風邪を引きませんように。

風邪を引いてしまったとしても症状が軽く治り、早く回復しますように。

体を温める食べ物、しょうがを毎日に取り入れて、風邪菌やウイルスに負けない体にしていきましょう!

こちらの記事もご覧ください!

寒い冬に、コンビニで買える体を温める食べ物はこれ!